214件中 21 - 30件表示
  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見た宇田川竜男

    宇田川竜男 - 麻布大学名誉教授。東京獣医畜産大学を卒業後勤務する。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見た林寿郎

    歴代園長 - 古賀忠道(初代、1937-1962年)・ 林寿郎(2代、1962-1966年3月)・今泉英一(3代、1966年4月1日-1969年12月10日)・浅野三義(第4代、1969年12月11日-1972年11月30日)・石内展行(5代、1972年12月1日-1978年5月31日)・浅倉繁春(6代、1978年6月1日-1987年5月31日)・中川志郎(7代、1987年6月1日-1990年7月31日)・田代和治(8代、1990年8月1日-1992年6月30日)・増井光子(9代、1992年7月1日-1995年5月31日)・齋藤勝(10代、1995年6月1日-1998年)・安部義孝(11代、1998年-2000年)・菅谷博(12代、2000-2004年)・小宮輝之(13代、2004-2011年7月31日)・土居利光(14代、2011年8月1日-)恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たライチョウ

    主な動物 - ホッキョクグマ、カリフォルニアアシカ、ゼニガタアザラシ、スバールバルライチョウ、シロフクロウ恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たタイマイ

    1903-1935年 - キリン、カバ、チンパンジー、ゴールデンライオンタマリン、テングザル、メガネザル、レッサーパンダ、ナマケモノ、センザンコウ、タイマイ、クロツラヘラサギ、モリバトなどが来園。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たセンザンコウ

    1903-1935年 - キリン、カバ、チンパンジー、ゴールデンライオンタマリン、テングザル、メガネザル、レッサーパンダ、ナマケモノ、センザンコウ、タイマイ、クロツラヘラサギ、モリバトなどが来園。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たヒグマ

    1943年8-9月 - 東京都長官・大達茂雄の命により、ゾウ(ワンリーとトンキー)、ヒグマ、ツキノワグマ、ライオン、ヒョウ、クロクマ、トラ、チーター、ホッキョクグマ、ガラガラヘビ、ニシキヘビ、マレーグマ、アメリカバイソンなど14種27頭が戦時猛獣処分される。1944-1945年には餌不足により一部動物が処分される。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見た東武動物公園

    西山登志雄 - 東武動物公園初代園長・名誉園長。上野動物園ではカバの担当飼育員だったため、後に「カバ園長」として有名になる。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見た二・二六事件

    1936年、園内からクロヒョウが逃げ出し問題となった(上野動物園黒ヒョウ脱走事件)。この事件は阿部定事件、二・二六事件とあわせて「昭和11年の三大事件」と呼ばれている。このヒョウは排水溝に隠れていたところを捕獲されたが、後の戦時中における園飼育動物の殺害決定にはこの事件が影響したと言われている。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見た下北半島

    下北半島産のニホンザル「北限のサル」を展示。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たアホウドリ

    1883-1901年 - アジアゾウ、トラ、ヒョウ、シフゾウ、ハリモグラ、ニホンオオカミ、アホウドリ、ウシウマ、トキ、シマフクロウなどが来園。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

214件中 21 - 30件表示

「上野動物園」のニューストピックワード