上野裕一郎 ニュース&Wiki etc.

上野 裕一郎(うえの ゆういちろう、1985年7月29日 - )は日本の陸上競技選手、専門は中・長距離種目。長野県佐久市出身。佐久長聖高等学校、中央大学法学部卒業。エスビー食品を経てDeNA所属。第12回世界選手権男子5000m日本代表。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「上野裕一郎」のつながり調べ

  • シレシ・シヒネ

    シレシ・シヒネから見た上野裕一郎

    現在までケネニサ・ベケレの陰に隠れて長距離界では目立たないが、実力は世界トップクラスで、常に世界大会では銀メダルを獲ってきた。そのため敬意と皮肉を込めて「シルバーコレクター」と呼ばれている。現在ケネニサ・ベケレと共にエチオピア及び世界の長距離界をリードするランナーである。なお、2006年に福岡で行われた世界クロスカントリー選手権のショート(4km、この年をもって廃止)ではスタート直後に上野裕一郎と足が絡まり転倒。その結果、団体戦でのエチオピアの連覇が途絶えることになった。(シレシ・シヒネ フレッシュアイペディアより)

  • 大迫傑

    大迫傑から見た上野裕一郎

    町田市立金井中学校で本格的に陸上競技を始める。中学3年時の第33回全日本中学校陸上競技選手権大会3000mでは3位入賞。3000mで東京都中学校最高記録:8分41秒59をマークした。2007年に佐久長聖高校に進学。1学年上には村澤明伸や後に大学でも先輩となる平賀翔太や佐々木寛文らがいた。2008年に5000mで高校2年生としては史上4人目となる13分台を記録。また、1シーズンに同一高校から複数選手が13分台をマークした初の例にもなった。その年の全国高校駅伝では自ら志願してアンカーを務め、1位で襷を受けるとそのまま区間賞の活躍を見せ、またチームも外国人選手を含まない記録としては過去最高の2時間02分18秒を記録し、佐久長聖高校の初優勝に貢献した。翌2009年には2度目の全国高校駅伝に出場、大迫自身は1区で区間賞を獲得し、同じ佐久長聖高校出身である上野裕一郎に次ぐ1区日本人歴代2位となる、29分06秒を記録した。チームは4位に入った。(大迫傑 フレッシュアイペディアより)

「上野裕一郎」のニューストピックワード