559件中 11 - 20件表示
  • 三重県

    三重県から見た本田技研工業

    ホンダの鈴鹿市や、シャープと古河電気工業の亀山市での工業集積が著しい。名阪国道の物流が大きい。古代には椿大神社や伊勢国府が置かれるなど、重要拠点であり続けた。鈴亀地区とも言う。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た東海旅客鉄道

    2009年(平成21年)10月8日 - 台風18号による豪雨で東海旅客鉄道(JR東海)名松線の家城駅 - 伊勢奥津駅間の約40箇所で土砂崩れや路盤流出が発生し、バスで代行運転となる。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た中日本高速道路

    1970年(昭和45年)4月17日 - 四日市IC-亀山IC間が日本道路公団(現 中日本高速道路)が管理する一般有料道路の国道1号東名阪道路として開通する。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た西日本旅客鉄道

    近畿日本鉄道や東海旅客鉄道・西日本旅客鉄道によって、県内各地と名古屋・大阪・京都・神戸が結ばれている。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た伊賀

    北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5地域で構成されている。江戸時代から、お伊勢参り(お蔭参り)の名で知られる伊勢神宮を擁する地域として発展した。令制国では、伊勢国・志摩国・伊賀国の全域と、紀伊国(当初は熊野国)の一部より構成される。包括する旧律令国の数は5国を包括している兵庫県につぐものであるが、このことは地域間の文化の違いや習慣が多様であることを物語る証左のひとつと考えられる。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た中部国際空港

    旧伊勢国中部に当たる地域で、国道23号の沿線。津市には県庁があり商工業が集積しているが、元来鉄道が津市中心部を迂回しており、さらにモータリゼーションの流れの中、大型ショッピングセンターの郊外への進出、同時に中心部からの撤退などで中心商店街は寂れた。しかし、「アスト津」と呼ばれる高さ94メートルの高層ビルが津駅前に完成して以来、再び活性化しつつある。現在、津と松阪の両市から、中部国際空港への高速船でのアクセスがある。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た大阪市

    木津川流域で、布引山地や加太峠よりも西側に位置する地域。京阪神との人的・経済的・文化的な結びつきが極めて強く、奈良県、京都府南部、滋賀県南部、大阪への通勤者もいる。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見たフォーミュラ1

    海、山の豊富な自然に恵まれ、農業・漁業が盛んである。また観光で江戸時代(御伊勢参り)から現在(F1日本グランプリや、8耐など)に至るまで、観光を産業として成り立たせており、京都府や奈良県と並び稀有な県である。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た真珠

    英虞湾 - 志摩市にある湾。真珠の養殖が盛んである。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た中勢

    北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5地域で構成されている。江戸時代から、お伊勢参り(お蔭参り)の名で知られる伊勢神宮を擁する地域として発展した。令制国では、伊勢国・志摩国・伊賀国の全域と、紀伊国(当初は熊野国)の一部より構成される。包括する旧律令国の数は5国を包括している兵庫県につぐものであるが、このことは地域間の文化の違いや習慣が多様であることを物語る証左のひとつと考えられる。三重県 フレッシュアイペディアより)

559件中 11 - 20件表示

「三重のできごと」のニューストピックワード