223件中 51 - 60件表示
  • 全日本少年軟式野球大会

    全日本少年軟式野球大会から見た上地雄輔上地 雄輔

    上地雄輔:クラブチーム・横須賀スターズの正捕手として第11回大会に出場。その後日本代表に選出。全日本少年軟式野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • mc2 (音楽)

    mc2 (音楽)から見た遊助上地 雄輔

    フィーチャリング・ボーカルとして招かれたHeartbeat( ハービー )は、遊助(上地雄輔)の配信シングルのゲストとしても抜擢された今大注目の女性シンガーである。 そのHeartbeatは、実はCHEMISTRYと同じく元「ASAYAN」グランプリの勝又亜依子である。mc2 (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • mc2 (音楽)

    mc2 (音楽)から見た上地雄輔上地 雄輔

    フィーチャリング・ボーカルとして招かれたHeartbeat( ハービー )は、遊助(上地雄輔)の配信シングルのゲストとしても抜擢された今大注目の女性シンガーである。 そのHeartbeatは、実はCHEMISTRYと同じく元「ASAYAN」グランプリの勝又亜依子である。mc2 (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • 及川拓郎

    及川拓郎から見た上地雄輔上地 雄輔

    出演:上地雄輔、加藤あい、他。及川拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション1000回記念スペシャル

    ミュージックステーション1000回記念スペシャルから見た遊助上地 雄輔

    904. 遊助「ひまわり」2009年3月13日放送ミュージックステーション1000回記念スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • オイラの村ですケド。

    オイラの村ですケド。から見た上地雄輔上地 雄輔

    オイラの村ですケド。(オイラのむらですケド)は、上地雄輔が「遊助」として2010年に横浜スタジアムで行ったライブタイトル。また、このライブを収録した、2011年3月3日にソニー・ミュージックレコーズからDVDとBlu-ray Discが同時発売された。オイラの村ですケド。 フレッシュアイペディアより)

  • ミサイルマン (お笑いコンビ)

    ミサイルマン (お笑いコンビ)から見た上地雄輔上地 雄輔

    映画漫才ギャングにメインキャストで抜擢され、持ち前の太鼓持ちで撮影3日目には佐藤隆太をりゅう兄、上地雄輔をゆう兄、石原さとみをさと姉と呼んでとけ込んだ。ミサイルマン (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 2009 FNS歌謡祭

    2009 FNS歌謡祭から見た上地雄輔上地 雄輔

    前回のアラジン(羞恥心・Pabo)に続き、『クイズ!ヘキサゴンII』からつるの剛士とヘキサゴンオールスターズが出演。しかし、上地雄輔(ソロ歌手としての名義は「遊助」)は出演しなかった。同じくヘキサゴンオールスターズのメンバーとして『泣いてもいいですか』(歌唱曲)のレコーディングに参加した島田紳助、野久保直樹、misono、アンガールズ、中村仁美、牧原俊幸も出演しなかったが、『泣いてもいいですか』のレコーディングには非参加ながら『ヘキサゴンII』の常連出演者の渡辺正行、ラサール石井、辻希美、RYOEI(同曲の作曲者で、レコーディングには指揮者として参加)が出演した。また、ヘキサゴンオールスターズのメンバーは歌唱時、この年7月に同番組を主体に放送された『FNS26時間テレビ』で用いられたTシャツを着用していた。2009 FNS歌謡祭 フレッシュアイペディアより)

  • 童子-T

    童子-Tから見た遊助上地 雄輔

    遊助「あの・・こんなんできましたケド。」(2009年12月16日)童子-T フレッシュアイペディアより)

  • サヨナラ (崎本大海の曲)

    サヨナラ (崎本大海の曲)から見た上地雄輔上地 雄輔

    『ヘキサゴンII』常連出演者の中で番組内でソロデビュー曲を披露したのは、上地雄輔(遊助)、つるの剛士に次いで3人目となる。「ヘキサゴンのゴールデンルーキー、待望のソロデビュー」というキャッチコピーが用いられていたが、崎本が番組常連出演者になってからは既に1年半以上経っている(しかも番組出演者の中でも芸歴は長い方である)。サヨナラ (崎本大海の曲) フレッシュアイペディアより)

223件中 51 - 60件表示

「上地雄輔」のニューストピックワード