253件中 21 - 30件表示
  • 上野

    上野から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    この「上野」地域は、台東区上野、北上野、東上野、上野公園などからなり、日本最初の公園である上野恩賜公園(上野公園)や、商店街がある繁華街、喫茶店発祥の地を地域内に持つ。上野 フレッシュアイペディアより)

  • 東武バス

    東武バスから見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    ミッドナイトアロー春日部:上野駅(上野公園山下)→春日部駅西口 (1990年9月4日運行開始)東武バス フレッシュアイペディアより)

  • 博覧会

    博覧会から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    近代日本では新しい文明の成果や他国の文化を人々に伝える啓蒙的な役割を果たすことになった。1871年(明治4年)、5月九段下の西洋医学所薬草園にて行われた大学南校主催の物産会(当初博覧会の名で企画されたが直前に物産会に名称変更)や10月京都の西本願寺で開催された京都博覧会(京都博覧会社主催)が国内の博覧会最初期のものである。同博覧会は以後も京都御苑などを会場に行われた。東京では1877年(明治10年)に、上野公園で第1回内国勧業博覧会(政府主催)が開催された。内国勧業博覧会は以後、1881年(明治14年)上野、1890年(明治23年)上野、1895年(明治28年)京都、1903年(明治36年)大阪と5回が開催された。第5回の大阪での博覧会は初めて海外からの出品を許し、博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥山公園

    飛鳥山公園から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    江戸享保期に行楽地として整備され、明治6年(1873年)には上野公園などと共に日本最初の公園に指定された。園内に残る渋沢栄一の旧邸は国の重要文化財に指定されている。飛鳥山公園 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    東京都恩賜上野動物園(とうきょうとおんしうえのどうぶつえん)は、東京都台東区上野公園の上野恩賜公園内にある東京都立の動物園である。通称上野動物園(うえのどうぶつえん)。指定管理者制度により公益財団法人東京動物園協会に管理委託している。恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都立松沢病院

    東京都立松沢病院から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    1879年(明治12年)7月に養育院が東京府神田に移転した際に収容者を調査したところ、120人中68人が精神疾患者であることが判明し、彼らの収容目的として、同年7月に東京府上野の上野恩賜公園に建てられた東京府癲狂院(とうきょうてんきょういん、当時の精神科病院はこの様に呼ばれていた)を設立する。初代院長は東京府病院長長谷川泰である。東京都立松沢病院 フレッシュアイペディアより)

  • 日本学士院

    日本学士院から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    法第1条でその目的を「学術上功績顕著な科学者を優遇するための機関とし、学術の発達に寄与するため必要な事業を行う」と定めている。文部科学省の特別な機関として位置づけられており、東京都台東区上野公園の上野恩賜公園内に立地する。日本学士院 フレッシュアイペディアより)

  • 花の子ルンルン

    花の子ルンルンから見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    トゲニシアの特殊能力、花びらを含む突風を起こし、相手を吹っ飛ばしてしまう。しかしこれをやると、トゲニシアは1週間顔が皺だらけになる。なお劇場版第2作では、ルンルン一行を上野公園から浅草の五重塔最上部まで飛ばした事から、相当威力が有ると推測される。花の子ルンルン フレッシュアイペディアより)

  • 上野駅

    上野駅から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    出口は、地上の中央改札正面の「広小路口」「正面玄関口」や同左手の「浅草口」、中2階の不忍改札からは地上の「不忍口」「山下口」、3階の入谷改札からは2階の「東上野口」、3階の「パンダ橋口」、地上の「入谷口」などが利用できる。同じく3階の公園改札からは3階の「公園口」に直結していて、上野恩賜公園へはここを利用するのが近い。正面玄関口および広小路口の出口からは、国道4号(日光街道)などを跨ぐ歩道橋が利用できる。また、駅を跨ぐようにパンダ橋が架かっており、自由に歩くことができる。パンダ像は2つあり、実物の倍の大きさはある巨大なジャイアントパンダ像はパンダ橋口を出て右のところに、もう一つの小パンダ像は大連絡橋コンコースに、それぞれある。上野駅 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    その後、日暮里 - 筑波に鉄道敷設免許を有していた筑波高速度電気鉄道を東武鉄道との競合の末に1930年10月21日に吸収合併、その免許を利用する形で翌1931年12月19日に青砥 - 日暮里間、1933年12月10日に日暮里 - 上野(当時・上野公園)間を開業。念願であった都心延伸を果たした。また日暮里 - 上野間は上野公園下の地下線となったが、これは東京の郊外電車としては初のケースとなった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

253件中 21 - 30件表示