前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
490件中 1 - 10件表示
  • 適時開示

    適時開示から見た上場会社株式公開

    適時開示(てきじかいじ)とは、公正な株価等の形成および投資者保護を目的とする、証券取引所に上場した会社(以下、「上場会社」)が義務付けられている「重要な会社情報の開示」のことをいう。(なお、東京証券取引所が適時開示制度をリードしてきたため、本稿は東京証券取引所を主に参考としている。)適時開示 フレッシュアイペディアより)

  • 村上世彰

    村上世彰から見た上場企業株式公開

    コーポレートガバナンス・コードやスチュワードシップ・コード、伊藤レポートといった上場企業や機関投資家に対する指針が国によって示された中、自身が持ち続けてきた上場企業のあるべき姿についての信念も単行本の形で世に出すことを決意し、2017年6月、自著『生涯投資家』(文藝春秋)を上梓。村上世彰 フレッシュアイペディアより)

  • ブックビルディング

    ブックビルディングから見た株式公開株式公開

    会社法上、普通株式を日本国内の証券取引所に上場している場合、その募集に伴い公正な価額による払込みを実現するためには、適正な払込金額の決定の方法を取締役会決議で決定し、その決定方法を公告又は通知することが、会社法201条2項及び3項で求められている。ここで言われる「適正な払込金額の決定の方法」について、その具体的な決定方法としては、日本証券業協会が定めた有価証券の引受けに関する規則2条16号に定められているブックビルディング方式が想定されている。他方、株式公開による新規上場の場合、会社法201条2項及び3項のような規定は存在しないため、具体的に公開価格を決定し通知又は公告の必要があるものの、この決定にブックビルディング方式を用いた価格決定を実施することに制限はない。ブックビルディング フレッシュアイペディアより)

  • 有限責任監査法人トーマツ

    有限責任監査法人トーマツから見た株式公開株式公開

    有限責任監査法人トーマツ(ゆうげんせきにんかんさほうじんトーマツ、英文名称:Deloitte Touche Tohmatsu LLC)は、デロイト トーマツ グループの一つで、監査、マネジメントコンサルティング、株式公開支援、ファイナンシャルアドバイザリーサービス等を提供する日本で最大級の会計事務所。いわゆる「4大監査法人」の一つ。大蔵省の監査法人の必要性の提言のもと、等松農夫蔵の等松監査や青木大吉の第一公認会計士事務所ほか複数の事務所が合同して設立した。有限責任監査法人トーマツ フレッシュアイペディアより)

  • テルアビブ証券取引所

    テルアビブ証券取引所から見た株式公開株式公開

    1993年にTASEはIPOの取扱い数が全世界の証券取引所で3番目であった。1テルアビブ証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • みずほキャピタル

    みずほキャピタルから見た株式公開株式公開

    2006年3月時点で、国内外の1,149社に総額496億円を投資している。これまでに株式公開を実現した企業は681社(うち国内644、海外37)。累計株式公開社数ではジャフコに次ぐ国内2位。みずほキャピタル フレッシュアイペディアより)

  • ロードショー (証券用語)

    ロードショー (証券用語)から見た株式公開株式公開

    ロードショー(英語:road show)とは、募集又は売出し(IPO又はPOなど)に際して、有価証券届出書(想定発行価格を記載したもの)の提出又はPOにおける売出しに係る適時開示の実施後に、当該株式の発行会社の代表者が財務担当者等を同行し、価格発見能力に優れた複数の機関投資家に対して自社の会社内容などについて説明を行うプロセス(会社説明会)をいう。IPO時などの募集又は売出しに係る価格の需給動向を判断する場ともなる。また、ディスクロージャーという呼ばれ方をすることもある。ロードショー (証券用語) フレッシュアイペディアより)

  • オーバーアロットメント

    オーバーアロットメントから見た株式公開株式公開

    オーバーアロットメントとは、募集又は売出しに係る株式などの有価証券について、募集又は売出し予定数量を超える投資家からの需要があった場合に、当該募集又は売出しの後の市場流通後に起こると予想される需要の過熱を冷やす措置として、主幹事証券会社が発行会社の大株主等から一時的に大株主等の保有する株式を借りて、当該募集又は売出しの予定数量の他に、予定数量の15%を上限に、同一条件で追加的に売出しを行う行為のことである。日本国内では、2002年1月より日本国内で行われる募集又は売出しについて、オーバーアロットメントを行うことが許容されるようになり、2016年に行われたIPOの半分以上で実施されている。冷やし玉やOAと呼ばれることもある。オーバーアロットメント フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木ベジ

    佐々木ベジから見た上場企業株式公開

    佐々木 ベジは、東証二部に上場しているフリージア・マクロス株式会社及び技研興業株式会社両社のオーナーである。加えて店頭公開企業・夢みつけ隊株式会社(JASDAQ上場 カタログ通販)の代表取締役社長であり、 他にも多数の上場企業の大株主に名前を連ねている。 自らが再生した自動車とロボット関連の会社:ダイトーエムイー株式会社を、2016年1月8日、台湾市場に上場させた。日本の会社で、産業機械分野で上場したのは、歴史上初めてであり、他の分野を含めても2番目という異例の選択を行なった。佐々木ベジ フレッシュアイペディアより)

  • MIATモンゴル航空

    MIATモンゴル航空から見た株式公開株式公開

    モンゴル語による正式名称を日本語に直訳すると、「モンゴル(の) 民間(の) 航空(の) 運送 株式会社」となる。しかしながら、1993年8月12日より現在まで100%国出資の株式会社であり、またモンゴル証券取引所非上場企業であり、国有企業である。2014年1月には、全株式の49%を公開し香港証券取引所へ上場するというIPOの計画を提示していたが、先行きは不透明である。MIATモンゴル航空 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
490件中 1 - 10件表示

「上場企業」のニューストピックワード