前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • 北海道旭川南高等学校

    北海道旭川南高等学校から見た上野順恵上野順恵

    柔道部の活動が特に盛んである。それも全国から有望選手を集めた私立の強豪高校ではなく、地方の公立高校であるにもかかわらず、すでにオリンピックチャンピオン2名(恵本裕子、上野雅恵)と世界チャンピオン2名(上野順恵、佐藤愛子)を輩出している。北海道旭川南高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会から見た上野順恵上野順恵

    女子柔道48kg級では、防戦一方だった中国の呉樹根が判定で日本の福見友子を破るという結果になった。呉が帯を外して道着を直すという露骨な時間稼ぎを何度も繰り返したが、主審は注意をしなかった。また、地元の係員が観衆の声援を煽り、呉勝利の瞬間には跳び上がって喜んでいた。福見は「結果も内容も納得いかない」と不満を漏らした他、日本女子柔道監督の園田隆二も「アグレッシブさがあり、国際柔道連盟が求める柔道をしていた」、さらに国際柔道連盟審判委員の川口孝夫も「3-0で福見が勝っていた」、吉村和郎強化委員長も「あんな判定をしていたら中国自体が疑われる。100人が見たら、100人が福見の勝ちだと言う」と判定の不可解さに不満を漏らしている。観客の異常なまでの盛り上がりが、主審のモンゴル人審判・副審の韓国人審判に影響を与えたと考えられる。また、女子63キロ級準決勝において、上野順恵が北朝鮮のキム・スギョンに試合中左目付近をこぶしで数回殴られて負傷した。試合中、上野は痛みでうずくまっていたが、審判は反則を取らず、上野に試合続行をせかした。試合後には目に青あざができ、競技終了後には打撲と診断された。11月15日、全日本柔道連盟(全柔連)の上村春樹会長は、試合中の映像を編集して国際柔道連盟に提出する考えを明らかにした。2010年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校柔道選手権大会

    全国高等学校柔道選手権大会から見た上野順恵上野順恵

    上野順恵(2000年、2001年)全国高等学校柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) における柔道競技

    ロンドンオリンピック (2012年) における柔道競技から見た上野順恵上野順恵

    男子監督の篠原信一は新旧世界チャンピオン4名(66kg級の海老沼匡、73kg級の中矢力、100kg級の穴井隆将、100kg超級の上川大樹)を擁して、今大会の目標として最低でも金メダル3個獲得という目標を掲げていたが、メダル獲得数こそ前回大会を上回ったものの1964年の東京オリンピックで柔道競技が採用されて以来初めて金メダルなしという歴史的大敗を喫することとなった。また、女子監督の園田隆二は新旧世界チャンピオン5名(48kg級の福見友子、52kg級の中村美里、57kg級の松本薫、63kg級の上野順恵、78kg超級の杉本美香)を擁して、現在の女子代表は「歴史の中で一番強い」と豪語して4個以上の金メダル獲得をもくろんでいたが、金メダルは松本の1個のみでメダル獲得数は過去最低の3個という惨敗に終わり、特にお家芸と言われていた48kg級・52kg級で初めてメダルを逃す事態となった。ロンドンオリンピック (2012年) における柔道競技 フレッシュアイペディアより)

  • 前田桂子

    前田桂子から見た上野順恵上野順恵

    その後ミキハウスに入社するが、大学の後輩である谷本歩実や、三井住友海上の上野順恵の台頭により、以前のような活躍をすることはなかった。2005年に元ジュニア指定選手の手島信孝と結婚して手島姓となり、翌年地元兵庫で開催された国体をもって、現役から退くことになった。前田桂子 フレッシュアイペディアより)

  • アニカ・ファンエムデン

    アニカ・ファンエムデンから見た上野順恵上野順恵

    柔道は7歳の時に始めた。2004年の世界ジュニアでは57kg級で2位となった。2010年9月の世界選手権では準決勝で上野順恵に0-3の判定で敗れると、3位決定戦でもアゼルバイジャンのラミラ・ユスボワに裏投で一本負けして5位に終わった。10月の世界団体ではオランダチームの優勝に貢献した。2011年の世界選手権では準々決勝で上野にGSに入ってから体落で有効を取られて敗れたものの、3位決定戦ではオランダの同じ道場(ブドーカン・ロッテルダム)に所属している長年のライバルであるエリザベト・ウィルボーダスを有効で破って銅メダルを獲得した。アニカ・ファンエムデン フレッシュアイペディアより)

  • 1983年のスポーツ

    1983年のスポーツから見た上野順恵上野順恵

    7月1日 - 上野順恵(北海道、柔道)1983年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • Ippon.TV

    Ippon.TVから見た上野順恵上野順恵

    ゲスト解説としてその大会に出場した選手が登場することも少なくない。例えばグランドスラム・リオデジャネイロ2010の初日では、63kg級の2回戦で上野順恵に敗れたブラジルのカミラ・ミナカワが準決勝以降のゲスト解説を務めた。2日目の予選ラウンドでは何人もの選手がゲストとして呼ばれ、特に78kg級の緒方亜香里とドイツのルイーゼ・マルツァンとの対戦では姉のクラウディア・マルツァンがゲストとして加わり、また、準決勝以降は前日52kg級の決勝で中村美里に敗れたルクセンブルクのマリー・ミュラーがゲストとして登場した。Ippon.TV フレッシュアイペディアより)

  • ウルシカ・ジョルニル

    ウルシカ・ジョルニルから見た上野順恵上野順恵

    幼少の時からピアノを習っていたが、10歳になると柔道を始めた。ヨーロッパジュニアで2度優勝するなど、ジュニアの頃からヨーロッパの大会では活躍していた。2001年には、当時としては珍しい賞金付き大会であるグランプリ・セビリア決勝で谷本歩実を破って優勝した。2004年のアテネオリンピックではスロベニアの柔道選手としては初となる銅メダルを獲得した。2005年の世界選手権でも3位となった。その後2007年と2009年の世界選手権では5位、2008年の北京オリンピックでは7位とメダルを獲得するまでには至らなかったが、2011年の世界選手権では準決勝で上野順恵に敗れたものの、6年ぶりに世界選手権でのメダルを獲得した。ウルシカ・ジョルニル フレッシュアイペディアより)

  • 谷本育実

    谷本育実から見た上野順恵上野順恵

    その後暫くはこれと言った活躍はなかったが、2009年の実業柔道選手権で優勝すると、講道館杯でも3位に入り、グランドスラム・東京では決勝で世界チャンピオンの上野順恵に敗れるものの2位となる。谷本育実 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「上野順恵」のニューストピックワード