272件中 51 - 60件表示
  • スージー (チンパンジー)

    スージー (チンパンジー)から見た上野動物園恩賜上野動物園

    スージーはこの自転車に乗って、住居としていた類人猿舎と野外劇場の間を往復していた。野外劇場でのステージが終わると、飼育事務所に立ち寄って、当時飼育課長を務めていた林寿郎(後に上野動物園園長及び多摩動物公園初代園長となった)から10円玉1個を受け取り、売店に立ち寄ってキャラメルを購入することを日課にしていた。売店でもスージーの用件を心得ていて、キャラメルとおつりを手渡した。スージーは飼育事務所に戻ると、おつりを付き添っていた飼育係に渡し、それからキャラメルの箱を開けていた。スージーのこの行動は、飼育係が売店でキャラメルを購入するのを見ていて覚えたものだった。スージーは購入したキャラメルを時折他の飼育係にもプレゼントすることがあったが、その対象者は限られており、いつしか飼育係たちの間ではスージーからのキャラメルプレゼントがステータスシンボルとなっていた。当時上野動物園に獣医として勤務していた中川志郎(後に多摩動物公園園長、上野動物園園長、茨城県自然博物館館長、日本博物館協会会長などを歴任した)は、1954年7月29日に突然スージーからキャラメルを差し出されて驚いたという。後に中川は著書で「あんなに美味しいキャラメルを食べたことがない」とその感激を記している。スージー (チンパンジー) フレッシュアイペディアより)

  • トンキー物語

    トンキー物語から見た上野動物園恩賜上野動物園

    『トンキー物語』(トンキーものがたり )は、戦時中上野動物園で起こった動物の殺処分を題材にした日本の短編漫画作品。作家は飯森広一。原作は福田三郎元園長代理の『実録上野動物園』。集英社「週刊少年ジャンプ」1971年51号に掲載された。また同原作は石川球太により「さよならトンキー」という表題で小学館「小学四年生」1967年4月号に掲載されていた。トンキー物語 フレッシュアイペディアより)

  • パンダのこ

    パンダのこから見た恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    短期連載の開始直前には、上野動物園のパンダ「シンシン」が妊娠・出産、そして初回掲載誌発売前日にそのパンダの赤ちゃんが死亡するといった状況での連載開始となったため、タイミングの悪さが話題となった。パンダのこ フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニアアシカ

    カリフォルニアアシカから見た恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    ファイル:カリフォルニアアシカ.jpg|幼獣/日本の恩賜上野動物園カリフォルニアアシカ フレッシュアイペディアより)

  • カバ園長の動物園日記

    カバ園長の動物園日記から見た上野動物園恩賜上野動物園

    上野動物園で飼育員を務め、東武動物公園の初代園長となった西山登志雄を描いた作品。西山の声はクレージーキャッツのハナ肇が演じた。カバ園長の動物園日記 フレッシュアイペディアより)

  • 北限のサル

    北限のサルから見た上野動物園恩賜上野動物園

    上野動物園 - サル山で展示されているのは北限のサルである。北限のサル フレッシュアイペディアより)

  • 戦士の逸品

    戦士の逸品から見た恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    小宮輝之(上野動物園園長、2010年8月10日)戦士の逸品 フレッシュアイペディアより)

  • 十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ

    十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロから見た恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    File:Ruddy Kingfisher Tokyo.jpg|「キョロロ」と鳴くアカショウビン(上野動物園十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ フレッシュアイペディアより)

  • 激烈バカ

    激烈バカから見た上野動物園恩賜上野動物園

    パンダのキャラクター。セクハラばかりのエロキャラクターだったが、連載中盤で上野動物園のパンダトントンが実はメスであったことが発覚。以後は自分の体を手鏡で見て欲情するようになる。激烈バカ フレッシュアイペディアより)

  • ゾウの糞のリサイクル

    ゾウの糞のリサイクルから見た恩賜上野動物園恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園や千葉県の市原ぞうの国などでは、ゾウの糞のリサイクルペーパーが用いられる。ゾウの糞のリサイクル フレッシュアイペディアより)

272件中 51 - 60件表示

「上野動物園」のニューストピックワード