前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • 第85回全国高等学校野球選手権大会

    第85回全国高等学校野球選手権大会から見た上本博紀上本博紀

    第3号:上本博紀(広陵)第85回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • グエン・トラン・フォク・アン

    グエン・トラン・フォク・アンから見た上本博紀上本博紀

    東洋大姫路高校に進学後は1年時から先発投手を務め、1年夏の兵庫大会決勝では真田裕貴を擁する姫路工業高校を破り第83回全国高等学校野球選手権大会に出場。2回戦で柳瀬明宏・田中大輔らを擁する如水館高校を破り16強入りし、3回戦で寺原隼人・井手正太郎らを擁する日南学園高校に敗れた。この際、ベトナム難民(ボートピープル)の子ということもあり話題になった。3年時には第75回選抜高等学校野球大会にエースで主将として谷哲也を擁する鳴門工業高校を1安打完封、準々決勝で清水康寛を擁する花咲徳栄高校との延長15回再試合を制し4強入り。準決勝では西村健太朗・白濱裕太・上本博紀らを擁する広陵高校に敗れた。夏は兵庫大会決勝で神港学園高校に延長10回の末に敗れ準優勝。その後、AAAアジア野球選手権日本代表に選出された。グエン・トラン・フォク・アン フレッシュアイペディアより)

  • 中井哲之

    中井哲之から見た上本博紀上本博紀

    2003年春には西村健太朗(巨人)、白濱裕太(広島)、上本博紀(阪神)らを擁して再び全国制覇した。中井哲之 フレッシュアイペディアより)

  • 第36回日米大学野球選手権大会日本代表

    第36回日米大学野球選手権大会日本代表から見た上本博紀上本博紀

    4 上本博紀(早大、3)【阪神(2009- )】第36回日米大学野球選手権大会日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎憲晴

    山崎憲晴から見た上本博紀上本博紀

    4年生から主将としてチームを牽引し、神奈川大学野球連盟での15季ぶりの優勝に貢献した。首位打者を2度記録。大学では早稲田大学の上本博紀をライバルとしていた。山崎憲晴 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田講平

    柴田講平から見た上本博紀上本博紀

    のドラフトで阪神から2位指名を受け、11月22日に契約金7,000万円、年俸1,000万円で仮契約。入団時の背番号は「2」。同期入団の上本博紀も「4」を与えられ、阪神ではのドラフト3位北村照文(「5」)・ドラフト外藤倉一雅(「3」)以来29年ぶりに新人2人が一桁の背番号をつけることとなった。柴田講平 フレッシュアイペディアより)

  • 須田幸太

    須田幸太から見た上本博紀上本博紀

    高校卒業後は早稲田大学に進学して野球部に所属。2年までは未勝利だったが、3年春にエースナンバーの背番号11を背負って斎藤佑樹と先発2本柱となり、3勝1敗を挙げ優勝に導いた。大学4年の春には最優秀防御率のタイトルを獲得している。大学通算成績は8勝3敗。大学の同級生にはバッテリーを組んだ細山田武史・松本啓二朗(いずれもDeNA)、上本博紀(阪神)がいる。須田幸太 フレッシュアイペディアより)

  • 平野恵一

    平野恵一から見た上本博紀上本博紀

    は二塁手での出場を中心にスタメンの一角を占めたが、チームの低迷に合わせるように打撃不振に陥り、後半戦は上本博紀のスタメン起用が多くなり、それに伴って外野や控えに回されることが多くなった。平野恵一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川俊介

    藤川俊介から見た上本博紀上本博紀

    広島の広陵高校に進み、第75回選抜高等学校野球大会を制したチームで1年()夏から一塁手のレギュラーとして活躍。広島大会では4番も打ち、第85回全国高等学校野球選手権大会に出場するが、2回戦で岩国高校に敗れる。2年()春は中堅手兼投手で第76回選抜高等学校野球大会に出場したが、1回戦で東邦高校に敗退。高校通算25本塁打。高校の2学年先輩に白濱裕太・西村健太朗、1学年先輩に上本博紀、1学年後輩に吉川光夫、2学年後輩に野村祐輔・土生翔平がいる。藤川俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た上本博紀上本博紀

    早稲田大学では應武篤良監督の勧めで外野手に転向し、1年生秋から右翼手のレギュラー。大学通算96試合出場、333打数105安打、打率.315、2本塁打、44打点(通算100安打達成は27人目)。ベストナイン5回。早大の同期生に上本博紀、細山田武史、須田幸太ら。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示