335件中 111 - 120件表示
  • 東京音楽学校 (旧制)

    東京音楽学校 (旧制)から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    1887年設立時の校地は音楽取調掛の所在地であった東京府下谷区(現・東京都台東区)の上野公園東四軒寺跡地であったが、1890年には同じく上野公園内の西四軒寺跡の文部省用地に122坪の校舎・奏楽堂が建設されてこの地に移転・開校、新制移行後の東京芸術大学音楽学部の校地(現・上野キャンパス)として継承され、さらに東京美術学校の敷地の一部(現上野音楽学部キャンパスのうち、美術学部と接する部分、約半分強)が音楽学部に移管され、現在に至っている。なお開校時の本館・奏楽堂は上野公園内に移築され「旧東京音楽学校奏楽堂」として現存している。東京音楽学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 恩田文舟

    恩田文舟から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    歌川芳延の門人。恩田定次郎の男。文延、文舟、また幹延とも号す。東京府浅草区浅草聖天町に住んでいた。明治6年(1873年)に三囲神社境内に建立された歌川国芳の碑背に「芳延社中」として文延の名がみられる。また明治17年(1884年)4月に上野公園で開催された第2回内国絵画共進会に「恩田文舟」の名で「人物・虎」という作品を出品している。なお、同共進会には師の芳延も「人物・狸」という作品を出品している。恩田文舟 フレッシュアイペディアより)

  • カッキーケムケム 突然ですが、お邪魔いたします

    カッキーケムケム 突然ですが、お邪魔いたしますから見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    第7回(2013年12月14日):上野公園 国立科学博物館「特別展『大恐竜展』―ゴビ砂漠の脅威―」の会場から白鵬(『大恐竜展』の広報大使)がゲスト。/担当・垣花カッキーケムケム 突然ですが、お邪魔いたします フレッシュアイペディアより)

  • 園田天光光

    園田天光光から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    戦後は川崎市稲田堤に疎開し、戦争で生き残ったことに対する罪悪感のような思いに苛まれながら過ごしていたが、1945年10月1日の朝、ラジオ番組で「上野公園で餓死者が累々と横たわっている」との復員軍人の投書が放送されるのを聞き、すぐさま父親とともに、生まれ故郷の上野に赴いた。そこで飢餓で苦しむ路上の人々をつぶさにし、帰宅途上新宿で途中下車し、街頭で現状の危機打開を熱っぽく呼びかけた。やがて彼女の演説に共鳴した人々とともに「餓死防衛同盟」を結成し、食料の調達ルートの開拓や、官庁・議会への陳情・デモを行った。園田天光光 フレッシュアイペディアより)

  • お化け灯籠

    お化け灯籠から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    お化け灯籠(おばけどうろう)は、東京都台東区の上野公園内にある灯籠(とうろう)で、佐久間勝之(さくまかつゆき)が奉納したもの。銅灯籠や石灯籠と離れたところにある。おばけというのは、おばけのように大きく、高さが6.06mもあるからそのような名前がついた。また、笹石の周囲は3.36mで非常に大きい。お化け灯籠 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアウトサイダー・アート

    日本のアウトサイダー・アートから見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    1999年(平成11年)- 東京都台東区上野公園の東京都美術館にて、『「このアートで元気になる エイブル・アート'99」展』日本のアウトサイダー・アート フレッシュアイペディアより)

  • リンリン (ジャイアントパンダ)

    リンリン (ジャイアントパンダ)から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    リンリン(陵陵、Ling Ling、1985年9月5日 - 2008年4月30日)は、中国産まれで東京都台東区上野公園内の東京都恩賜上野動物園で飼育されていた雄のジャイアントパンダである。リンリン (ジャイアントパンダ) フレッシュアイペディアより)

  • 田中栄一

    田中栄一から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    第二次世界大戦後、東京都経済局長のとき、安井誠一郎知事の推挙により1948年警視総監に就任する。同年11月22日には上野公園を視察中男娼に取り囲まれ殴打されるという椿事が起きる。在職中は一貫して左翼運動について強い姿勢で取り締まりを行い、東大ポポロ事件では「治安目的の警察官の大学内への立ち入りは当然」と発言するなどした。その一方で、第一線の老刑事や婦人警官を総監室へ招いて苦労話を熱心に聞くなどし、「人情総監」と親しまれる一面もあった。田中栄一 フレッシュアイペディアより)

  • 常陸丸事件

    常陸丸事件から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    しかし第二艦隊がウラジオ艦隊を取り逃がしたことが伝えられると、激昂した民衆が留守の上村の自宅を襲撃した。留守宅には石を投げつけられ、切腹勧告状の類や「腹を切れ」という意味合いで本物の短刀を投げ込む者も現れた。代議士が開く演説会でも「濃霧濃霧と言えども、逆さに読めば無能なり」云々と煽り立てた。第二艦隊は「ロシアの探偵」、すなわち「露探艦隊」と呼ばれることとなり、ついには「上野に鳥が出たからと言って、新橋から駆けつけても間に合うわけがない」といった意味の投書まで寄せられた。もっとも、半藤一利は「通信網や命令系統に問題があったのであって、第二艦隊が無能だったわけではない」と擁護している。また、第二艦隊の担当海域が広すぎたことと濃霧も要因だったが、いずれにせよ民衆がこういった事情を知ることはなかった。常陸丸事件 フレッシュアイペディアより)

  • 上野東照宮

    上野東照宮から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    上野東照宮(うえのとうしょうぐう)は、東京都台東区上野恩賜公園内にある神社。旧社格は府社。正式名称は東照宮であるが、他の東照宮との区別のために鎮座地名をつけて上野東照宮と呼ばれる。上野東照宮 フレッシュアイペディアより)

335件中 111 - 120件表示

「上野恩賜公園」のニューストピックワード