240件中 21 - 30件表示
  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見た粟田彰常

    粟田彰常 - 元皇族・侯爵・陸軍大尉。戦後、東京農業大学を卒業後東京都庁を経て飼育係として勤務し、ニワトリやヤギなど多くの生き物の飼育を担当した。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たタイマイ

    1903-1935年 - キリン、カバ、チンパンジー、ゴールデンライオンタマリン、テングザル、メガネザル、レッサーパンダ、ナマケモノ、センザンコウ、タイマイ、クロツラヘラサギ、モリバトなどが来園。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たヒグマ

    1943年8-9月 - 東京都長官・大達茂雄の命により、ゾウ(ワンリーとトンキー)、ヒグマ、ツキノワグマ、ライオン、ヒョウ、クロクマ、トラ、チーター、ホッキョクグマ、ガラガラヘビ、ニシキヘビ、マレーグマ、アメリカバイソンなど14種27頭が戦時猛獣処分される。1944-1945年には餌不足により一部動物が処分される。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たメジロ

    主な動物 - ルリカケス、シロハラクイナ、メジロ、ヤマガラ、スズメ、ウグイス、アカショウビン、カワセミ等恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見た二・二六事件

    1936年、園内からクロヒョウが逃げ出し、警視庁の特別警備隊が出動する騒ぎとなった(上野動物園黒ヒョウ脱走事件)。この事件は阿部定事件、二・二六事件とあわせて「昭和11年の三大事件」と呼ばれている。このヒョウは排水溝に隠れていたところを捕獲されたが、後の戦時中における園飼育動物の殺害決定にはこの事件が影響したといわれている。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たカピバラ

    主な動物 - アフリカタテガミヤマアラシ、カピバラ、アグー、アヨー、ラマ、アルパカ、日本在来馬、見島牛、キタヤマドリ、ソデグロバト、フクロウ、オオコノハズク、オシドリ、インカアジサシ、トカラヤギ、コリデール、エミュー、オナガドリ、シチメンチョウ、コールダック、ウサギ、モルモット、ハツカネズミ、チンチラ、クサガメ、メダカ等恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たニホンコウノトリ

    主な動物 - タンチョウ、シジュウカラガン、サカツラガン、ニホンコウノトリ、モモイロペリカン恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たレッサーパンダ

    1903-1935年 - キリン、カバ、チンパンジー、ゴールデンライオンタマリン、テングザル、メガネザル、レッサーパンダ、ナマケモノ、センザンコウ、タイマイ、クロツラヘラサギ、モリバトなどが来園。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たワオキツネザル

    主な動物 - ワオキツネザル、エリマキキツネザル、フォッサ、マダガスカルトキ、アイアイ、ハイイロジェントルキツネザル、クロキツネザル、ホウシャガメ等恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たファンジとグレー

    1907年 - キリンが2頭来園(ファンジとグレー)。当初ラクダ小舎の天井を除き、柱を継ぎ足した仮設キリン舎で飼育された。この年入場者数が初めて100万人を超えた。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

240件中 21 - 30件表示

「上野動物園」のニューストピックワード