327件中 11 - 20件表示
  • 上地雄輔

    上地雄輔から見た里田まい

    初出演は2007年6月27日放送分。同じフジテレビで放送されていた『スリルな夜・子育ての天才』の番組宣伝もかねての出演であった。この回の予選ペーパーテストで、初出演にして最下位となり(6点)、クイズ本編では珍解答を連発したり前の問題の答え「フランクフルト」が頭に残り、ヘキサゴンコールの際にフランクフルトの「フランク…」と言いかけてしまい、それが原因でつるのと揉める等、司会の島田紳助から「メジャー級のアホ」と評された。その後すぐに常連出演者となり、里田まい、つるの剛士、木下優樹菜、スザンヌ、野久保直樹とともに「ヘキサゴンおバカ6人組」と呼ばれるようになり「おバカキャラ」としてバラエティ番組への出演が増えるようになる。2009年8月5日放送分から最終回の2011年9月28日放送分まで皆勤賞であった。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

  • 上地雄輔

    上地雄輔から見た木下優樹菜

    初出演は2007年6月27日放送分。同じフジテレビで放送されていた『スリルな夜・子育ての天才』の番組宣伝もかねての出演であった。この回の予選ペーパーテストで、初出演にして最下位となり(6点)、クイズ本編では珍解答を連発したり前の問題の答え「フランクフルト」が頭に残り、ヘキサゴンコールの際にフランクフルトの「フランク…」と言いかけてしまい、それが原因でつるのと揉める等、司会の島田紳助から「メジャー級のアホ」と評された。その後すぐに常連出演者となり、里田まい、つるの剛士、木下優樹菜、スザンヌ、野久保直樹とともに「ヘキサゴンおバカ6人組」と呼ばれるようになり「おバカキャラ」としてバラエティ番組への出演が増えるようになる。2009年8月5日放送分から最終回の2011年9月28日放送分まで皆勤賞であった。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

  • 上地雄輔

    上地雄輔から見た小泉孝太郎

    小泉孝太郎・進次郎兄弟と幼馴染で、兄の孝太郎とはデビュー前から親交が深い。孝太郎と上地はドラマ『狂った果実2002』で初共演し、2007年秋から孝太郎がメインMCを務める『孝太郎Wキッチン』ではレギュラーアシスタントとして起用され、後番組の『孝太郎が行く2』でも共演。上地は孝太郎に対して「男として本当に尊敬している」と公言。孝太郎は「雄輔には全部ぶつける」と語っている。また、『うたばん』の鑑定コーナーに出演した際には兄弟の父で元内閣総理大臣・小泉純一郎から直筆サイン入りの食事メニューをもらったことが明らかになった(鑑定価格は15万円)。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

  • 上地雄輔

    上地雄輔から見た上戸彩

    2008年10月、『セレブと貧乏太郎』(フジテレビ)にて上戸彩とともに自身初の主演を務め、同時期放送の『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』(日本テレビ)には準主役での出演を果たした。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

  • 上地雄輔

    上地雄輔から見たスザンヌ (タレント)

    初出演は2007年6月27日放送分。同じフジテレビで放送されていた『スリルな夜・子育ての天才』の番組宣伝もかねての出演であった。この回の予選ペーパーテストで、初出演にして最下位となり(6点)、クイズ本編では珍解答を連発したり前の問題の答え「フランクフルト」が頭に残り、ヘキサゴンコールの際にフランクフルトの「フランク…」と言いかけてしまい、それが原因でつるのと揉める等、司会の島田紳助から「メジャー級のアホ」と評された。その後すぐに常連出演者となり、里田まい、つるの剛士、木下優樹菜、スザンヌ、野久保直樹とともに「ヘキサゴンおバカ6人組」と呼ばれるようになり「おバカキャラ」としてバラエティ番組への出演が増えるようになる。2009年8月5日放送分から最終回の2011年9月28日放送分まで皆勤賞であった。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

  • 上地雄輔

    上地雄輔から見た湘南乃風

    9月29日のスペシャル公演ではSHOCK EYE(from 湘南乃風)が登場し、「怪盗MAGNUM」と「Brother」を披露。アンコール後に、品川庄司とミニコントを披露。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

  • 上地雄輔

    上地雄輔から見た小山良男

    中学時代に計38校からスカウトを受け、私立横浜高等学校に進学。当初は木内幸男の下で野球がしたいと思い、茨城県土浦市の常総学院高等学校に進学しようと決めていたが、小倉清一郎から声をかけられた中学3年の夏に丹波慎也の投球を見て「この人の球を受けてみたい」と思い進路を変更した。在学時は硬式野球部に所属し、渡辺元智と小倉の厳しい指導を受けて捕手を務め、丹波とバッテリーを組んでいた。1年後輩には松坂大輔がおり、松坂が入部すると最初にバッテリーを組んだ。2年生から背番号2を背負ったが、その年の全国高等学校野球選手権神奈川大会の試合中に右肘の神経を断裂したため正捕手の座を1年後輩の小山良男に譲った(関東大会では、背番号2を背負っている)。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

  • 上地雄輔

    上地雄輔から見た渡辺元智

    中学時代に計38校からスカウトを受け、私立横浜高等学校に進学。当初は木内幸男の下で野球がしたいと思い、茨城県土浦市の常総学院高等学校に進学しようと決めていたが、小倉清一郎から声をかけられた中学3年の夏に丹波慎也の投球を見て「この人の球を受けてみたい」と思い進路を変更した。在学時は硬式野球部に所属し、渡辺元智と小倉の厳しい指導を受けて捕手を務め、丹波とバッテリーを組んでいた。1年後輩には松坂大輔がおり、松坂が入部すると最初にバッテリーを組んだ。2年生から背番号2を背負ったが、その年の全国高等学校野球選手権神奈川大会の試合中に右肘の神経を断裂したため正捕手の座を1年後輩の小山良男に譲った(関東大会では、背番号2を背負っている)。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

  • 上地雄輔

    上地雄輔から見た武田双雲

    また、遊助のジャケットやグッズに書かれている「遊助」のロゴは、書道家の武田双雲が書いている。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

  • 上地雄輔

    上地雄輔から見た北島三郎

    5月30日、初のミニアルバム『あの・・お祭りですケド。』を発売。このミニアルバムで初のカバー曲「まつり」(北島三郎)を収録。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

327件中 11 - 20件表示

「上地雄輔」のニューストピックワード