253件中 81 - 90件表示
  • 上野セントラル

    上野セントラルから見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    上野公園向かいにあった商業施設「上野松竹デパート」の2階に1953年11月「上野松竹映画劇場」として開業。その後地下1階に「上野映画劇場」「上野名画座」を、2階の松竹の隣にミニシアター「上野セントラル」を相次いで新設した。上野セントラル フレッシュアイペディアより)

  • 上野東照宮

    上野東照宮から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    上野東照宮(うえのとうしょうぐう)は、東京都台東区上野恩賜公園内にある神社。旧社格は府社。正式名称は東照宮であるが、他の東照宮との区別のために鎮座地名をつけて上野東照宮と呼ばれる。上野東照宮 フレッシュアイペディアより)

  • 西郷隆盛像

    西郷隆盛像から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    東京都台東区上野の上野公園に建っている西郷像は高村光雲の作(傍らの犬は後藤貞行作)、鋳造は岡崎雪聲。発起人は吉井友美、宮内省より500円を下賜され、さらに全国2万5千人余の有志の寄付金で建立された。除幕式は西郷の死後21年を経た1898年(明治31年)12月18日に行われた。身長:370.1cm、胸囲:256.7cm、足:55.1cm。正面から写した写真では頭部が大きく見えるが、これは像の足元から見上げた場合の遠近感で適正に見えるよう計算されているためで、実際の西郷の体つきがこうであった訳ではない。以後「上野の西郷さん」と呼ばれて100年以上も国民に親しまれ、現在でも東京タワーや新宿の高層ビル街とならぶ東京の象徴的光景となっている。西郷には信頼性のある写真が一枚も残っておらず、光雲は肖像画や弟の西郷従道の風貌を参考にした。銅像の建設委員長をしていた樺山資紀を助けて奔走していた子息の樺山愛輔は、銅像の顔は極めてよくできているが、光雲は西郷の特徴ある唇(何とも言えない魅力と情愛に弱いところが同居している唇)を最後まで表現しきれないことに苦しんだと書いている。公開の際に招かれた西郷夫人糸子は「宿んしはこげんなお人じゃなかったこてえ(うちの主人はこんなお人じゃなかったですよ)」と腰を抜かし、また「浴衣姿で散歩なんてしなかった」といった意の言葉(薩摩弁)を漏らし周囲の人に窘められたという。この糸子の言をも樺山愛輔は「大体の風貌はあの通りとしても、個性的な魅力のある唇のもつニュアンスとでもいうか、そうした二つとない魅力的なものを現はすことは不可能であったわけだ、眼とか顔とか肩のもつ線とかは何とか表現することは出来たらうが、…」と解釈している。西郷隆盛像 フレッシュアイペディアより)

  • 瑞江大橋

    瑞江大橋から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    瑞江大橋はバス路線が通る。1968年(昭和43年)まではトロリーバス(上野公園?今井間)が運行されていた。瑞江大橋 フレッシュアイペディアより)

  • 向原駅 (東京都)

    向原駅 (東京都)から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    上60系統 池袋駅東口 - 向原 - 大塚駅 - 上野公園(ダイヤ注意)向原駅 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 豊岡杞柳細工

    豊岡杞柳細工から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    1881年(明治14年) - 第2回内国勧業博覧会(東京・上野公園)に八木長右衛門が行李鞄を出品豊岡杞柳細工 フレッシュアイペディアより)

  • 輪王寺 (台東区)

    輪王寺 (台東区)から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    輪王寺(両大師)は、上野公園内、東京国立博物館の東側に位置する。上野公園の敷地は元は天台宗別格大本山寛永寺の境内地であり、公園中央の大噴水の位置に根本中堂、東京国立博物館の位置に本坊があった。輪王寺はもと寛永寺の伽藍の一部で、開山堂または慈眼堂と称されていた。輪王寺 (台東区) フレッシュアイペディアより)

  • 円通寺 (荒川区)

    円通寺 (荒川区)から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    この寺は寺伝によれば、791年(延暦10年)坂上田村麻呂によって開かれたと伝えられる。明治維新の折、1868年(慶応4年)に行われた上野戦争で亡くなった彰義隊の隊員を現在上野公園の西郷隆盛像があるあたりでこの寺の住職が火葬を行っている。円通寺 (荒川区) フレッシュアイペディアより)

  • 築地精養軒

    築地精養軒から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    明治維新後、東京には本格的な西洋料理店がなく、外国からの要人の接待に不便をきたしていたことから、岩倉具視らの尽力で、1872年開業した。その後、上野公園の開設とともに支店として「上野精養軒」も開業、本格的なフランス料理店をめざした。1923年関東大震災で築地が全焼し、上野に本店を移して営業、現在に至る。築地精養軒 フレッシュアイペディアより)

  • 京都電気鉄道

    京都電気鉄道から見た上野恩賜公園上野恩賜公園

    路面電車の運転計画は、その水力発電によって供給される安価で潤沢な電力を基にして立てられるようになった。それに重ね、計画的に建設された都市のため主要道路が碁盤の目状になっていて電車の運行に都合が良かったことや、人口が多く観光客も多く見込めること、前述のような理由によって市民に進取の風潮が根付いたこと、更に平安遷都1100周年を記念して1895年(明治28年)に京都で第4回の内国勧業博覧会が催される事になったことも、計画の追い風となった。なお路面電車は、1890年(明治23年)の第2回内国勧業博覧会のとき、会場となった上野公園において、東京電燈が5月4日から一時試験運転を行っていた事があった。京都電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

253件中 81 - 90件表示