1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示
  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見たエチオピア

    世界の舞台に対する思い入れが強く、「練習が出来なくて何度泣いたか分からない。やっと、やっと、やっとです」と語り、年初には「ベルリンでは、無謀と言われても積極的に先頭に出て引っ張りたい。『世界の壁』は体感しないとわからないですから。その結果、予選で落ちてもかまわない。12年のロンドン五輪を見据えた戦いをしたい」と、故障により逃していた世界への目標を語っていた。8月20日世界陸上選手権男子5000m予選に出場。日本選手権後に体調を崩し十分な状態ではなかったが、タイムで拾われることを狙ってスタートから先頭に飛び出し、1000m付近まで北京五輪王者のケネニサ・ベケレ(エチオピア)らを相手に3秒以上引き離した。しかし、「1000メートルで体が動かなくなり」集団に吸収されると、2000mすぎに最後方まで転落。14分30秒76の16位でゴールし予選敗退の結果となった。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た長野県縦断駅伝競走

    2009年1月2日の日本テレビ『新春スポーツスペシャル箱根駅伝』では今井正人と共に第85回箱根駅伝の往路ゲスト解説を務め、腰の位置やフォームを指摘するなど適所にポイントを挙げる解説ぶりを見せた。2009年4月アメリカ遠征中であった上野は、佐藤悠基が10000m日本歴代3位となる記録を樹立した場に居合わせ、佐藤の快挙を祝福した。2010年の天皇盃第15回全国都道府県対抗男子駅伝では自身の出場選手登録はなかったものの、長野代表の合同練習を手伝い大会当日には広島に帯同するなど、大会3連覇を目指す代表選手へのサポートを惜しみなく行なった。また、長野県のローカルレースである長野県縦断駅伝にも参加し、2007年は出身地区である全佐久チームを初優勝へと導くなど故郷に対する思い入れも強い選手である。。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見たゴールデンゲームズinのべおか

    2009年1月、第14回全国都道府県対抗男子駅伝で7区アンカーを務め、兵庫県代表の北村聡の追走を許さず、ゴール前には手を合わせる仕草を見せたり大きくガッツポーズをしたりし派手にゴール。自身3度目となる長野県優勝を飾った。またふるさと選手制度の関係により、長野県代表として佐藤悠基と共に出場できる最後の都道府県男子駅伝となった。4月、アメリカ合衆国で開催されたマウント・サック・リレー1500mにおいて3分42秒51の自己新記録を残した。その後もバークレー招待、カーディナル招待(共に5000m)と各地を遠征。帰国した後5月30日ゴールデンゲームズinのべおかの5000mにおいて13分26秒31をマーク、世界選手権参加標準記録B(13分29秒00)を突破した。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た第84回東京箱根間往復大学駅伝競走

    最後の箱根路となる第84回箱根駅伝は本番2日前に38℃の高熱を出し強行出場となった。上野は竹澤健介に次ぐ3区区間2位でまとめたが、ゴール後には路上に転倒するほどの状態となり、本人は「自分の中では大ブレーキ」と語った。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た第81回東京箱根間往復大学駅伝競走

    2005年1月2日、初めての箱根路となる第81回箱根駅伝で1区を任された。しかし、体調不良と故障を抱え十分な練習が積めず区間19位となり、高橋憲昭・野村俊輔らの活躍があって中央大学は盛り返すものの上野は辛酸を嘗めた。1月23日、第10回全国都道府県男子駅伝に出場し最終7区を走り、兵庫県代表北村聡とタイム差なしでのスタートとなった。最後までもつれたがラストスパートで北村を振り切り、前年に続き長野県代表として優勝を飾った。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た第83回東京箱根間往復大学駅伝競走

    2007年1月2日、第83回箱根駅伝でも3区にエントリー、前年佐藤が出した区間記録を更新すべく遊行寺坂を駆け下り湘南を疾走した。17位でタスキを受けると9人をごぼう抜きし8位まで順位を上げ、1時間02分50秒で区間賞を獲得した。なお、区間2位は日本大学のギタウ・ダニエルであったが、学生三大駅伝でモグスを除き、ダニエルに唯一勝ったのがこの時の上野であった。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見たマウント・サック・リレー

    2009年1月、第14回全国都道府県対抗男子駅伝で7区アンカーを務め、兵庫県代表の北村聡の追走を許さず、ゴール前には手を合わせる仕草を見せたり大きくガッツポーズをしたりし派手にゴール。自身3度目となる長野県優勝を飾った。またふるさと選手制度の関係により、長野県代表として佐藤悠基と共に出場できる最後の都道府県男子駅伝となった。4月、アメリカ合衆国で開催されたマウント・サック・リレー1500mにおいて3分42秒51の自己新記録を残した。その後もバークレー招待、カーディナル招待(共に5000m)と各地を遠征。帰国した後5月30日ゴールデンゲームズinのべおかの5000mにおいて13分26秒31をマーク、世界選手権参加標準記録B(13分29秒00)を突破した。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た佐久市

    上野 裕一郎(うえの ゆういちろう、1985年7月29日 - )は日本の陸上競技選手、専門は中・長距離種目。長野県佐久市出身。佐久長聖高等学校、中央大学法学部卒業。エスビー食品を経てDeNA所属。第12回世界選手権男子5000m日本代表。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上野裕一郎

    上野裕一郎から見た長野県

    上野 裕一郎(うえの ゆういちろう、1985年7月29日 - )は日本の陸上競技選手、専門は中・長距離種目。長野県佐久市出身。佐久長聖高等学校、中央大学法学部卒業。エスビー食品を経てDeNA所属。第12回世界選手権男子5000m日本代表。上野裕一郎 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示

「上野裕一郎」のニューストピックワード