101件中 41 - 50件表示
  • 上杉隆

    上杉隆から見た動画共有サービス

    twitterのヘビーユーザーで活用し、マスコミ上で発言をする際にもtwitterの“つぶやき”を多く引用している。また、ニコニコ動画やUstreamなどの動画共有サービスにて情報を配信するなどネットメディアを既存のマスコミに代わるメディアとして可能性を高く評価している。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見たやりすぎコージー

    テレビ東京の『やりすぎコージー』や、東京MXテレビ『5時に夢中!』では「黒い池上彰」と名乗り、NHKに入社し、研修講師が報道局の池上彰だったと話している。しかし上杉氏は後にNHKには正式採用されていないことを認めている。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た外務省

    2008年10月21日発売の『週刊朝日』(2008年10月31日号)「麻生『外交』敗れたり」において、上杉は、担当記者とのオフレコ懇談会で外務省齋木昭隆アジア大洋州局長が、「いい加減な記事を書くな」と激高したこと、匿名の外務省幹部が「中曽根外相ほど無能な大臣も珍しい」と述べたことを書いた。外務省は、10月22日、「(斎木局長の)発言内容も激高したという点も、いずれも事実と異なる」、外務省幹部の大臣に関する発言も、「幹部が上杉氏の取材を受けた事実は確認されず、信憑性は疑問だ」と、朝日新聞出版に対し、記事内容についての抗議を行い、訂正を求めた。これに対し上杉は、『週刊朝日』(2008年11月7日号)において、懇談会の様子と斎木局長の発言内容、匿名の外務省幹部の発言「『無能』じゃないよ、『低能』って言ったんだよ(笑)」を記述し、反論している。その後、鈴木宗男衆議院議員より、「外務省についてのマスコミ報道に対する同省の対応ぶりに関する質問主意書」が提出され、政府は、斎木局長の発言事実はなかったとする答弁書を閣議決定している。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見たすばる望遠鏡

    小学生時代は、新宿区内で軟式少年野球チームでサードを守り、キャプテンを務めていた。小学校6年生当時の夢は「野球選手」だったが、卒業アルバムに記すのに皆と同じでは面白くないと思い、兼高かおる世界の旅を観て世界を旅する職業に憧れ、「ジャーナリスト」と書いたという。しかし、中学校入学後はサッカー選手や講談社のブルーバックスに手が伸びすばる望遠鏡やゴルファーになりたいと考えていた。また小学校時代には書道で2回の入賞歴がある。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た弁護士

    『報道2001』から『新報道2001』にリニューアルされ、竹村健一の代わりに毎週出演していた。しかし2009年3月15日の放送で検事の実名を挙げて検察を批判した際、笹川堯自由民主党総務会長、弁護士の宗像紀夫から猛抗議を受け、同番組を降板した。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た記者クラブ

    多くの著書や連載で、「記者クラブ」が省庁などの記者会見を主催し、日本の大手メディアに属す記者クラブメンバーのみの参加者・質問者、という日本の制度を批判している。ニューヨークタイムス、ワシントンポストなど海外大手メディアも記者クラブには入れないため、上杉は、直接会見に参加できないことがアジア支社の日本完全撤退・縮小の原因となったと主張している。上杉は記者クラブ制度について、世界の中で日本とアフリカ・ガボン共和国の2カ国のみに存在する制度であるとの説を唱え、記者会見でも政治家、大臣に対し会見の開放を求める立場から質問。2009年の民主党による政権獲得以降、複数の省庁が記者会見をオープンにしたり、フリー記者やネットメディアを対象とした懇談を行うきっかけとなった。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見たニコニコ動画

    twitterのヘビーユーザーで活用し、マスコミ上で発言をする際にもtwitterの“つぶやき”を多く引用している。また、ニコニコ動画やUstreamなどの動画共有サービスにて情報を配信するなどネットメディアを既存のマスコミに代わるメディアとして可能性を高く評価している。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た2011年東京都知事選挙

    2011年4月の東京都知事選における期日前投票期間中には、東京電力の第5位株主が石原慎太郎都知事であるとの誤報を発信した(これに対し、「【記者クラブ的お詫び】先程のリツイートに誤解をまねくものがありました。お詫びして訂正します。 」とのツイートは行われている)。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た質問主意書

    2008年10月21日発売の『週刊朝日』(2008年10月31日号)「麻生『外交』敗れたり」において、上杉は、担当記者とのオフレコ懇談会で外務省齋木昭隆アジア大洋州局長が、「いい加減な記事を書くな」と激高したこと、匿名の外務省幹部が「中曽根外相ほど無能な大臣も珍しい」と述べたことを書いた。外務省は、10月22日、「(斎木局長の)発言内容も激高したという点も、いずれも事実と異なる」、外務省幹部の大臣に関する発言も、「幹部が上杉氏の取材を受けた事実は確認されず、信憑性は疑問だ」と、朝日新聞出版に対し、記事内容についての抗議を行い、訂正を求めた。これに対し上杉は、『週刊朝日』(2008年11月7日号)において、懇談会の様子と斎木局長の発言内容、匿名の外務省幹部の発言「『無能』じゃないよ、『低能』って言ったんだよ(笑)」を記述し、反論している。その後、鈴木宗男衆議院議員より、「外務省についてのマスコミ報道に対する同省の対応ぶりに関する質問主意書」が提出され、政府は、斎木局長の発言事実はなかったとする答弁書を閣議決定している。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た東日本大震災

    2011年3月に発生した東日本大震災直後より、twitterを通して現地から次々と寄せられる深刻な状況を、情報が取れず被害状況を過小評価していた政府へ伝えようと奔走した。一方で、内容の正確性や事実関係の確認が疑問視されたリツイートもあり、“デマ”を流したなどの物議をかもした。池田信夫からはデマゴーグだと批判されている。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

101件中 41 - 50件表示

「上杉隆」のニューストピックワード