前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示
  • ぴゅあふる

    ぴゅあふるから見た下呂温泉下呂温泉

    7月9日 8月2日と8月3日の2日間にアリスタレントと行く下呂温泉バスツアーが開催されると発表された。ぴゅあふる フレッシュアイペディアより)

  • 草津温泉

    草津温泉から見た下呂温泉下呂温泉

    4月(西暦換算:5月頃) - 美濃国鵜沼在住の万里集九が、この時、漢詩文集の東国旅行記『梅花無尽蔵』全7巻をまとめ終え、永正3年(1506年)に刊行する。その中に、上州草津の湯を含む日本の最たる名泉について「本邦六十余州 毎州有霊湯 其最者 下野之草津 津陽之有馬 飛州之湯島三処也(口語訳例:我らが60余りの国にはそれぞれに霊湯〈※神憑った効能をもつ温泉〉を有するが、その最たるものは、下野〈※上野国の誤りと思われる〉の草津、摂津の有馬、飛騨の湯島〈※下呂温泉〉の3箇所である)」とある。有名な林羅山の日本三名泉(江戸時代前期)は、万里集九の挙げた三名泉の追認・焼き直しと考えられる。草津温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 下呂町

    下呂町から見た下呂温泉下呂温泉

    下呂町(げろちょう)は、岐阜県益田郡にあった町である。平成16年(2004年)3月1日に益田郡の他4町村と合併し、下呂市となった。下呂温泉で有名な町である。下呂町 フレッシュアイペディアより)

  • 濃飛乗合自動車

    濃飛乗合自動車から見た下呂温泉下呂温泉

    開設当初は下呂温泉・高山 - 白川郷 - 金沢駅の運行であったが、2008年4月より下呂温泉乗り入れが廃止された。濃飛乗合自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 下呂市

    下呂市から見た下呂温泉下呂温泉

    下呂市(げろし)は、岐阜県の中部に位置する市。下呂温泉で知られる。下呂市 フレッシュアイペディアより)

  • 飛騨川

    飛騨川から見た下呂温泉下呂温泉

    飛騨川に沿って国道41号が美濃加茂市から高山市久々野町まで通過している。飛水峡、中山七里等を通過する観光道路であり下呂温泉へ向かう唯一の幹線道路である。交通量も多く山間部でありながらトラックやバスなど大型車両が頻繁に通過する。異常気象時には通行止めになる区間が多い。1968年(昭和43年)8月、乗鞍岳登山に向かう観光バス15台中2台が折からの豪雨(昭和43年8.17水害)によるがけ崩れの直撃を受け、上麻生ダム直下流地点の飛騨川に転落した。この飛騨川バス転落事故は日本のバス事故史上最悪の惨事となり、乗員・乗客107人中104人が死亡した。現在事故地点には「天心白菊の塔」という慰霊碑が建立され、上麻生ダム管理所の職員によって清掃・献花が行われている(事故の詳細は飛騨川バス転落事故を参照)。飛騨川 フレッシュアイペディアより)

  • 白川温泉 (岐阜県)

    白川温泉 (岐阜県)から見た下呂温泉下呂温泉

    名古屋市方面からだと下呂温泉の手前に位置し、かつては多くの旅館があったという。中央自動車道の開通により、下呂町(現下呂市)、高山市方面のルートが中央自動車道中津川インターチェンジ〜国道257号〜国道256号になると、利用者が減少したという。白川温泉 (岐阜県) フレッシュアイペディアより)

  • 下原ダム

    下原ダムから見た下呂温泉下呂温泉

    下原ダムは名古屋市・岐阜市方面からでは国道41号を下呂市金山町中心部から高山市方面に北進すると、右手に見えてくる。ダムは常に放流を行っているが、これは付近が飛水峡と並ぶ飛騨川の代表的な峡谷である中山七里の中央部にあたり、飛騨川の景観保護を目的に1997年(平成9年)に改正された河川法の趣旨に基づいて放流を行っているものである。中山七里は切り立った岩の間を荒々しく飛騨川が流れる渓谷で奇岩も多く、飛騨木曽川国定公園の観光地の一つにもなっている。さらに北上すれば岐阜県の代表的な観光地である下呂温泉にも到達し、名湯を求めて多くの観光客が訪れる。下原ダム フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄下呂病院

    名鉄下呂病院から見た下呂温泉下呂温泉

    名鉄下呂病院(めいてつげろびょういん)は、岐阜県下呂市の名古屋鉄道系の病院。名古屋鉄道健康保険組合の直営として運営されていた下呂温泉を利用したリハビリテーション専門病院である。2007年(平成19年)2月、建物老朽化、医師・看護師の確保が困難であることなどにより閉鎖が決定され(新聞発表は4月19日)、同年10月31日をもってその歴史に幕を下ろした。名鉄下呂病院 フレッシュアイペディアより)

  • 奈川渡ダム

    奈川渡ダムから見た下呂温泉下呂温泉

    松本市中心市街地を起点として国道158号が敷設され、長野自動車道・松本インターチェンジを経て奈川渡ダムへとつながっている。道路は3ダムの右岸を走り、奈川渡ダム天端道路で左岸へと渡る。この先は上高地・乗鞍高原や沢渡温泉・坂巻温泉・白骨温泉へと続き、さらには安房トンネル経由で岐阜県高山市に至る。また、奈川渡ダムより右岸側をさかのぼると野麦峠へ至り、旧木曽福島町方面や、旧高根村経由で下呂温泉方面にも行くことができる。観光道路として交通の要衝であり、夏期は上高地の観光シーズン最盛期とあって大型観光バスが多数往来し、たいへん混雑する。奈川渡ダム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示

「下呂温泉」のニューストピックワード