335件中 71 - 80件表示
  • 後藤貞行

    後藤貞行から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    上野恩賜公園の西郷隆盛像(1898年(明治31年)除幕)の犬「ツン」を制作。後藤貞行 フレッシュアイペディアより)

  • 御成街道架道橋

    御成街道架道橋から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    名称の由来は、江戸時代に徳川将軍家が寛永寺の参詣に使用した下谷御成街道からで、この街道は筋違橋(すじかいばし)から下谷広小路(現在の上野広小路)を経て寛永寺(現在の上野恩賜公園)まで続いていた。なお、下谷御成街道は現在の中央通りとほぼ重なるものの、秋葉原中央交差点以南は中央通りの1本西側の道筋に相当する。御成街道架道橋 フレッシュアイペディアより)

  • 東京電燈スプレーグ式電車

    東京電燈スプレーグ式電車から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    東京電燈スプレーグ式電車(とうきょうでんとうスプレーグしきでんしゃ)は、日本初の電力会社であった東京電燈会社(東京電力の前身の一つ)の技師長であった藤岡市助が、同社社長と共に海外電灯事情の調査に訪米した際に購入し、1890年に東京の上野公園で開催された第3回内国勧業博覧会において、展示物として運賃を取って来場者に体験乗車をさせるデモ運転を行った電車。東京電燈スプレーグ式電車 フレッシュアイペディアより)

  • 第2上野トンネル

    第2上野トンネルから見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    1971年(昭和46年)4月に日本国有鉄道(国鉄)が決定した東北新幹線建設の計画では、上野駅は建設されないことになっており、上野恩賜公園の地下をトンネルで抜けて東京駅に向かうことになっていた。上野駅の地元台東区では東北新幹線を上野駅に乗り入れるように繰り返し陳情を行っていたが、国鉄では上野駅に乗り入れるのは運転速度、勾配、曲線半径の条件から難しいと返答していた。一方東京都知事は新幹線通過による不忍池などへの環境上の影響を懸念して上野恩賜公園直下ルートに難色を示していた。さらに東京駅で東北新幹線用に2面のプラットホームを用意する予定であったが、この頃車両故障などが相次いで混乱していた東海道新幹線のダイヤ上の余裕を増すために、東北新幹線のプラットホーム用に予定していたスペースのうち1面分を東海道新幹線用に使用することになった。残りの1面では東北・上越の両方の新幹線の列車を受け入れることは難しいと考えられ、サブターミナルとして上野駅を設けることも検討されるようになった。こうして1977年(昭和52年)11月26日の国鉄理事会で上野駅設置が正式決定され、新幹線のルートは大きく東側に曲げられることになった。こうして、地下に建設されることになった上野駅に取り付く、大きな曲線を描くトンネルとして第2上野トンネルが建設されることになった。第2上野トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 歌川広重 (3代目)

    歌川広重 (3代目)から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    明治15年(1882年)に描かれた大判錦絵三枚続「東京名所之内 銀座通煉瓦造鉄道馬車往復図」(マスプロ美術館所蔵)にはハイカラな煉瓦造りの西洋館、明治7年(1874年)に設置されたガス灯、明治15年(1882年)に新橋日本橋間に開通した東京馬車鉄道、さらに並んで走る人力車の他、画面の右端には東洋日報、左端に朝野新聞社の社屋も描かれており、当時の状況を知ることが出来る代表作かつ傑作である。また前年の明治14年(1881年)作画の「上野公園 内国勧業第二博覧会美術館并猩々噴水器之図」(東京国立博物館所蔵)では、政府主催により開催された内国博覧会会場(上野公園)内の煉瓦造りの美術館の前にある大きな噴水の周囲に珍しげに集まる人々を見事に捉えている。明治17年(1884年)頃、浅草旅籠町に移転した。歌川広重 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 目羅博士

    目羅博士から見た上野の森上野恩賜公園

    動物園を出た後、上野の森の捨て石に腰をかけ、江戸川は「男」の経験談を聞くことにした。目羅博士 フレッシュアイペディアより)

  • キンキンのルンペン大将

    キンキンのルンペン大将から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    うだつの上がらない男、二宮(愛川)は、妻の君子(三島)が毎日のように口うるさく自分を咎めるので、一念発起し上京するが、一日にして金を失ってしまう。仕方なく上野の山をふらついていると、数人のルンペンが近寄ってきて…。キンキンのルンペン大将 フレッシュアイペディアより)

  • ダイサイゴー

    ダイサイゴーから見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    見た目のインパクトを重視するため身長3.2mと通常の着ぐるみよりも大型になっており「薩摩の大巨人」というキャッチフレーズが冠されている。イベント等に出演するときには肩にダイサイゴーと書かれたたすきを架けることが多い。ダイサイゴーの衣装は東京・上野恩賜公園の西郷隆盛像をベースにしており、上野の西郷像が連れている飼い犬・ツンをモチーフとする薩摩犬のつんつんが同伴することも多い。ダイサイゴー フレッシュアイペディアより)

  • 東京芸術大学大学美術館

    東京芸術大学大学美術館から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    東京藝術大学大学美術館(とうきょうげいじゅつだいがく だいがくびじゅつかん)は、東京都台東区上野公園の東京藝術大学美術学部構内にある美術館である。東京藝術大学の前身である東京美術学校以来のコレクションや歴代卒業生の作品などを収蔵展示している。東京芸術大学大学美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 三島神社 (台東区)

    三島神社 (台東区)から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    弘安4年(1281年)、河野通有は元寇に際し、氏神である三島大明神(大山祇神社)に戦勝を祈願して出陣し、三島大明神の神使である白鷺の導きにより華々しい武勲を挙げたが、その帰陣にあたり、夢の中で武蔵国豊島郡に三島大明神を勧請せよというお告げを受け、上野山内の河野氏の館に奉斎したのが始まりと伝えられる。三島神社 (台東区) フレッシュアイペディアより)

335件中 71 - 80件表示

「上野恩賜公園」のニューストピックワード