67件中 11 - 20件表示
  • 上本博紀

    上本博紀から見た坂本勇人

    は、オープン戦から好調を維持していた。2月26日に京セラドームで開かれたWBC日本代表との強化試合にも、阪神の1番・遊撃手として先発出場。しかし、6回表の守備で坂本勇人(日本代表・讀賣ジャイアンツ内野手)の左飛を追って後退した際に、左翼を守っていた伊藤隼太と交錯した。坂本の打球は伊藤が捕球したが、上本は交錯の衝撃で転倒。そのまま起き上がれなくなったため、グラウンド上から担架で運び出された。その後に病院で診察を受けたところ、右目の周辺に裂傷を負ったほか、左足首の前距腓靱帯を損傷していることが判明。2年続けて、シーズンインの直前に戦線離脱を余儀なくされている。上本博紀 フレッシュアイペディアより)

  • 上本博紀

    上本博紀から見た真田裕貴

    初盗塁:2010年7月9日、対横浜ベイスターズ8回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に二盗(投手:真田裕貴、捕手:橋本将)上本博紀 フレッシュアイペディアより)

  • 上本博紀

    上本博紀から見た鳥谷敬

    その後早稲田大学(スポーツ科学部)に進学し、鳥谷敬や田中浩康が抜けた内野で1年からレギュラー出場し、4年まで全104試合にフルイニング出場を果たした。4年次には主将も務めた。通算411打数109安打、打率.265、4本塁打、46打点。通算109安打は歴代13位の記録、また全試合フルイニング出場は慶大の高橋由伸以来であった。東京六大学野球ベストナインを5回受賞。日米大学野球選手権大会や世界大学野球選手権大会の日本代表でもレギュラーとして活躍した。4年春の早慶戦一回戦では、ホームスチールを成功させ、決勝点を導いた。上本博紀 フレッシュアイペディアより)

  • 上本博紀

    上本博紀から見た前田大和

    には、オープン戦の守備中に左肘内側の副靱帯を痛めたため、開幕一軍を逃した。7月1日に出場選手登録。8月の長期ロードから不振の平野に代わって「1番・二塁手」としてスタメン起用されると、同じ頃に「2番・中堅手」に定着した大和と共に、不動の俊足1・2番コンビとして活躍した。上本博紀 フレッシュアイペディアより)

  • 上本博紀

    上本博紀から見た高橋由伸

    その後早稲田大学(スポーツ科学部)に進学し、鳥谷敬や田中浩康が抜けた内野で1年からレギュラー出場し、4年まで全104試合にフルイニング出場を果たした。4年次には主将も務めた。通算411打数109安打、打率.265、4本塁打、46打点。通算109安打は歴代13位の記録、また全試合フルイニング出場は慶大の高橋由伸以来であった。東京六大学野球ベストナインを5回受賞。日米大学野球選手権大会や世界大学野球選手権大会の日本代表でもレギュラーとして活躍した。4年春の早慶戦一回戦では、ホームスチールを成功させ、決勝点を導いた。上本博紀 フレッシュアイペディアより)

  • 上本博紀

    上本博紀から見た広島東洋カープ

    上本 博紀(うえもと ひろき、1986年7月4日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手(内野手)。実弟は2013年から広島東洋カープに所属する上本崇司。上本博紀 フレッシュアイペディアより)

  • 上本博紀

    上本博紀から見た大原慎司

    、5月15日中日戦で鳥谷が負傷交代した際の代打に送られ、そのまま遊撃の守備に就いた。その試合では5回に決勝点を挙げ、8回にも追加点の得点ランナーになるなどの活躍をした。その後も鳥谷復帰まで遊撃手としてスタメン出場を続けた。7月1日に倉敷マスカットスタジアムでの横浜戦で、大原慎司からプロ入り初の本塁打を放ち、7月27日の甲子園での中日ドラゴンズ戦でチェン・ウェインから自身本拠地初・プロ入り2号となる満塁本塁打を打った(この満塁本塁打は阪神選手ではこのシーズン初(結果的には唯一)の本拠地での満塁本塁打)。上本博紀 フレッシュアイペディアより)

  • 上本博紀

    上本博紀から見た東京ヤクルトスワローズ

    、新井やチームメイトで高校の先輩でもある金本知憲らと共に元日から広島市内のジム「アスリート」で始動。7月8日の東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初出場を果たした。7月9日の横浜ベイスターズ戦で8回から代走で出場し、二塁への盗塁を決めた際、相手捕手橋本将の送球が上本の身体に当たり外野に転がる間に一気に本塁へ生還。プロ初盗塁が初得点、さらにこの試合の決勝点となり、プロ2試合目で甲子園のヒーローインタビューに立った。さらに8月25日の広島戦では、梅津智弘からプロ初安打を放つとともに初打点も記録。続く9月5日に地元広島で行われた広島戦において、前日死球を受け欠場した平野に代わり8番・二塁でプロ初スタメン出場、プロ初猛打賞を記録した。上本博紀 フレッシュアイペディアより)

  • 上本博紀

    上本博紀から見た阪神甲子園球場

    、新井やチームメイトで高校の先輩でもある金本知憲らと共に元日から広島市内のジム「アスリート」で始動。7月8日の東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初出場を果たした。7月9日の横浜ベイスターズ戦で8回から代走で出場し、二塁への盗塁を決めた際、相手捕手橋本将の送球が上本の身体に当たり外野に転がる間に一気に本塁へ生還。プロ初盗塁が初得点、さらにこの試合の決勝点となり、プロ2試合目で甲子園のヒーローインタビューに立った。さらに8月25日の広島戦では、梅津智弘からプロ初安打を放つとともに初打点も記録。続く9月5日に地元広島で行われた広島戦において、前日死球を受け欠場した平野に代わり8番・二塁でプロ初スタメン出場、プロ初猛打賞を記録した。上本博紀 フレッシュアイペディアより)

  • 上本博紀

    上本博紀から見た白濱裕太

    広陵高等学校時代には1年夏から甲子園に4季連続で出場し、2003年春の甲子園では1番打者として西村健太朗、白濱裕太らと共に優勝に貢献。21打数で選抜大会の個人最多安打記録タイまであと1安打に迫る12安打、3打点と活躍。同年の夏の甲子園ではチームは2回戦で敗退するものの、先頭打者本塁打を含む10打席連続出塁(6打数6安打4四球1本塁打)を記録した。その年に行われたアジアAAA選手権に2年生ながら日本代表として選ばれ、最優秀守備選手賞を獲得。主将を務めた2004年春の甲子園には、チームの捕手不足のためコンバートされ、3番・捕手として出場した。この大会で、過去の甲子園大会で記録してきた10打席連続出塁を東邦高校のエース岩田慎司に止められた。上本博紀 フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示

「上本博紀」のニューストピックワード