490件中 41 - 50件表示
  • 羽月莉音の帝国

    羽月莉音の帝国から見た株式公開株式公開

    株式会社革命部の代表取締役に就任した巳継は、史上最年少の高校生社長としてマスコミの注目を浴び、一躍時の人となる。株式会社革命部は、次の目標である株式公開に向け、事業を展開していく。羽月莉音の帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 弘メ

    弘メから見た株式公開株式公開

    家督相続による事業の継承や、のれん分け、仲間株の取得などによる株仲間への新規加入は、事前の審査により、財産・信用といった経済的な側面と、人格的な側面の両面からの評価が行われた。審査が通り加入が認められた後、その事実を先輩の同業者と店舗が所属する町内へと周知させることで、現代でいうところの「株式上場」に相当する手続きが全て終了となった。この周知が「弘メ」で、株仲間加入のためには必須の手続きであった。江戸時代には特定の業種の取引は、問屋株仲間の加入者とその取引先のみで行われるのが原則で、非加入者は「素人お断り」として取引が制限されていた。そうした閉鎖的な市場に参入するためには、加入者全員への弘メが必要不可欠だった。弘メ フレッシュアイペディアより)

  • 勝俣久作

    勝俣久作から見た株式公開株式公開

    なお、兄弟がそれぞれ異なる上場企業のトップに就任した例は、勝俣二兄弟以外では三井物産の八尋俊邦と日本製粉の八尋敏行や、三楽の鈴木三千代と昭和電工の鈴木治雄、東京ガスの安西浩と、昭和電工の安西正夫、月島機械の黒板行二(旧姓:西室)、東芝の西室泰三の例しか存在しない(ちなみに長兄の西室陽一は東京ガスの専務を務めたが、本社社長には就任できなかった)。なお、上場同士ではないがトヨタ自動車の奥田碩と大丸の奥田務兄弟、森ビルの森稔と森トラストの森章兄弟、西武鉄道の堤義明と西武百貨店の堤清二兄弟は比較的有名である。同企業内であれば、出光興産の出光佐三・出光計助兄弟や、エステーの鈴木誠一・鈴木明雄・鈴木喬兄弟、松井証券の松井武・松井正俊兄弟、樫尾四兄弟、羽鳥兄弟など。勝俣久作 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンセント・タン

    ヴィンセント・タンから見た株式公開株式公開

    2010年、タンはウェールズのサッカークラブであるカーディフ・シティFCを、2013年にはボスニア・ヘルツェゴビナのサッカークラブであるFKサラエヴォを相次いで買収した。タンはカーディフがプレミアリーグに昇格するために2500万ポンドを投資することを約束した。さらに、マンチェスター・ユナイテッドに続いて資金調達のためにIPOを検討していることも報じられた。ヴィンセント・タン フレッシュアイペディアより)

  • ストラテセック

    ストラテセックから見た株式公開株式公開

    株式公開時の顧客リスト:ワシントン・ダレス国際空港、ヒューレット・パッカード、w:EDS、ユナイテッド航空、ジレット、w:MCI、ワールド・トレイド・センター、その他病院、刑務所、企業、公共事業、大学等ストラテセック フレッシュアイペディアより)

  • 株式分割

    株式分割から見た上場会社株式公開

    従来は、株式の額面額(券面額、株金額)や株券の発行コストが株式分割を法的にあるいは事実上限定する役割を果たしていたが(商法旧第166条2項)、額面株式が廃止され(2001年商法改正)、また、株券を必要としない制度(社債、株式等の振替に関する法律、なお会社法においては株券不発行が原則となっている)が整備されたことで、特に上場会社についてはほぼ無限定に株式分割をすることが可能になり、大幅な株式分割によって株価上昇をさせる手法が問題になった。特に2006年にはライブドアの粉飾決算事件に絡んで、同社の度重なる株式分割がクローズアップされ「現代の錬金術」と揶揄された。詳細は株式分割バブルを参照。株式分割 フレッシュアイペディアより)

  • ウェスティングハウス・エア・ブレーキ

    ウェスティングハウス・エア・ブレーキから見た株式公開株式公開

    会社は21世紀に存続する2つの会社を残した。これらの2社は互いに独立した存在となっている。一方はウェスティングハウス・エア・ブレーキとモーティブパワー・インダストリー(MotivePower Industries )が1999年に合併したワブテックで、ウィルマーディングで鉄道用の空気ブレーキの設計と製造を続けている。もう一方はWABCOホールディングスとして知られ、商用車用の制御システムの設計と製造を行っており、ベルギーのブリュッセルに本社を置いている。WABCOホールディングスは、30年来の親会社であったアメリカン・スタンダード(American Standard Brands )により2007年に株式公開された。ウェスティングハウス・エア・ブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • 出口戦略

    出口戦略から見た株式公開株式公開

    また、投資において投下した資本を最大限に回収することも出口戦略と呼ぶ。第三者への転売や株式公開などがとられる。出口戦略 フレッシュアイペディアより)

  • 投資事業組合

    投資事業組合から見た上場会社株式公開

    2004年には「中小企業等投資事業有限責任組合契約に関する法律」が「投資事業有限責任組合契約に関する法律」へと改正され、出資対象が上場会社までに拡大するだけでなく、金銭債権の取得や融資等を行うことも可能とされた。投資事業組合 フレッシュアイペディアより)

  • アイネット証券

    アイネット証券から見た株式公開株式公開

    株式会社アイネット証券(i-NET Securities Co.,Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く日本の証券会社。旧社名はIPO証券株式会社。IPO(株式公開=新規上場・公開)、株式の主幹事業務・引受業務を中心とした証券会社。これまでの事業を拡大し、今後は、新しいインターネットテクノロジーを取り入れ、オンラインでの金融商品の取り扱いを行っている。アイネット証券 フレッシュアイペディアより)

490件中 41 - 50件表示

「上場企業」のニューストピックワード