490件中 11 - 20件表示
  • ジェフリー・ピーターソン

    ジェフリー・ピーターソンから見た株式公開株式公開

    1989年、ピーターソンは証券会社リーマン・ブラザーズで業務の職に就き、そこですぐに証券市場について学んだ。後に彼は工業試験を受け、19歳でストックブローカーとなる。いくつかの証券会社に勤めた後、投資銀行の分野に入り、コーポレートファイナンスの中で経験を積んだ。ピーターソンは1990年代前半の強い証券市場状況の間、主に株式公開取引を通して何百もの会社を融資した投資集団との協力に進みました。ジェフリー・ピーターソン フレッシュアイペディアより)

  • Initial coin offering

    Initial coin offeringから見た株式公開株式公開

    ICOの仕組みにはバリエーションがあり得るが、コイン(デジタル・トークン)の発行体が、事業計画や資金使途を示した上で、当該事業等に賛同・共感する、あるいは出資を求める投資家から資金調達を行い、その対価としてコインを発行するのが標準的な仕組みである。インターネットなどのデジタル空間で募集が行われ、コインの対価の払い込みは暗号通貨によって行われることが多い。伝統的な株式公開やファンド出資の募集に比べて、簡易・迅速な手続きで資金調達ができることが狙いとされることも多いが、既存の法制度がどう適用されるかについては、いまだ不透明な部分も広く、コインの保有者が有する権利の性質によっては、有価証券を用いた資金調達と同視されることもある。Initial coin offering フレッシュアイペディアより)

  • JR

    JRから見た株式公開株式公開

    純粋民間会社(上場会社。下記の特殊会社からの移行) - JR東日本・JR東海・JR西日本・JR九州JR フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドマン・サックス

    ゴールドマン・サックスから見た株式公開株式公開

    普仏戦争勃発の前年、バイエルン王国のユダヤ人マーカス・ゴールドマン(Marcus Goldman)が信用手形引受を営みはじめた。1885年、ルートヴィヒ・ドレフュスが参加。2年後にクラインワート商会(Kleinwort, 現在二つの法人に継承されている。ソシエテ・ジェネラルとコメルツ銀行)と提携。1896年、ニューヨーク証券取引所へ参入。1906年、シアーズを買収し株式公開した。ゴールドマン・サックス フレッシュアイペディアより)

  • グリーンシート

    グリーンシートから見た株式公開株式公開

    JASDAQや東証・マザーズなどの上場(IPO)へのステップとして宣伝されているが、実際に上場を達成できたのは13社(1年に約1?2社程度)→後述。実際には営業活動停止による指定取り消しや、プライベートカンパニーを選択して指定が取り消されるケースの方が圧倒的に多い。従って上場証券に比べて、さらにリスクが高いことを理解の上、取引に参加することが求められる。IPOバブル最盛期には「新規公開の青田買いができる」と注目されたが、新興市場の株価低迷のあおりを受け一時ほどの人気がない。グリーンシートの売買高も低迷しており、各証券会社とも収益の上がらないグリーンシート銘柄の取り扱いに消極的になっているのが現状である。しかしながら過去には、著名なスターを数多く輩出した沖縄アクターズスクール(キャタリスト証券)などの登録で、市場としての注目を浴びる場面もあった。グリーンシート フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ジョブズ

    スティーブ・ジョブズから見た株式公開株式公開

    ジョブズは約8,000ドルの利益を手に、多忙で商談ができなかったブッシュネルの紹介でマイク・マークラに起業の話を持ちかける。マークラは、インテルの中級社員だったが、目先の現金が欲しい同僚や友人からストックオプションの株を買い集め、インテルの株式公開時には、巨額の富を手に入れていた。紹介されたジョブズらの話に興味を持ったマークラは、1976年11月にアップルに加わり、自身の個人資産の92,000ドルを投資し、1977年1月3日、3人でアップルコンピュータを法人化した。株式はジョブズ、ウォズニアック、マークラで3割ずつ持ち合うこととなった。スティーブ・ジョブズ フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た株式公開株式公開

    京成グループを構成する中核企業。 みどり会の会員企業であり三和グループに属している。東京証券取引所1部上場企業。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • Google

    Googleから見た株式公開株式公開

    スタンフォード大学の博士課程に在籍していたラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって創業され、現在でも2人合わせて16%の株式を保有している。1998年9月4日に非公開の会社として設立され、2004年8月19日に最初の株式公開がされた。「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を経営理念(ミッション・ステートメント)に掲げている。非公式なスローガン(従業員行動基準)には「邪悪になるな (Don't be evil.)」がある。2006年、本社をカリフォルニア州のマウンテンビューに移した。移転後の本社はGoogleplex(グーグルプレックス)という愛称で呼ばれている。Google フレッシュアイペディアより)

  • 四半期報告書

    四半期報告書から見た上場会社株式公開

     そもそも、四半期報告書制度は、適時開示ルールに基づく上場会社の「四半期決算の概要」(連結決算情報が主)に端を発し、これが金融商品取引法により法定された。四半期報告書 フレッシュアイペディアより)

  • 半期報告書

    半期報告書から見た上場会社株式公開

    かつて、上場会社等は、上半期末を迎えた後3ヶ月以内に半期報告書を提出する義務を負っていた。半期報告書 フレッシュアイペディアより)

490件中 11 - 20件表示

「上場企業」のニューストピックワード