559件中 51 - 60件表示
  • 三重県

    三重県から見たテレビ愛知

    テレビ・ラジオ放送は中京広域圏に属し、名古屋市に本社を置く各局(県域局のテレビ愛知を除く)が本県に中継局を設けている。また在名AM局の中部日本放送は本県の桑名市に親局(主幹送信所)を置いている。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た松阪牛

    松阪牛 - 松阪市近郊で生産される和牛。日本を代表する高級肉として有名。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た緑茶

    旧伊勢国北部に当たる地域で、国道1号の沿線。鈴鹿川の流域で、緑茶の大産地として有名である。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た松阪市

    人口は22番目で、面積は25番目、人口密度は23番目である。1人当たりのGDPの県民経済計算は上位であり、5位?15位の間で推移している。三重県内で最大人口を持つ市町村は四日市市の約31万人で、国から特例市に指定されている。県庁所在地である津市は、平成の大合併前の時点で、約16万人で県庁所在地のなかで人口が一番少なかったが、合併により現在の人口は約28万人である。三重県は東紀州を中心に過疎地域があり、津市や松阪市の一部も過疎地域に指定されている。三重県の総人口は約180万人であり、熊本県、鹿児島県、岡山県等と同規模である。しかしそれらの県と比較して、三重県には人口の規模が大きな都市が存在しない。今日でこそ、平成の大合併で、人口が10万を超える市も全国的に珍しくなくなったが、以前から三重県には人口10万人以上の規模の市が、伊勢湾沿いに6市も存在している。大都市圏を含む都道府県以外では珍しいことである。このことから三重県の都市人口の特徴として、中規模の都市が複数存在し、人口が比較的分散していることがうかがえる。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た食器

    萬古焼 - 四日市市。土鍋や急須など。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た南勢

    北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5地域で構成されている。江戸時代から、お伊勢参り(お蔭参り)の名で知られる伊勢神宮を擁する地域として発展した。令制国では、伊勢国・志摩国・伊賀国の全域と、紀伊国(当初は熊野国)の一部より構成される。包括する旧律令国の数は5国を包括している兵庫県につぐものであるが、このことは地域間の文化の違いや習慣が多様であることを物語る証左のひとつと考えられる。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た高速道路無料化

    2010年(平成22年)6月28日 - 伊勢自動車道の津IC?伊勢ICと紀勢自動車道の全線で高速道路の無料化社会実験が始まる。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た伊賀地方

    伊賀牛 - 伊賀地方で生産される和牛。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見たカメヤマ (ローソク会社)

    三重県の北中部は中京工業地帯であり、主要企業が多い。四日市市では自動販売機が年間で約12万台生産されており、自動販売機の生産量が全国で最も多い。また全国的に有名な石油化学コンビナートは四大公害病の一つである四日市ぜんそくの原因となり問題になったが、現在は法整備や汚染防止技術向上などの対策が格段に進み、工業地帯周辺の大気状態は良好になっている。亀山市にはカメヤマローソク(本社は大阪市に移転)や、三重県のハイテク企業誘致策により建設されたシャープ亀山工場がある。なお、三重県はローソクの生産量と鍵の生産量が全国一である。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た2009年

    2009年(平成21年)10月8日 - 台風18号による豪雨で東海旅客鉄道(JR東海)名松線の家城駅 - 伊勢奥津駅間の約40箇所で土砂崩れや路盤流出が発生し、バスで代行運転となる。三重県 フレッシュアイペディアより)

559件中 51 - 60件表示

「三重のできごと」のニューストピックワード