376件中 91 - 100件表示
  • 南山大学短期大学部

    南山大学短期大学部から見た上場企業株式公開

    『プレジデント』誌に掲載された上場企業の「女性社長・役員になりやすい大学ベスト30」に本学の短期大学部が全国にある大学のなかでベスト30位以内中、20位に入っており、短期大学としては1位にランキングされている。南山大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 攀鋼集団

    攀鋼集団から見た株式公開株式公開

    傘下の攀鋼集団鋼鉄股分有限公司(はんこう-しゅうだん-こうてつばんた-こふんゆうげんこうし、略称「攀鋼」)は、1993年3月27日成立の上場会社で、深証券取引所に株式を上場している(コードは000629)。攀鋼集団が株式の4.86%を直接持つほか、攀鋼集団が100%出資する攀枝花鋼鉄有限責任公司が30.63%の株式を持つ。攀鋼は、攀枝花市の鉄鋼製錬業者・攀鋼集団攀枝花鋼有限公司、成都市の鋼鉄製錬業者・攀鋼集団成都鋼有限公司、攀枝花市の鉱業業者・攀鋼集団礦業有限公司などの子会社を持つ。攀鋼集団 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマトホールディングス

    ヤマトホールディングスから見た株式公開株式公開

    物流、引越、金融会社などを傘下に持つ企業である。東証第1部に上場する。かつては、ヤマト運輸を中心にグループを築いていたが、グループ各社を分社化とともに、会社の再編を進め、主力の宅配事業を中核に、事業別に別会社へ移して、(旧)ヤマト運輸株式会社が持株会社化した。そのため、現在はヤマトホールディングスの傘下に事業会社が存在する形になっている。ヤマトホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 宮本雅史 (投資家)

    宮本雅史 (投資家)から見た株式公開株式公開

    しかし株式公開直前の1991年、「初めから35歳になったら新しい事業を興したいと思っていたから」と説明して社長を退任。その後、アパレル業界に転じ、レディースアパレルチェーン店エスシステムを創立し、衣料品ブランドファイナルステージを展開。ヴィーナスフォート構想にもアイデアを提供した。傍ら、一投資家としてゲーム業界に関わり続け、1年の半分を米国で過ごしている。宮本雅史 (投資家) フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ・キャピタル・パートナーズ

    シティグループ・キャピタル・パートナーズから見た上場企業株式公開

    プライベートエクイティ投資によりマネジメント・バイ・アウト(MBO)の支援を行うほか、上場企業やベンチャー企業への投資も行う。シティグループ・キャピタル・パートナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律

    旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律から見た株式公開株式公開

    経営が破綻した日本国有鉄道の分割・民営化により、1987年(昭和62年)4月1日をもってJR北海道、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、JR四国、JR九州、JR貨物のJRグループ7社が設立された。JR7社は最終的には全株式を上場して完全な民間会社になることを目標としているが、会社ごとの経営状況や株式市況等を考慮し、当分の間は政府(実際は日本国有鉄道清算事業団、現・独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)が株式を全数保有する特殊会社の形態をとることとされた。そのため、JR7社の事業の内容や各種規制を規定するために本法が制定された。旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • ローソンストア100

    ローソンストア100から見た株式公開株式公開

    2004年(平成16年)9月9日 - ジャスダックに上場ローソンストア100 フレッシュアイペディアより)

  • 馬鞍山鋼鉄

    馬鞍山鋼鉄から見た株式公開株式公開

    1993年9月1日成立、同年11月3日から香港証券取引所(H株、コードは323)、翌1994年1月6日から上海証券取引所(A株、コードは600808)に株式を上場している。親会社は国有企業の馬鋼(集団)控股有限公司で、同社が株式の50.47%を保有する。馬鞍山鋼鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 武漢鋼鉄

    武漢鋼鉄から見た株式公開株式公開

    湖北省武漢市青山区に拠点を置く鉄鋼企業で、製銑工場(高炉)・製鋼工場や製品工場を持つ。通称「武鋼股份」。上海証券取引所に株式を上場している(コードは600005)。武鋼集団が約65%出資する。武漢鋼鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 学生援護会

    学生援護会から見た株式上場株式公開

    MBO実施の当初は、2007年秋に株式上場する計画であったが、2006年3月15日に総合人材サービス会社の株式会社インテリジェンスとの合併を決定。まず3月31日に、学生援護会の発行済み株式40.1%をUSENが取得(インテリジェンス創業者で会長の宇野康秀はUSENの現社長)。7月1日にインテリジェンスと合併のうえ、USENのグループ会社になった。学生援護会 フレッシュアイペディアより)

376件中 91 - 100件表示

「上場企業」のニューストピックワード