272件中 31 - 40件表示
  • ウシウマ

    ウシウマから見た恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    しかし1869年(明治元年)、芦野牧が廃止されると、以後は島内住民の繁殖に対する関心が急速に薄れ、頭数が急減。これを憂えた安城村の士族田之七之助が島内で自由繁殖を試みて頭数確保に尽力し、上野動物園への寄贈や、鳴尾競馬場での単走競馬などを行って人々の関心喚起を図った。こうした活動を経て1931年(昭和6年)に国の天然記念物に指定されたが、1942年(昭和17年)に勃発した太平洋戦争による食糧難により、残った個体も食用に供されるなどし、終戦後の1946年(昭和21年)6月頃、西之表で飼育の最後の個体が死に、ウシウマは絶滅した。天然記念物の指定は1956年に解除されている。ウシウマ フレッシュアイペディアより)

  • トカラ馬

    トカラ馬から見た恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    中之島と本土と合わせた総頭数は、107頭に増加している(2002年現在)。また、2007年10月には、上野動物園でオス1頭の飼育・展示が開始されたほか、鹿児島市平川動物公園(メス3頭)でもトカラ馬の飼育・展示が行われている。トカラ馬 フレッシュアイペディアより)

  • フォッサ

    フォッサから見た恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    日本では唯一恩賜上野動物園がフォッサを飼育展示している(2014年現在)フォッサ フレッシュアイペディアより)

  • 宇田川竜男

    宇田川竜男から見た上野動物園恩賜上野動物園

    1937年 東京獣医畜産大学(後の日本大学農獣医学部獣医学科)卒。上野動物園勤務。宇田川竜男 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋峯吉

    高橋峯吉から見た恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    高橋 峯吉(たかはし みねきち、1881年(明治14年) - 1964年(昭和39年)4月6日)は、恩賜上野動物園で飼育係を務めていた人物である高橋峯吉 フレッシュアイペディアより)

  • 平原敬作

    平原敬作から見た恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    東京市職員として、同市公園課勤務時代、恩賜上野動物園の猿山や、伊豆大島の黒潮小屋(現・椿資料館)、1941年には西郷隆盛の甥、従徳の渋谷邸を設計。平原敬作 フレッシュアイペディアより)

  • サンプラザ中野のオールナイトニッポン

    サンプラザ中野のオールナイトニッポンから見た恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    1986年6月1日に東京都の上野動物園で生まれ、一般公募していたジャイアントパンダの赤ちゃんの名前を『ズイズイ』(当時中野が口癖のように使っていた「どんどん」を意味する言葉)にしようとして立ち上げた企画。番組で呼びかけた甲斐もあり(中野も『オールナイトフジ』出演時に頭に『ズイズイ』と書いてアピールした)、公募件数で第2位となったが、特定の番組内での組織票ということで却下され、パンダの名前は公募第1位の『トントン(童童)』に決まった。サンプラザ中野のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • サンスター文具

    サンスター文具から見た上野動物園恩賜上野動物園

    「アーム筆入」発売開始。ポリカーボネート樹脂を採用し、1.5トンの荷重に耐える商品で、「象が踏んでも壊れない」というキャッチコピーのTVCMで有名に。2015年現在も、「NEWアーム筆入」として現行商品に名を連ねている。実際に象に筆箱を踏ませるCMを撮影し放映していた。「アーム」はプロレスラーがお互いに腕を組み合う状態で、腕の筋肉がピクピク動くことに「力強さ」を感じて命名したとのこと。また当時のCMに登場した象は最初は伊豆シャボテン公園で飼育されていたもので、後に上野動物園の象も登場した。サンスター文具 フレッシュアイペディアより)

  • 口之島牛

    口之島牛から見た東京都恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    2008年、メス1頭が東京都恩賜上野動物園に貸与され、展示中。口之島牛 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤ルネ

    内藤ルネから見た上野動物園恩賜上野動物園

    1971年、イギリスのロンドン動物園で初めて見たジャイアントパンダ(チチ、アンアン)からキャラクターのルネパンダを生み出した。翌1972年に日中国交正常化を記念して中国政府から2頭のジャイアントパンダ(カンカン、ランラン)が東京の上野動物園に贈られることになると日本にパンダブームが起こり、ぬいぐるみ、陶器人形、文具などのルネパンダのグッズ類が大人気となった。内藤ルネ フレッシュアイペディアより)

272件中 31 - 40件表示

「上野動物園」のニューストピックワード