101件中 21 - 30件表示
  • 上杉隆

    上杉隆から見た東京MXテレビ

    テレビ東京の『やりすぎコージー』や、東京MXテレビ『5時に夢中!』では「黒い池上彰」と名乗り、NHKに入社し、研修講師が報道局の池上彰だったと話している。しかし上杉氏は後にNHKには正式採用されていないことを認めている。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た岩上安身

    上杉が2010年2月3日のTwitterに、東京地検特捜部から『週刊朝日』編集部に出頭要請が来たことを記載した。『週刊朝日』は公式サイト「週刊朝日 談」にて出頭要請の事実を否定した。その後、ジャーナリストの岩上安身がTwitterに検察の出頭要請があったことは事実であることを記載し、検察が記者クラブを通じて朝日新聞本社に「圧力」を掛け、それに屈した朝日新聞本社が、『週刊朝日』に対して、出頭要請は伏せ検察から抗議文が来たことだけにしろと指示したことも記載した。上杉も、2010年2月3日午前10:56に東京地検から編集長に面会の要請があったことをTwitter上で記載している。  上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た池田信夫

    これに対し、元NHK報道局ディレクターの池田信夫は、朝日新聞東京本社のTwitterの出頭要請を否定した記載などを元に、『「検察が週刊朝日に出頭要請した」とかいうガセネタがツイッターをにぎわした』、『こういう噂があとを絶たないのは、検察取材をしたことのない上杉隆氏などの素人が「検察がマスコミを自由自在に操っている』と思っているからだろう」と自身のブログにて上杉を批判した。しかし後日ネット上にて上杉と討論した際、上杉から当該記述について取消しを求められ、自らの非を認めて取り消すことを約束した(しかし、2010年3月1日現在、記述は取り消されていない模様)。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た週刊文春

    2009年2月19日発売の『週刊文春』(2009年2月26日号)に「安倍、福田……ひ弱な二世をつくる「後援会」」と題する記事で、安倍元総理を批判した。これに対して安倍事務所は、「事実無根のでっち上げの捏造記事」として週刊文春編集部を通じて上杉に公開質問状を送付した。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見たPHP研究所

    政権交代の内幕 民主党は日本をどう変えるのか (PHP研究所 2009.10)上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た大和書房

    上杉隆の40字で答えなさい (大和書房、2010.10)上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見たビジネス社

    小鳥と柴犬と小沢イチローと 日本を面白くしてしまった政治家47人の罪と罰(ビジネス社、2010)上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た尾崎行雄

    上杉隆・咢堂塾特別公開講座「日本政治の行方」 2009.10.05 - YouTube 尾崎行雄 記念財団公式チャンネル上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た岩瀬達哉

    2008年12月、著書『ジャーナリズム崩壊』にて、朝日新聞の記者本多勝一と疋田桂一郎がフリージャーナリストの岩瀬達哉を名誉毀損で訴えたとして、名誉毀損で訴えたことは「言論の場での論争を放棄して、司法という権力に判定を委ねることは、反権力を標榜してきた「ジャーナリスト」にとって自殺行為」などと本多と疋田を批判した。しかし、本多が週刊金曜日12月19日号にて「『ジャーナリズム崩壊』に見るジャーナリスト崩壊」と題して、疋田が岩瀬に対する反論書を自費出版して、岩瀬がその反論書を名誉毀損として訴えたというのが事実であり、本多と疋田が訴えたとする上杉の記事は事実と違うと反論した。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た佐々木俊尚

    「火事場泥棒。言論の自由への挑戦。情報暗黒内閣の正体露に。 ⇒菅政権、震災のドサクサの中で「ネット規制強化法案」を閣議決定」との不確かな情報を発信(閣議決定したのは震災発生の数時間前)し、佐々木俊尚にデマだと指摘された。これに対しては自身ではなく週刊ポストの誤報であるとツイートしたり、誤報ではあるが日付を間違えただけでデマではないとしている。また、佐々木に対して政府公認安全デマアカウントに認定されましたと批判している。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

101件中 21 - 30件表示

「上杉隆」のニューストピックワード