前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • 佐藤悠基

    佐藤悠基から見た上野裕一郎上野裕一郎

    2003年、高校2年時のインターハイは1500m8位、5000m9位に入った。上位入賞者にはジョセファト・ダビリやサムエル・ワンジルら外国人留学生と、上野裕一郎らがいた。地元・静岡県で開催された第58回国民体育大会の少年A5000mでは高校2年歴代4位(当時)となる14分02秒82を記録して、日本人トップの2位に入っている。12月の全国高校駅伝で佐藤は4区を走り、22分44秒の区間新記録を樹立して上野裕一郎らと共に佐久長聖高校を準優勝に導いた。佐藤悠基 フレッシュアイペディアより)

  • ジョセファト・ダビリ

    ジョセファト・ダビリから見た上野裕一郎上野裕一郎

    留学生として来日。流通経済大柏高校時代は同学年に上野裕一郎、北村聡、1学年下に同じケニア人留学生サムエル・ワンジル、ジョン・カリウキ、メクボ・ジョブ・モグスらがいたがインターハイを席巻。2002年(高校2年)・2003年(同3年)の1500m・5000m2種目を制覇している。このうち高校3年時の1500m・5000mでは大会新記録での優勝となった。ジョセファト・ダビリ フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・モットラム

    クレイグ・モットラムから見た上野裕一郎上野裕一郎

    2009年、モットラムはケガを抱えてレースに出場することができず、世界陸上競技選手権大会にも出場できなかった。この年にはプロ転向以来の所属であったナイキを離れて、アディダスと契約した。また、かつてスティーブ・モネゲッティを指導したクリス・ワードローをコーチに迎えた。11月になってようやく1年ぶりのレース復帰が叶い、国際千葉駅伝に出場した。1区5kmを13分23秒で走り上野裕一郎・柏原竜二らに先着して区間賞を獲得した。クレイグ・モットラム フレッシュアイペディアより)

  • シレシ・シヒネ

    シレシ・シヒネから見た上野裕一郎上野裕一郎

    現在までケネニサ・ベケレの陰に隠れて長距離界では目立たないが、実力は世界トップクラスで、常に世界大会では銀メダルを獲ってきた。そのため敬意と皮肉を込めて「シルバーコレクター」と呼ばれている。現在ケネニサ・ベケレと共にエチオピア及び世界の長距離界をリードするランナーである。なお、2006年に福岡で行われた世界クロスカントリー選手権のショート(4km、この年をもって廃止)ではスタート直後に上野裕一郎と足が絡まり転倒。その結果、団体戦でのエチオピアの連覇が途絶えることになった。シレシ・シヒネ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋憲昭

    高橋憲昭から見た上野裕一郎上野裕一郎

    大学時代は中央大学の主力選手として駅伝・インカレなどで活躍。大学4年時の第81回箱根駅伝では花の2区を担当。1区を走ったのはスーパールーキーとして期待された上野裕一郎だったが足の痙攣により大失速し、先頭から3分30秒以上、1つ前を行く大学からも1分以上遅れた19位で高橋にタスキが渡った。高橋は前を行く大学との大差をものともせず快調に飛ばし区間3位(日本人2位)の好走で15位まで順位を上げ上野の出遅れをカバー。2区で悪い流れを断ち切った中央大学は最終的に総合4位まで順位を上げることに成功した。なお、当時の中央大学陸上部の監督である田幸寛史とは大学卒業後もヱスビー食品・DeNAで師弟関係を結ぶことになる。高橋憲昭 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達秀晃

    伊達秀晃から見た上野裕一郎上野裕一郎

    同学年のライバル北村聡、松岡佑起、上野裕一郎とともに「学生四天王」と呼ばれていた。東海大学入学後はインカレや駅伝を中心に活躍を見せ、3年連続区間賞獲得(2度の区間新記録を含む)の活躍で2005年から2007年まで出雲駅伝3連覇や、第81回大会箱根駅伝の往路優勝に貢献した。伊達秀晃 フレッシュアイペディアより)

  • 北村聡

    北村聡から見た上野裕一郎上野裕一郎

    同学年の松岡佑起・伊達秀晃・上野裕一郎とともに「四天王」と呼ばれている。また、兵庫県出身の1学年下に竹澤健介や木原真佐人(いずれも報徳学園高卒)といった顔ぶれがそろっている。2年先輩の熊本剛とは小学校から大学まで同じである。2002年国民体育大会5000mでは13分45秒86を残し、土橋啓太が先着したため記録保持者とはならなかったが当時の高校新記録を出した。2007年 全日本大学駅伝最終8区で、圧倒的な強さを誇っていたメクボ・ジョブ・モグスに次ぐ区間2位の快走で順位を4位から2位に上げ、日体大の18大会ぶりのトップ3入り(準優勝)に貢献した。北村聡 フレッシュアイペディアより)

  • 両角速

    両角速から見た上野裕一郎上野裕一郎

    東海大学第三高等学校から東海大学に進み、箱根駅伝を4年連続で力走した。社会人では日産自動車、ダイエーなどで活躍し、オリンピックを目指すが出場は果たせなかった。1995年に佐久長聖高校教諭となり駅伝部監督を務めた。「5年以内に都大路に出場してくれ」と学校長に頼まれたという。当初部員はわずか2人でスカウトを兼ね自ら大会に出場していたところ、佐藤清治を見出したという。佐藤清治や上野裕一郎、佐藤悠基といった日本高校記録を更新するランナーを育て、他にも全国高等学校総合体育大会の入賞者を出した。他県出身の佐藤悠基や大迫傑ら中学時代の全国大会上位入賞者が進学するなど佐久長聖高校を長距離陸上競技の名門校に育て上げた。佐久長聖高校は箱根駅伝や全日本実業団対抗駅伝競走大会、日本インカレ、日本陸上競技選手権大会、世界陸上競技選手権大会といった大会出場選手の出身高校として知られるようになった。2011年のサッポロビール箱根駅伝オリジナルCMには駅伝部監督として教え子の映像とともに出演した。両角速 フレッシュアイペディアより)

  • 駅伝競走

    駅伝競走から見た上野裕一郎上野裕一郎

    日本代表 2時間4分59秒 (同大会。メンバーは上野裕一郎・西原加純・竹澤健介・小林祐梨子・鎧坂哲哉・新谷仁美)駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡佑起

    松岡佑起から見た上野裕一郎上野裕一郎

    中学校では野球部に所属していたが、陸上の試合にも駆り出されていたといい、中学3年になって陸上に転向した。ラストスパートが持ち味である。双子の弟(悟史)は同じ中学・高校から龍谷大学進学ののち、揃って大塚製薬に就職。松岡兄弟として知られ、刺激し合い切磋琢磨している。同学年には北村聡、上野裕一郎、伊達秀晃がいる。高校時代には4人とも5000mで13分台を出しており大学進学以降もそろって第一線級で活躍を続け、「四天王」とも呼ばれている。松岡佑起 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「上野裕一郎」のニューストピックワード