78件中 11 - 20件表示
  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た松岡佑起

    また、この5000mには大牟田高校の伊達秀晃、西脇工業高校の北村聡、洛南高校の松岡佑起が出場しており、上野を含めた4人で日本人上位を分け合う結果となった。それぞれが高校陸上長距離種目の名門校出身であり、高校時代の5000m自己記録が大学生エリートランナーの1つの目安とされる13分台 を記録していたこの4人は、この前後よりあらゆるレースで顔を合わせ、この後も長らく互いに競い合う関係になった。この同学年エースランナー4人を指して、人は自然発生的に四天王と呼ぶようになった。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た伊達秀晃

    また、この5000mには大牟田高校の伊達秀晃、西脇工業高校の北村聡、洛南高校の松岡佑起が出場しており、上野を含めた4人で日本人上位を分け合う結果となった。それぞれが高校陸上長距離種目の名門校出身であり、高校時代の5000m自己記録が大学生エリートランナーの1つの目安とされる13分台 を記録していたこの4人は、この前後よりあらゆるレースで顔を合わせ、この後も長らく互いに競い合う関係になった。この同学年エースランナー4人を指して、人は自然発生的に四天王と呼ぶようになった。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た北村聡

    また、この5000mには大牟田高校の伊達秀晃、西脇工業高校の北村聡、洛南高校の松岡佑起が出場しており、上野を含めた4人で日本人上位を分け合う結果となった。それぞれが高校陸上長距離種目の名門校出身であり、高校時代の5000m自己記録が大学生エリートランナーの1つの目安とされる13分台 を記録していたこの4人は、この前後よりあらゆるレースで顔を合わせ、この後も長らく互いに競い合う関係になった。この同学年エースランナー4人を指して、人は自然発生的に四天王と呼ぶようになった。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た出雲駅伝

    上野は2005年5月の第84回関東インカレ1500mでメクボ・ジョブ・モグスに次ぐ2位に入賞した。5000mではディラング・サイモン(日本大学)が大会新記録となる13分27秒14で優勝する中、上野は3位松岡佑起・4位佐藤悠基に次ぐ5位入賞となった。6月の第89回日本選手権1500mでは4位入賞を果たした。10月、第17回出雲駅伝で上野は6区アンカーを任され駒澤大学を交わし2位に上げるが、前を行く伊達秀晃には届かず、中央大学は出雲駅伝準優勝となった。11月6日、上野は第37回全日本大学駅伝で2区を任されると、8人をごぼう抜きし10位から2位へ順位を上げ、区間2位の成績を残した。この年、中央大学は出雲路に続き伊勢路でも準優勝の成績を残した。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た全国高等学校駅伝競走大会

    2001年12月23日、佐久長聖高校1年の上野は第52回全国高等学校駅伝競走大会に出場して2区区間賞を獲得、その実力は早くも全国に知れ渡るものとなった。2002年上野が高校2年に進級する年、ひとつ下の学年に佐藤悠基が入学してきた。佐藤とは彼がまだ中学3年生であった頃、2001年の国体3000mで初めて対決して以来、互いに意識するライバルであったという。12月3日、上野は日本体育大学長距離競技会5000mに出場し、日本高校2年歴代2位となる13分56秒11を記録した。翌2003年1月19日には第8回全国都道府県対抗男子駅伝に出場し、長野県代表として5区を走り区間賞を獲得した。前年の今井正人の記録を1秒更新する区間新記録を樹立し、またこの時24位でタスキを受けると7位まで順位を上げ、17人のランナーをごぼう抜きした。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た福井誠 (陸上選手)

    2006年1月2日、上野は第82回箱根駅伝で東海大学のスーパールーキーとなった佐藤悠基と3区で対決。後ろから迫る佐藤に影を踏ませることはなかったが、風邪と右足人指し指の腱鞘炎の影響で、区間新記録を樹立した佐藤、福井誠に続く区間3位にとどまった。4月には福岡で開かれた世界クロスカントリー選手権のショート(4 km、この年をもって廃止)に日本代表として出場するがスタート直後にシレシ・シヒネと足が絡まり転倒した。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た小林史和

    6月25日、上野は広島で行われた第93回日本選手権5000mに出場。オープン参加のビタン・カロキ が引っ張る展開を中団にて待機、中盤には先行していた竹澤健介を交わし2番手に上がるとそのまま押し切り13分41秒04のタイムで優勝した。この結果5000mで世界陸上選手権ベルリン大会日本代表に選出された。また6月28日には1500m決勝に出場し、スタート直後こそ最後方に控えたものの外から進出して先頭を奪うと、同種目4連覇中の小林史和らを抑え自己タイ記録の3分42秒51のタイムで逃げ切り、同選手権2種目優勝を飾った。この日NHKのゲスト解説を務めていた朝原宣治はこのレース展開を、日本の1500mではなかなか見られない駆け引きで見ていて面白かったと評した。また1500m・5000mの2種目優勝は、1985年第69回日本選手権の大塚正美以来となる24年ぶりの快挙であった。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た両角速

    中学時代は軟式野球部に所属し、主に三塁手を務めていたがレギュラーではなく、本格的に陸上競技を始めたのは佐久長聖高校に進んでからであるという。高校では入部時「世界記録を出す」と宣言し、両角速監督指導の下、監督自らが整備したクロスカントリーコースなどを走り鍛え上げられた。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た真也加ステファン

    上野は2006年夏にヨーロッパ遠征に赴くが、右すねに故障を発症しレースには出場できなかった。11月5日、第38回全日本大学駅伝では3区を走り、4人抜き。ステファン・マヤカが刻んだ区間記録と2秒差の27分07秒で区間賞を獲得した。11月23日、上野は第18回国際千葉駅伝に日本学生選抜1区として出場すると、日本代表・佐藤悠基に1秒競り勝つ13分32秒の記録で、マーティン・イルング・マサシ(ケニア)に次ぐ区間2位となった。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た渡辺康幸

    同年11月29日、上野は日本体育大学長距離競技会10000mに出場。実業団ランナーや大学生ランナーに混じって走り、28分27秒39の自己ベストを記録した。これは渡辺康幸が持っていた28分35秒8を12年ぶりに更新する男子10000m日本高校記録となるものであった。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

78件中 11 - 20件表示

「上野裕一郎」のニューストピックワード