253件中 41 - 50件表示
  • 小川清助

    小川清助から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    40代の清助は、明治10年(1873年)東京上野公園で開催された第一回内国勧業博覧会に作品を出展し、自分の技術を世に問うている。この時の彼の出展作品は「関羽印」「聨(れん)」「書画」「青石」「石器」の5点。いずれも石製品であったと考えられ、聨は漢詩や書画を刻した細長い石版、書画は同じく石造のレリーフ、石器は石笛であったとされており、青石も何らかの彫刻と考えられるが詳細は不明である。これらの作品は、現在いずれも所在不明となっているが、清助は河内諏訪神社の狛犬の台石に、自分の名とともに精緻な彫りで印面を刻み込んでおり、ここに見られる印面は「関羽印」を想像する上で参考になるだろう。この時の作品で最も興味深いのは「石器」こと石笛であり、清助はこの石笛で褒賞を受賞。現在、清助の子孫の家に褒状のみ現存している。褒状には「軟石ヲ密鐫シテ刀痕鮮明ナリ其石笛ハ発音未タ正律ニ協ハスト雖モ朗爽トシテ渋滞ナキハ鐫鑿ノ宜キニ因ヲ観ル」と受賞理由が明記され、これによって失われた石笛が軟石を緻密に彫刻したものであること、その笛が音階こそ整っていないものの爽やかな音色を奏でたことを知ることができる。笛の種類は特定できないが、音階があることから、複数の穴を配して音階を変えることの出来る横笛か、尺八のような縦笛であったのだろう。なお、清助はこれらの作品の他に、球状の石が入った石の壺、石のテーブル、石のコーヒーカップなどを制作したというが、いずれも現存していない。小川清助 フレッシュアイペディアより)

  • 文化財研究所

    文化財研究所から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    独立行政法人文化財研究所の下部組織。東京都台東区上野公園に所在する。日本及び東洋の美術、伝統芸能、文化財の保存科学と修復技術について基礎研究を行い、博物館や美術館などからの要請に応じて技術指導や調査を行う。また中華人民共和国、大韓民国、タイ王国、ドイツ、米国などの文化財研究機関と広く学術交流も展開している。文化財研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都道436号小石川西巣鴨線

    東京都道436号小石川西巣鴨線から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    上60系統 池袋駅東口・大塚駅 - 白山二丁目 - 春日駅 - 東大農学部 - 根津駅 - 上野公園(都営バス大塚営業所担当)東京都道436号小石川西巣鴨線 フレッシュアイペディアより)

  • おさんぽ大王

    おさんぽ大王から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    上野公園の「おさんぽ」。「花園稲荷神社」「国立科学博物館」「動物園」などを見て周り、動物園のレストランで「体験メニュー ゴリラの食事」を食べ、先祖返りしておしまい。おさんぽ大王 フレッシュアイペディアより)

  • 寒河江市立陵東中学校

    寒河江市立陵東中学校から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    合唱は特に力を入れている。修学旅行では毎年、上野公園で合唱(東京公演)を行っていたが、2007年から文京シビックホールでの公演を行っている。寒河江市立陵東中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草文庫

    浅草文庫から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    1881年(明治14年)、上野公園に新築された博物館構内の「書籍借覧場」に移転し、蔵前の閲覧所は閉鎖されて東京職工学校(東京工業大学の前身)に引き継がれ、浅草文庫は幕を閉じた。蔵書の大部分は古典籍・古文書として現東京国立博物館にまで引き継がれたが、一部は内務省本省を経て内閣文庫の中核となり、現在は国立公文書館に保存されている。浅草文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 忍岡聖堂

    忍岡聖堂から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    上野恩賜公園(現在の忍岡に存在)忍岡聖堂 フレッシュアイペディアより)

  • かなりや

    かなりやから見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    翻訳の仕事にも協力していたことで、上野の不忍池付近のアパートを借りて仕事に没頭出来るようになった八十は、生まれて数ヶ月の娘を抱いて上野公園近辺を歩いている際に、その記憶を思い起こして作品にしたが、詩を執筆するうちにその姿は八十自身であるように思えたと述べている。かなりや フレッシュアイペディアより)

  • 対露同志会

    対露同志会から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    ところが、1903年に入ってロシアが撤兵計画を中止すると、近衛やその周辺で活動再開の動きが高まり、対外硬同志会(たいがいこうどうしかい)を結成、4月8日に上野公園梅川楼で大会を開いた。それから間もなく近衛は病に倒れてしまう。ところが、戸水寛人らが七博士建白事件を起こすと、近衛らも活動を活発化させ、8月9日に神田錦旗館にて再度大会を開いて改めて対露同志会を旗揚げした。だが、近衛は病中であり、その代理を行う責任者として元内閣法制局長官の神鞭知常を委員長とし、頭山満ら7名の相談役を置いた。10月5日には歌舞伎座にて全国大会を開催して対露宣戦布告を求める上奏を行う決議をした。対露同志会 フレッシュアイペディアより)

  • 国立国会図書館支部上野図書館

    国立国会図書館支部上野図書館から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    戦前の日本において唯一の国立図書館であった帝国図書館の後身であり、上野公園に林立する文化施設のひとつとして長く親しまれてきた。その後、施設の再活用策として国立の児童書のナショナル・センターへと移行することが決まり、2000年に国際子ども図書館へと改装開館した。国立国会図書館支部上野図書館 フレッシュアイペディアより)

253件中 41 - 50件表示