22件中 11 - 20件表示
  • 蔭山和夫

    蔭山和夫から見た上本博紀上本博紀

    旧制市岡中学から早稲田大学へ進学。在学時、東京六大学リーグ戦全試合に出場し、最終学年では主将を務める。リーグ通算92試合出場、341打数94安打、打率.276、2本塁打、38打点。74得点はに上本博紀が83得点で更新するまでリーグ記録であった。蔭山和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田慎司

    岩田慎司から見た上本博紀上本博紀

    東邦高時代からドラフト候補として注目された。3年時の春、第76回選抜高等学校野球大会に出場。初戦で上本博紀擁する広陵高に1-9で完投勝利を収める。2回戦で、鵜久森淳志と高橋勇丞擁する済美高に0-1で敗退した。夏は、愛知県予選ベスト8で同年の優勝校である中京大中京高に敗れた。岩田慎司 フレッシュアイペディアより)

  • 上本崇司

    上本崇司から見た上本博紀上本博紀

    上本 崇司(うえもと たかし、1990年8月22日 - )は、広島県福山市出身の広島東洋カープに所属するプロ野球選手(内野手)。阪神タイガースに所属する上本博紀は実兄。上本崇司 フレッシュアイペディアより)

  • 前田大和

    前田大和から見た上本博紀上本博紀

    には、内野手登録のまま、オープン戦から主に中堅手として起用。そのまま開幕一軍入りを果たすと、打撃で得意としている左投手と対戦する試合を中心に、主に「2番・中堅手」としてたびたびスタメンに起用された。後半戦以降は上本博紀と共に俊足の1・2番に定着、シーズンを通して初めて100試合以上に出場した。前田大和 フレッシュアイペディアより)

  • 広陵高等学校 (広島県)

    広陵高等学校 (広島県)から見た上本博紀上本博紀

    上本博紀(阪神タイガース)広陵高等学校 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • 7月4日

    7月4日から見た上本博紀上本博紀

    1986年 - 上本博紀、プロ野球選手7月4日 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥谷敬

    鳥谷敬から見た上本博紀上本博紀

    、開幕から3番遊撃手として出場。5月15日の対中日戦で打球処理の際に右手人さし指の爪を裂傷し途中交代。翌週から始まったセ・パ交流戦では遊撃守備を上本博紀に譲り、5月28日に守備復帰するまで指名打者や代打で出場した。5月22日の対西武戦で通算1,000試合出場を達成。この年に導入された統一球の影響もあり本塁打、打点は前年の半分以下に落ちたものの、2年連続の打率3割越え(打率.300・リーグ4位)を記録し、OPSはリーグ3位、RC27はリーグ2位をマークするなど、傑出度では過去最高の成績だった。また三塁打7、四球78、出塁率.395はいずれもリーグトップで、自身初のタイトルとなる最高出塁率を獲得した。上述の怪我で守備ができない時期もあったが、3年連続失策一桁台、自身の持つ球団記録を更新する守備率.991を記録して、念願のゴールデングラブ賞を初受賞、2年連続3度目となるベストナインも受賞した。9月3日に国内FA権を取得したが行使せず残留。鳥谷敬 フレッシュアイペディアより)

  • 福山市

    福山市から見た上本博紀上本博紀

    上本博紀(阪神タイガース選手)福山市 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年

    1986年から見た上本博紀上本博紀

    7月4日 - 上本博紀、プロ野球選手1986年 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た上本博紀上本博紀

    、城島、マートンなどの新加入選手を加え、新井、鳥谷、平野、ブラゼルなど主力の打棒が威力を発揮。8月には1試合22得点(球団記録更新)挙げるなど、1リーグ時代を除けば球団最高のチーム打率.290、3割打者と90打点以上も5人ずつという記録を残している。また若手野手の藤川俊介、上本博紀、大和(前田大和)を起用し、走塁面でも攻撃力につなげた。しかし開幕前に負傷した主砲の金本はフルイニング出場が途切れ、復帰後も攻守での問題点を見せた。一方、投手陣では久保田、藤川などのリリーフ陣、久保康友、ジェイソン・スタンリッジなどの先発陣は好調でも、岩田、能見の怪我離脱や、安藤、下柳、福原の不調が重なった先発陣のコマ不足に見舞われた。鶴直人、西村憲、高卒ルーキーの秋山拓巳などの若手投手を抜擢するも先発・中継ぎは安定感に欠けた。前半戦は巨人との首位争いを繰り広げたが、後半戦になって追い上げてきた中日まで加わり、三つ巴の熾烈な首位争いが展開された9月には、阪神にも一時的にマジックが点灯したこともあった。しかし、前述の投手陣の不調により最終的には中日に優勝をさらわれ、阪神は2位で終わった。クライマックスシリーズ第1ステージを初めて甲子園で迎えた巨人戦では連敗を喫して敗退する。オフにはFAで小林宏之と藤井彰人を獲得する一方で、長らく正捕手を務めた矢野が引退し、星野仙一シニアディレクターが、楽天の監督に就任するため退団した。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

22件中 11 - 20件表示

「上本博紀」のニューストピックワード