490件中 81 - 90件表示
  • リスクカウンセリング

    リスクカウンセリングから見た上場企業株式公開

    リスク・カウンセリング(RiskCounseling)は名古屋市の総合調査会社 株式会社エコワークリサーチ&コンサルティングが発案、商品化した企業内の様々なリスクをいち早く発見するヒアリング機能である。特に上場企業や大手非上場企業、公共機関などの組織内に潜むリスクをいち早く発見することを目的としている。リスク察知の根拠は、海外ドラマ『Lie to me 嘘の瞬間』で描かれている心理学的思考、精神行動の「微表情」と呼ばれる一瞬の表情や仕草から嘘や矛盾を見破る技術と同様の技術を用い、カウンセリングする社員などからリスク情報(状況)を聴取する方法である。リスクカウンセリング フレッシュアイペディアより)

  • 株主名簿

    株主名簿から見た株式公開株式公開

    株式公開企業では、証券取引所の規定により証券代行専門会社あるいは信託銀行を株主名簿管理人に選任し、株主名簿の作成と株主の管理を委託することが義務づけられている。株主名簿 フレッシュアイペディアより)

  • プロキシマス

    プロキシマスから見た株式公開株式公開

    かつてプロキシマスはベルガコムの子会社の位置付けであった。2004年に株式公開したのち、ベルガコムが株式の50%を保有し、また、ボーダフォングループが25%を保有していた。2004年は22億3900万ユーロの収益があり、11億3500万ユーロのEBITDA(金利・税金・償却前利益)があった。プロキシマス フレッシュアイペディアより)

  • エンジェル投資家

    エンジェル投資家から見た株式公開株式公開

    エンジェル投資家は、家族・親類・友人とベンチャーキャピタルの間に存在する資金供給の隙間を埋める役割を果たしている。友人や家族から1,000万円以上の資金を調達することは一般的には難しい。その一方で、伝統的なベンチャーキャピタルは1〜2億円以下の投資を検討することはない。そのため、エンジェル投資家は急成長するスタートアップ企業に対する第二段階の資金供給者となりうる。2006年の米国の統計によると、投資総額ではエンジェル投資家が256億米ドルに対してベンチャーキャピタルが261億米ドルとほぼ同額だったが、投資企業数ではエンジェル投資家が51,000社に対してベンチャーキャピタルが3,522社と10倍以上の差が見られる(, , )。エンジェル投資家の投資に占める割合が多いセクターはヘルスケアと医療機器が21パーセント、続いてソフトウェアとバイオテクノロジーが18パーセントとなっている。エンジェル投資家は極めて高いリスクを引き受けるため、それに見合うだけの高い投資収益を求める。投資の大部分は若い企業の倒産により完全に失われてしまうため、初期投資の10倍以上の収益が5年以内に得られる投資案件を探す傾向がある。収益確定のための方法としては、株式公開や他社からの企業買収が挙げられる。エンジェル投資家 フレッシュアイペディアより)

  • 南山大学短期大学部

    南山大学短期大学部から見た上場企業株式公開

    『プレジデント』誌に掲載された上場企業の「女性社長・役員になりやすい大学ベスト30」に本学の短期大学部が全国にある大学のなかでベスト30位以内中、20位に入っており、短期大学としては1位にランキングされている。南山大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 三條機械製作所

    三條機械製作所から見た株式公開株式公開

    株式会社三條機械製作所(さんじょうきかいせいさくじょ、)は、新潟県三条市に本社を置く機械・鍛造メーカーで東証2部上場企業。三條機械製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本インタビュ新聞社

    日本インタビュ新聞社から見た上場企業株式公開

    日本インタビュ新聞社(にほんインタビュしんぶんしゃ)は、上場企業情報を中心としたIR情報を、あらゆるメディアを活用して報道するIR支援会社である。株式投資情報に関する新聞・雑誌の発行及び出版企画・編集・イベントなども手がける。日本インタビュ新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 勘坂康弘

    勘坂康弘から見た上場会社株式公開

    大学時代は金沢のディスコで黒服のアルバイトを経験。卒業後は高岡市内の多田薬品工業に就職し2年間勤め 退職。半年間上京し、上場会社の外食チェーンに育て上げる事を目指して焼肉チェーン店として起業することを決意。その後、郷里で工員の派遣社員として2年半働き、起業資金1,000万円を貯蓄。勘坂康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 業績予想の修正

    業績予想の修正から見た上場会社株式公開

    業績予想の修正(ぎょうせきよそうのしゅうせい)とは、上場会社が業績予想の修正を発表するものである。業績予想の修正 フレッシュアイペディアより)

  • ベリサイン

    ベリサインから見た株式公開株式公開

    ベリサイン社は1998年1月30日にNASDAQに株式公開した。株式公開前の主要株主にはRSAセキュリティの他、ベッセマー・ベンチャー・パートナーズ (Bessemer Ventures)、クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ (Kleiner-Perkins)、VISAインターナショナル、アメリテック (Ameritech)、三菱商事、セキュリティ・ダイナミックス (Security Dynamics)、フィッシャー・インターナショナル (Fischer International) などが含まれていた。一方で2000年にネットワーク・ソリューションズ社(Network Solutions・世界初のドメイン登録業者、後に対顧客の登録部門がスピンオフする)、2001年にイルミネット社(Illuminet・この企業買収によりベリサインはテレコミュニケーション業界へ参入した)、2003年にガーデント社(Guardent・セキュリティ管理サービスプロバイダ (MSSP) 企業)、2004年にはジャンバ社(Jumba・欧米各国でJumsterと呼ばれる携帯電話向けのダウンロード可能なデジタルコンテンツを提供するサービスを行っている)などを買収し、インフラサービス企業へと成長していった。ベリサイン フレッシュアイペディアより)

490件中 81 - 90件表示

「上場企業」のニューストピックワード