559件中 71 - 80件表示
  • 三重県

    三重県から見た後期旧石器時代

    大陸と陸続きであった頃、鳥羽市の恐竜化石、伊賀市の大山田地方で発見されたゾウ・ワニの足跡などが知られている。3万年前から1万年前頃の後期旧石器時代の三重県内の南勢地方、鈴鹿川北岸、鈴鹿市南部、英虞湾や伊雑浦(いぞううら)などの河岸段丘や台地での遺跡からナイフ形石器が出土している。遺跡は50カ所ほど知られているが、遺跡の内容は分かっていない。その中では出張(でばり)遺跡(多気郡大台町)で発掘調査が行われ、ナイフ形石器・削器・尖頭器状石器・細石刃などが出土している。石材の多くは県内のチャートであるが、讃岐岩(サヌカイト)は二上山産のものである。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た近畿圏

    一般的には、近畿地方または東海地方に含まれる。国土整備行政上は、福井県、滋賀県と同様、近畿圏、中部圏のいずれにも含まれている。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見たブロードバンドインターネット接続

    ケーブルテレビによるブロードバンドネットワークを、日本国内では最も早く県全ての市町村に普及させた。これにより、2004年8月には全国で初めて全市町村で、パススルー方式等によるケーブルテレビでの地上デジタル放送の視聴が可能となった。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た化学

    四日市市の石油化学コンビナート群の四日市コンビナート - 1960年代から1970年代にかけて日本四大公害のひとつである四日市ぜんそくが問題化した。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た鈴鹿8時間耐久レース

    江戸時代のお伊勢参りに始まり、現在も鈴鹿サーキットで行われるF1日本グランプリや8耐、風光明媚な志摩のリゾート地、松阪牛、伊賀地方の忍者関連(外国人に人気が高い)、東紀州地方最南端の「日本一面積の小さかった鵜殿村(現:紀宝町)」など、観光資源に恵まれている。「観光したい都道府県」では北海道や京都・奈良・沖縄と並び、毎年上位5位以内に入るほどである。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た

    、山の豊富な自然に恵まれ、農業・漁業が盛んである。また観光で江戸時代(御伊勢参り)から現在(F1日本グランプリや、8耐など)に至るまで、観光を産業として成り立たせており、京都府や奈良県と並び稀有な県である。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た大鹿村

    三重県は南北の長さは約180km、東西の幅は108kmと、非常に細長い形をしているため、地形も、伊勢平野をはじめとする平野部から、山脈、青山高原などの高地、盆地、低地など様々な地形を有する。伊勢湾から松阪市飯高町にかけて中央構造線が通っており、飯高町月出では大規模な露頭が見つかっている。2002年に「月出の中央構造線」として国の天然記念物に指定された。2007年には、長野県大鹿村とともに日本の地質百選に選定された(「中央構造線(月出)」)。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た観光

    海、山の豊富な自然に恵まれ、農業・漁業が盛んである。また観光で江戸時代(御伊勢参り)から現在(F1日本グランプリや、8耐など)に至るまで、観光を産業として成り立たせており、京都府や奈良県と並び稀有な県である。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た近畿地方

    一般的には、近畿地方または東海地方に含まれる。国土整備行政上は、福井県、滋賀県と同様、近畿圏、中部圏のいずれにも含まれている。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た中勢地方

    伊勢国では戦国時代に北畠氏(中勢地方を支配)・神戸氏(鈴鹿郡が勢力圏)が戦国大名であった。三重県 フレッシュアイペディアより)

559件中 71 - 80件表示

「三重のできごと」のニューストピックワード