48件中 11 - 20件表示
  • 2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た上本博紀上本博紀

    阪神は3回、巨人先発澤村拓一を攻め上本博紀と鳥谷の連続タイムリーで2点を先制する。巨人は3回に阪神先発岩田稔から一死満塁と大きなチャンスを作るが、2番の橋本到が二ゴロ併殺打に倒れ無得点に終わる。逆に阪神は5回には澤村が上本への危険球で退場となった直後、2番手の久保裕也から鳥谷が再びタイムリー、マートンにも2点タイムリーが飛び出し5-0と中盤で大きくリードする。岩田は7回にこの日スタメンの井端弘和に2ランホームランを許したが失点はその2点だけにとどめ7回2失点と粘りの投球を見せた。その後は前日同様福原ー高宮ー呉のリレーで逃げ切った。阪神は2連勝。巨人は逆に2012年以来の連敗スタートとなった。2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た上本博紀上本博紀

    には、公式戦の開幕から、シーズン最終盤の9月30日まで一軍に帯同した。一軍公式戦では、勝負どころでの代打起用を中心に、前年と同じく66試合へ出場。打率.241ながら、前年と同じ3本塁打、前年を上回る17打点を記録した。8月9日の対広島戦(マツダ)では、チーム全体で苦手にしている左腕投手クリス・ジョンソンの先発が予告されたことを受けて、「3番・左翼手」としてスタメンに起用。適時打1本を含む3安打を放ったことで、2014年8月29日の対ヤクルト戦(甲子園)以来2年振りの猛打賞を達成した。また、本塁打については、3本中2本を代打で記録。シーズンの終了後には、上本博紀の後を受けて、阪神の選手会長に就任した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中井哲之

    中井哲之から見た上本博紀上本博紀

    2003年春には西村健太朗(巨人)、白濱裕太(広島)、上本博紀(阪神)らを擁して再び全国制覇した。中井哲之 フレッシュアイペディアより)

  • 福田周平 (野球)

    福田周平 (野球)から見た上本博紀上本博紀

    阪南市立上荘小学校在学中の7歳時に、兄の影響で軟式の上荘ドラゴンズで野球を始める。5年生時の2003年春、第75回選抜高等学校野球大会の決勝戦を甲子園のスタンドから観戦し、上本博紀・西村健太朗・白濱裕太らを擁する広陵高等学校の優勝を目の当たりにして以来、同校でのプレーを希望するようになった。鳥取中学校時代は泉南ボーイズに所属。希望通り広陵に進学すると、2年秋の新チームから主将に就任し、1番・二塁手として甲子園春夏連続出場を果たした。3年春の第82回選抜高等学校野球大会ではベスト4進出。3年夏の第92回全国高等学校野球選手権大会では、初戦で聖光学院の歳内宏明に1点差完封を喫し敗れた。広陵高校での同級生には有原航平がいる。福田周平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 平野恵一

    平野恵一から見た上本博紀上本博紀

    は二塁手での出場を中心にスタメンの一角を占めたが、打撃守備共にチームの低迷に合わせるように不振に陥り、後半戦は若手の上本博紀のスタメン起用が多くなり、それに伴って外野や控えに回されることが多くなった。平野恵一 フレッシュアイペディアより)

  • 細川亨

    細川亨から見た上本博紀上本博紀

    は開幕2カードは新加入の鶴岡慎也にスタメンマスクを奪われたが、鶴岡が4月5月に打率1割台と打撃不振だったため徐々に先発出場が増え、7月下旬からは完全に奪い返し正捕手へと戻った。6月3日の対巨人戦の6回に自打球を左膝に当て途中交代、翌6月4日に左膝打撲のため出場選手登録を抹消された。6月14日に最短で一軍へ復帰した。7月26日のオリックスとの首位攻防戦では4回同点の場面で東明大貴からバックスクリーン左へ勝ち越しツーランホームランを放ち、これが決勝打となりチームは首位を奪回した。10月2日、2位オリックスとの両チームの優勝がかかったシーズン最終戦では2回一死二三塁の場面でディクソンから先制の犠牲フライを放った。フル出場し10回1失点のリードで松田宣浩のサヨナラ打を呼び、2011年に続きチームのリーグ優勝決定の瞬間のマスクを被った。レギュラーシーズンでは95試合に先発出場し、フル出場した41試合では35勝5敗1分、7完封勝利だった。クライマックスシリーズファイナルステージでは全6試合に先発出場し、打っては14打数6安打、打率.429だった。10月20日第6戦では5回に鍵谷陽平からダメ押しとなるソロ本塁打を放つなど3打席3出塁で、守ってはフル出場し9回を1失点に抑え、CS突破に貢献した。日本シリーズでは全5試合に先発出場した。守備では8回6失点で代打を出された第1戦以外はフル出場し、残り4試合は阪神打線を2失点以下に抑えた。10月28日第3戦では1点リードの4回一死二塁の打席で藤浪晋太郎の7球目のカットボールに空振り三振したが、阪神捕手の鶴岡一成がボールを一塁側へ逸らした隙に振り逃げを成立させ、二塁走者の吉村裕基が一気に本塁を陥れてチームは貴重な追加点を挙げた。10月30日第5戦は守っては9回無失点のリードで阪神打線を完封し、自身3度目となる日本一決定の瞬間のマスクを被った。同試合の9回表は1点リードでデニス・サファテと一死満塁の場面を作ったが、続く西岡剛をファーストゴロに打ち取り、一塁手の明石健志が本塁へ送球しフォースアウト、ここで細川は一塁へ送球したが西岡の体に当たってボールは転がり、その間に二塁走者の田上健一は本塁を踏んだ。冷静にプレーを見ていた主審の白井一行は西岡の走塁を守備妨害と判定し、これにより併殺完成でゲームセットを宣告し、ソフトバンクの日本一が決定した。また、3回守備時には一死一塁からマット・マートン、二死一塁から上本博紀の二盗をいずれも阻止し、1イニングで2度の盗塁阻止が日本シリーズ新記録となった。シーズン中の8月29日に2度目のFA資格を取得したが、11月6日に翌年の残留を明言し、12月16日の契約交渉で3,600万円アップの年俸1億円で更改し、2年契約を結んだ。細川亨 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の阪神タイガース

    2017年の阪神タイガースから見た上本博紀上本博紀

    年間を通してリーグの上位を推移しており、一時は首位広島東洋カープに肉薄するなど12年ぶりのリーグ優勝も狙えたシーズンであったが、糸井や上本博紀、ランディ・メッセンジャーらの故障離脱や岩貞、藤浪の不振など投打の主力を欠いたことが終盤の戦いに響き、最終的には首位に10ゲーム差を付けられ2位に終わった。クライマックスシリーズでは3位横浜DeNAベイスターズを本拠地甲子園球場に迎えるも、1勝2敗で1stステージ敗退。2017年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 上新電機

    上新電機から見た上本博紀上本博紀

    2013年には、阪神球団との間で、球団史上初のオフィシャルスポンサー契約を締結。イメージキャラクターを務める阪神の選手も、能見篤史、新井良太(貴浩の実弟)、伊藤隼太の3名に代わった。なお、2014年および2015年のイメージキャラクターには、能見(兵庫県出身)、西岡剛、藤浪晋太郎(いずれも大阪府出身)を起用。当社の地盤である関西地方出身の選手が、当社のCMで初めて揃うことになった。2016年は藤浪、上本博紀、梅野隆太郎が、2017年は梅野に代わり岩貞祐太が務めている。上新電機 フレッシュアイペディアより)

  • 蔭山和夫

    蔭山和夫から見た上本博紀上本博紀

    旧制市岡中学から早稲田大学へ進学。在学時、東京六大学リーグ戦全試合に出場し、最終学年では主将を務める。リーグ通算92試合出場、341打数94安打、打率.276、2本塁打、38打点。74得点はに上本博紀が83得点で更新するまでリーグ記録であった。蔭山和夫 フレッシュアイペディアより)

  • グエン・トラン・フォク・アン

    グエン・トラン・フォク・アンから見た上本博紀上本博紀

    東洋大姫路高校に進学後は1年時から先発投手を務め、1年夏の兵庫大会決勝では真田裕貴を擁する姫路工業高校を破り第83回全国高等学校野球選手権大会に出場。2回戦で柳瀬明宏・田中大輔らを擁する如水館高校を破り16強入りし、3回戦で寺原隼人・井手正太郎らを擁する日南学園高校に敗れた。この際、ベトナム難民(ボートピープル)の子ということもあり話題になった。3年時には第75回選抜高等学校野球大会にエースで主将として谷哲也を擁する鳴門工業高校を1安打完封、準々決勝で清水康寛を擁する花咲徳栄高校との延長15回再試合を制し4強入り。準決勝では西村健太朗・白濱裕太・上本博紀らを擁する広陵高校に敗れた。夏は兵庫大会決勝で神港学園高校に延長10回の末に敗れ準優勝。その後、AAAアジア野球選手権日本代表に選出された。グエン・トラン・フォク・アン フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示

「上本博紀」のニューストピックワード