67件中 11 - 20件表示
  • 株式公開

    株式公開から見た大阪証券取引所

    (なお日本の電波法、放送法、航空法、金融商品取引法およびNTT法の規定において、放送・通信事業者の一部、証券市場開設者と航空会社には、外国人の出資比率が一定以下に制限(外資規制)されている企業がある(NTT(通信)、スカパーJSATホールディングス(通信衛星)、各テレビ局、大阪証券取引所、全日本空輸など)。株式公開 フレッシュアイペディアより)

  • 株式公開

    株式公開から見た出光興産

    出光興産 2006年10月24日上場株式公開 フレッシュアイペディアより)

  • 株式公開

    株式公開から見た大塚製薬

    大塚ホールディングス(中核企業は大塚製薬) 2010年12月15日株式公開 フレッシュアイペディアより)

  • 株式公開

    株式公開から見た全日本空輸

    (なお日本の電波法、放送法、航空法、金融商品取引法およびNTT法の規定において、放送・通信事業者の一部、証券市場開設者と航空会社には、外国人の出資比率が一定以下に制限(外資規制)されている企業がある(NTT(通信)、スカパーJSATホールディングス(通信衛星)、各テレビ局、大阪証券取引所、全日本空輸など)。株式公開 フレッシュアイペディアより)

  • 株式公開

    株式公開から見た電源開発

    電源開発 2004年10月6日上場株式公開 フレッシュアイペディアより)

  • 株式公開

    株式公開から見た大塚ホールディングス

    大塚ホールディングス(中核企業は大塚製薬) 2010年12月15日株式公開 フレッシュアイペディアより)

  • 株式公開

    株式公開から見た金融商品取引法

    反面、会社の株式の価値を日々、市場投資家が判断することから、経営者が株主価値の向上について、どの程度の力量・資質なのか資本の論理から厳しく問われることになる。また、どのような人物であっても資金さえあれば株式を取得できることから、経営陣にとって友好的でない株主による敵対的買収などの可能性がある。しかし、これらのデメリットについては株主と経営者との間に緊張関係が保たれることや、株主価値向上のための経営が志向されるようになることから一概に否定的に論じるべきではないとの意見もある。また株主代表訴訟や金融商品取引法等で法的責任を負うことや取締役の解任などで役員の地位が極めて不安定なものになるおそれがあるリスクがある。また会計をガラス張りにしなければならないこと等から節税や蓄財等がしにくくなることから同族企業の多くは一部を除き株式を公開していない。株式公開 フレッシュアイペディアより)

  • 株式公開

    株式公開から見た宝くじ

    日本の株式市場が好転しはじめた2003年頃から、新規公開銘柄の初値が軒並み公開価格を上回る状態となった。中には初値が公開価格の数倍となる銘柄まで出現した。このため、一部雑誌などが「ノーリスク・ハイリターン」「宝くじより確実」など株式市場の常識を逸脱する記事を組み、初心者を煽り立てて新規公開銘柄に多くの投資家が群がる異常事態となった。これを「IPOバブル」と呼んでいる。この時期にIPOが簡単に当選するなどと謳い文句にヤフーオークションを利用して個人が高額の攻略本を販売する情報商材詐欺など横行していた。株式公開 フレッシュアイペディアより)

  • 株式公開

    株式公開から見たジャスダック

    日本においては、かつて、証券取引所に上場する方法と、日本証券業協会の登録銘柄となる方法(店頭登録)とがあったが、後者の制度が廃止されてジャスダックに移行したため、現在では、前者の方法のみが存在する。株式公開 フレッシュアイペディアより)

  • 株式公開

    株式公開から見た日本証券業協会

    日本においては、かつて、証券取引所に上場する方法と、日本証券業協会の登録銘柄となる方法(店頭登録)とがあったが、後者の制度が廃止されてジャスダックに移行したため、現在では、前者の方法のみが存在する。株式公開 フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示

「上場企業」のニューストピックワード