376件中 71 - 80件表示
  • 常陽証券

    常陽証券から見た株式公開株式公開

    国内株式、IPO(新規公開株式)、PO(公募、売出し)、国内ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、外国債券、国内債券、投資信託、外貨MMF、仕組債常陽証券 フレッシュアイペディアより)

  • カラカミ観光

    カラカミ観光から見た株式公開株式公開

    2012年(平成24年)3月22日 - 株式上場(ジャスダック)を廃止。これに先駆け2011年11月8日から12月20日までTOBを行い成立している。カラカミ観光 フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオンソフト

    チャンピオンソフトから見た株式公開株式公開

    但し、チャンピオンソフトは株式会社ではあるが、社内株主のみで株式公開はしていないため、決算公開義務もない。チャンピオンソフト フレッシュアイペディアより)

  • 勝俣久作

    勝俣久作から見た株式公開株式公開

    なお、兄弟がそれぞれ異なる上場企業のトップに就任した例は、勝俣二兄弟以外では三井物産の八尋俊邦と日本製粉の八尋敏行や、三楽の鈴木三千代と昭和電工の鈴木治雄、東京ガスの安西浩と、昭和電工の安西正夫、月島機械の黒板行二(旧姓:西室)、東芝の西室泰三の例しか存在しない(ちなみに長兄の西室陽一は東京ガスの専務を務めたが、本社社長には就任できなかった)。なお、上場同士ではないがトヨタ自動車の奥田碩と大丸の奥田務兄弟、森ビルの森稔と森トラストの森章兄弟、西武鉄道の堤義明と西武百貨店の堤清二兄弟は比較的有名である。同企業内であれば、出光興産の出光佐三・出光計助兄弟や、エステーの鈴木誠一・鈴木明雄・鈴木喬兄弟、松井証券の松井武・松井正俊兄弟、樫尾四兄弟、羽鳥兄弟など。勝俣久作 フレッシュアイペディアより)

  • ラザード

    ラザードから見た株式公開株式公開

    永らく非公開会社であったが、2005年5月5日、ニューヨーク証券取引所に株式公開した。ラザード フレッシュアイペディアより)

  • タイホーコーザイ

    タイホーコーザイから見た株式公開株式公開

    1990年 - 株式を日本証券業協会へ店頭登録し(現在のジャスダック)、資本金を3,582百万円に増資。タイホーコーザイ フレッシュアイペディアより)

  • 池貝

    池貝から見た上場会社株式公開

    明治時代に日本の工作機械の父と言われた池貝庄太郎によって設立された老舗企業である。国産初の旋盤、ディーゼルエンジン量産、最初期のNC加工工作機械製造など、日本近代製造業の歴史に名を刻む企業でもある。かつては上場会社であったが1970年代以降、数度の経営不振、再建を経て現在は中華人民共和国資本の傘下の非上場会社となっている。池貝 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェーデル

    ヴェーデルから見た株式上場株式公開

    1989年に共産主義体制が終了すると、ヴェーデルは民営化した。しかし共産主義時代を経てヴェーデル一族をはじめとした戦前の株主たちやその子孫は、ヴェーデルの経営に関するノウハウや独自の人材を失っていたので、彼らだけではヴェーデルの経営を行うことが難しくなっていた。そこで、1991年にアメリカの食品コングロマリットであるペプシコ社が5000万-6000万ドルでヴェーデル株式の過半を買収し、同年11月26日にヴェーデル社はワルシャワ証券取引所に株式上場を果たした。ヴェーデルの売り上げは1995年に2億ドルを突破した。製品の10%は輸出された。当時の主な輸出先はイギリス、アメリカ、カナダであった。1997年にはペプシコ社がヴェーデル社の発行株の全てを取得し、ヴェーデル社はワルシャワ証券取引所から退いた。ワルシャワの事業部の従業員数は1998年には1100人となった。ヴェーデル フレッシュアイペディアより)

  • ニッセイ

    ニッセイから見た株式公開株式公開

    株式会社ニッセイ( )は、日本の機械メーカーである。本社は愛知県安城市に所在する。東証第2部と名証第2部に上場している(証券コード:6271)。ニッセイ フレッシュアイペディアより)

  • 裏口上場

    裏口上場から見た上場企業株式公開

    裏口上場(うらぐちじょうじょう)とは「不適当な合併等」のことであり、非上場企業が規模の小さい上場企業を買収し、裏口上場 フレッシュアイペディアより)

376件中 71 - 80件表示

「上場企業」のニューストピックワード