636件中 61 - 70件表示
  • 三重県

    三重県から見た緑茶

    旧伊勢国北部に当たる地域で、国道1号の沿線。鈴鹿川の流域で、緑茶の大産地として有名である。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見たラジオ

    かつては、県域放送の近畿東海放送(開局当初はラジオ三重)があったが、ラジオ東海(旧 岐阜放送)と合併して東海ラジオ放送となった。この後は、本県において県域放送を行う中波放送 (AM) 局は、NHK・民放を含め存在しない(NHKは中継局も設置していない)。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た農民

    織田信長は永禄11年(1568年)に、北伊勢の神戸具盛と講和して、三男の織田信孝を神戸氏の養子として送り込んだ。また、長野具藤を内応により追放して、織田信長の弟の織田信包を長野氏の当主とした。北畠家とは大河内城の戦いで対戦し、大河内城を大軍を率いて攻略し、次男の織田信雄を養嗣子として送り込んだ。また、信長は願証寺の信者である長島一向一揆との戦いや天正伊賀の乱(織田家の伊賀国侵攻)で信長に反抗する伊賀・伊勢の豪族や一向宗を信じる北勢地域の農民を大量殺戮した。その後、徳川家康の伊賀越えで協力した伊賀忍者を徳川氏が登用して江戸時代に活躍する。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た鈴鹿8時間耐久ロードレース

    海、山の豊富な自然に恵まれ、農業・漁業が盛んである。また江戸時代(御伊勢参り)から現在(F1日本グランプリや、8耐など)に至るまで、観光を産業として成り立たせている。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た南勢

    北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5地域で構成されている。江戸時代から、お伊勢参り(お蔭参り)の名で知られる伊勢神宮を擁する地域として発展した。令制国では、伊勢国・志摩国・伊賀国の全域と、紀伊国(当初は熊野国)の一部、計4国より構成される。包括する旧律令国の数は、5国を包括している兵庫県に次ぐものである。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た高速道路無料化

    2010年(平成22年)6月28日 - 伊勢自動車道の津IC - 伊勢ICと紀勢自動車道の全線で高速道路の無料化社会実験が始まる。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た伊賀地方

    伊賀牛 - 伊賀地方で生産される和牛三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た関西鉄道

    1888年(明治21年) - 四日市市に関西鉄道株式会社が設立。木曽三川の橋の建設が開始。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見たカメヤマ

    三重県の北中部は中京工業地帯であり、主要企業が多い。四日市市では自動販売機が年間で約12万台生産されており、自動販売機の生産量が全国で最も多い。また、石油化学コンビナートの四日市コンビナートは、四大公害病の一つである四日市ぜんそくの原因となり問題になったが、現在は法整備や汚染防止技術向上などの対策が格段に進み、工業地帯周辺の大気状態は良好になっている。亀山市にはカメヤマローソク(本社は大阪市に移転)や、三重県のハイテク企業誘致策により建設されたシャープ亀山工場がある。なお、三重県はローソクの生産量と鍵の生産量が全国一である。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た伊勢電気鉄道

    1929年(昭和4年)1月30日 - 伊勢電気鉄道(現在の近畿日本鉄道)により四日市・桑名間が開通。三重県 フレッシュアイペディアより)

636件中 61 - 70件表示

「三重のできごと」のニューストピックワード