75件中 31 - 40件表示
  • BLOGOS

    BLOGOSから見た上杉隆上杉隆

    掲載した記事を巡って、上杉隆が提訴している。BLOGOS フレッシュアイペディアより)

  • 王丹

    王丹から見た自由報道協会上杉隆

    2012年7月に国際人権団体アムネスティ・インターナショナル日本支部と映画会社シグロの招聘で初来日。慶応義塾大学、東京工業大学、日本外国特派員協会、自由報道協会で講演したほか、NHKや主要全国紙、通信社の取材を受けた。また自身が出演する翰光監督の映画「亡命」上映会に登壇し、日本人、在日中国人の双方から反響を呼んだ。中国民主化・人権問題に関してはインターネットの重要性を強調し、辛亥革命期に日本人の協力を得ていた孫文を引き合いに出して、日本国内での中国内情への関心を訴えている。王丹 フレッシュアイペディアより)

  • 小島慶子 キラ☆キラ

    小島慶子 キラ☆キラから見た上杉隆上杉隆

    火曜日:上杉隆(時事問題、2009年3月31日 - 2011年3月29日)小島慶子 キラ☆キラ フレッシュアイペディアより)

  • 高井英樹

    高井英樹から見た上杉隆上杉隆

    自由報道協会代表の上杉隆は、高井をスピン・ドクター(情報操作の専門家)として評している。高井英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 八木啓代

    八木啓代から見た上杉隆上杉隆

    『リアルタイムメディアが動かす社会 市民運動・世論形成・ジャーナリズムの新たな地平』常岡浩介,上杉隆,岩上安身,すがやみつる,渋井哲也,郷原信郎,津田大介共著 東京書籍 2011八木啓代 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅久之

    三宅久之から見た上杉隆上杉隆

    ほかの政治評論家と同様、100万円の内閣官房報償費(官房機密費)の提供を受けていた(らしい)ことが写真週刊誌フォーカス(現在は休刊)の2000年(平成12年)5月31日号「極秘メモ流出!内閣官房機密費をもらった政治評論家の名前」で紹介されている。ただし本人は、まったくの誤報だと主張して、早稲田大学の学生時代からの知り合いの藤波孝生衆議院議員が官房長官だったときに、「講演を2つ頼まれているが、官房長官は東京を離れるわけにはいかないので、代わりに肩代わりしてくれないか」と代役を頼まれ講演に行ったら、後日、藤波官房長官の事務所から議員秘書が講演料を届けにきて、代役で受けた講演の対価として講演料を受領しただけの話で、官房機密費とは知らなかったと否定している(「たかじんのそこまで言って委員会」2010年5月16日放送より)。この説明に対して、同番組にも出演していたジャーナリストの上杉隆は週刊ポスト誌上で行った取材に対して「(代理講演を)引き受けることにしたら秘書が100万円を持ってきた。藤波のポケットマネーだと思って受け取りました。領収証も書いていない」と答えた三宅の発言を紹介して、内閣官房からの領収書のないカネは機密費の可能性が極めて高くて、さらには税務申告を怠って所得税法違反の可能性すらあるという指摘をしている。三宅久之 フレッシュアイペディアより)

  • 武部勤

    武部勤から見た上杉隆上杉隆

    ジャーナリストの上杉隆によれば、2003年の時点で政治資金管理団体を50個作っていた。武部勤 フレッシュアイペディアより)

  • 南房総市

    南房総市から見た自由報道協会上杉隆

    竹内恒雄(音楽ジャーナリスト、記者自由報道協会専門:ABBA/マンマ・ミーア/海外ドラマ)南房総市 フレッシュアイペディアより)

  • 久米宏

    久米宏から見た上杉隆上杉隆

    久米宏 ニュースショーの孤独な道化師(上杉隆、「文藝春秋」2003年8月号)久米宏 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の新聞

    日本の新聞から見た上杉隆上杉隆

    近年、日本の新聞は諸問題を抱え、諸外国同様に過渡期を迎えている。記者クラブ問題などから、上杉隆など、新聞に対する信憑性を疑問視する論客も多くなった。再販売価格維持制度も新聞販売店を圧迫するなどしており、新聞の売れ残りを地域の新聞販売店が負担させられてしまうとして問題になっている。別の一方で石巻日日新聞が東日本大震災時に壁新聞で被災者に情報を伝えたことが「信頼できる情報源」として評価され、国際新聞編集者協会の特別賞を受賞するなど、報道が評価されることもある。また、日本経済新聞・産経新聞のように、電子媒体で部数を伸ばす新聞も増えてきた。日本の新聞 フレッシュアイペディアより)

75件中 31 - 40件表示

「上杉隆」のニューストピックワード