76件中 61 - 70件表示
  • 世襲政治家

    世襲政治家から見た上杉隆上杉隆

    上杉隆「世襲議員のからくり」(文春新書)世襲政治家 フレッシュアイペディアより)

  • 福島放送

    福島放送から見た上杉隆上杉隆

    2012年(平成24年)1月1日 『朝まで生テレビ!元旦スペシャル』が司会の田原総一朗やゲストに山本太郎、上杉隆、森まさこなどを招いて福島放送のスタジオを中心に行われ、全国に生放送をした。主に「福島第一原子力発電所事故」の話題を中心に福島県民もスタジオに招いて討論が行われた。福島放送 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (日本 1996-1998)

    民主党 (日本 1996-1998)から見た上杉隆上杉隆

    当時鳩山邦夫の秘書であった上杉隆によると、結党時に25億円の費用が掛かり、うち15億円を鳩山家からの、残りの10億円を連合からの借り入れで賄ったという(現在は返済済み)。民主党 (日本 1996-1998) フレッシュアイペディアより)

  • 三宅久之

    三宅久之から見た上杉隆上杉隆

    ほかの政治評論家と同様、100万円の内閣官房報償費(官房機密費)の提供を受けていた(らしい)ことが写真週刊誌フォーカス(現在は休刊)の2000年(平成12年)5月31日号「極秘メモ流出!内閣官房機密費をもらった政治評論家の名前」で紹介されている。ただし本人は、まったくの誤報だと主張して、早稲田大学の学生時代からの知り合いの藤波孝生衆議院議員が官房長官だったときに、「講演を2つ頼まれているが、官房長官は東京を離れるわけにはいかないので、代わりに肩代わりしてくれないか」と代役を頼まれ講演に行ったら、後日、藤波官房長官の事務所から議員秘書が講演料を届けにきて、代役で受けた講演の対価として講演料を受領しただけの話で、官房機密費とは知らなかったと否定している(「たかじんのそこまで言って委員会」2010年5月16日放送より)。この説明に対して、同番組にも出演していたジャーナリストの上杉隆は週刊ポスト誌上で行った取材に対して「(代理講演を)引き受けることにしたら秘書が100万円を持ってきた。藤波のポケットマネーだと思って受け取りました。領収証も書いていない」と答えた三宅の発言を紹介して、内閣官房からの領収書のないカネは機密費の可能性が極めて高くて、さらには税務申告を怠って所得税法違反の可能性すらあるという指摘をしている。三宅久之 フレッシュアイペディアより)

  • ソラノート

    ソラノートから見た上杉隆上杉隆

    2010年2月28日、ジャーナリストの田原総一朗、上杉隆、メディアジャーナリストの津田大介、衆議院議員の河野太郎ら出演のスペシャル番組「朝までダダ漏れ討論会」をUstreamを通じて配信。同年7月22日、そらの名義で、『USTREAMそらの的マニュアル』(インフォレスト)を刊行。ソラノート フレッシュアイペディアより)

  • friends after 3.11 劇場版

    friends after 3.11 劇場版から見た上杉隆上杉隆

    上杉隆 :社団法人自由報道協会代表friends after 3.11 劇場版 フレッシュアイペディアより)

  • TSUNAMI

    TSUNAMIから見た上杉隆上杉隆

    ジャーナリストの上杉隆は、TOKYO FM『TIME LINE』2012年1月4日放送分において本作品を取り上げ、「どうしても伝えたい思い」として、「歌詞をじっくり聴きなおし、かけるべきだ」として「日本社会において、本作に触れることがいけないようなムードになっていた」と前置きし、「歌詞を見ると、これこそ3.11被災について最も必要な曲ではないか?」と考え、「犠牲になった、苦しんでいる方へのメッセージ、命を落とした人々からの2012年を迎えた私たちに対する、『忘れないでくれ』というメッセージがこもっているのではないか?」と彼なりの解釈を加え敢えてOAに踏み切った。TSUNAMI フレッシュアイペディアより)

  • 池田信夫

    池田信夫から見た上杉隆上杉隆

    池田のブログ記事の一部をめぐり、上杉隆から名誉毀損で削除を求められていた裁判で、2015年3月16日、東京地裁は池田と上杉の双方に50万円を支払うよう命じた。一審では池田のブログ記事削除を命じられたが、池田は控訴した。池田信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の新聞

    日本の新聞から見た上杉隆上杉隆

    近年、日本の新聞は諸問題を抱え、諸外国同様に過渡期を迎えている。記者クラブ問題などから、上杉隆など、新聞に対する信憑性を疑問視する論客も多くなった。再販売価格維持制度も新聞販売店を圧迫するなどしており、新聞の売れ残りを地域の新聞販売店が負担させられてしまうとして問題になっている。別の一方で『石巻日日新聞』が東日本大震災時に壁新聞で被災者に情報を伝えたことが「信頼できる情報源」として評価され、国際新聞編集者協会の特別賞を受賞するなど、報道が評価されることもある。また、『日本経済新聞』・『産経新聞』のように、電子媒体で部数を伸ばす新聞も増えてきた。日本の新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 石原慎太郎

    石原慎太郎から見た上杉隆上杉隆

    上杉隆『石原慎太郎「5人の参謀」』(小学館文庫、2000年)石原慎太郎 フレッシュアイペディアより)

76件中 61 - 70件表示