62件中 11 - 20件表示
  • 下呂発 温泉博物館

    下呂発 温泉博物館から見た下呂温泉下呂温泉

    温泉を「科学」と「文化」の両面から扱う博物館として2004年(平成16年)4月に下呂温泉温泉街の一角に開館。温泉に関わる約400点の展示資料に加えて、温泉に関する書籍や学会誌なども収蔵している。下呂発 温泉博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県道88号下呂小坂線

    岐阜県道88号下呂小坂線から見た下呂温泉下呂温泉

    下呂市三原の国道41号交点が起点。起点からすぐに2001年(平成13年)に開通した少ヶ野トンネル(延長514m)になる。トンネルを出るとJR高山本線とともに飛騨川の右岸に沿って北上する。JR下呂駅前を過ぎると、下呂温泉の旅館やホテルが沿線にいくつか建ち並ぶ。まもなく下呂市萩原地区に入る。萩原市街を右手に見ながら飛騨川右岸に沿い上流に向かい北上する。JR上呂駅の対岸、下呂市萩原町尾崎でしばらく岐阜県道98号宮萩原線と重複している。岐阜県道98号宮萩原線と分かれるあたりで飛騨川が90度大きく東にカーブしており、それに合わせて東に向かう。しばらく進むと下呂市小坂地区に入る。JR飛騨小坂駅前を通過し、はじめて飛騨川を渡る。旧国道41号線にぶつかり、右折する。旧国道41号を起点方向(下呂温泉方面)に戻る形で下呂市小坂町小坂町の国道41号交点が終点。終点の小坂町小坂町は「おさかちょうおさかまち」と読む。岐阜県道88号下呂小坂線 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本忠博

    宮本忠博から見た下呂温泉下呂温泉

    下呂温泉 ホテルくさかべアルメリア(中京広域圏ローカルCM)宮本忠博 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉寺 (下呂市)

    温泉寺 (下呂市)から見た下呂温泉下呂温泉

    一羽の白鷺が下呂温泉の源泉を知らせたという「白鷺伝説」に由来する寺である。温泉寺 (下呂市) フレッシュアイペディアより)

  • 上麻生ダム

    上麻生ダムから見た下呂温泉下呂温泉

    上麻生ダムへは美濃加茂市から国道41号を下呂温泉・高山市方面へ進み、約20キロメートルほど国道を道沿いに進むと左側に見えてくる。途中道の駅ロック・ガーデンひちそうを超え上麻生橋を渡ると左手に上麻生発電所・新上麻生発電所が見え、天心白菊の塔を過ぎるとすぐ到着する。ただし駐車場などはない。公共交通機関ではJR高山本線・白川口駅が最寄の駅になる。高山本線からだと国道よりもダム全体を眺めることが可能である。上麻生ダム フレッシュアイペディアより)

  • 北条浩 (学者)

    北条浩 (学者)から見た下呂温泉下呂温泉

    下呂温泉史料集』編 下呂温泉保護協会 1967北条浩 (学者) フレッシュアイペディアより)

  • 岩屋ダム

    岩屋ダムから見た下呂温泉下呂温泉

    岩屋ダムへは国道41号を下呂温泉・高山方面へ北上し、濃飛横断自動車道下呂ICより入り、金山IC出口から岐阜県道86号金山明宝線に入り車で10分程度で到着する。または、下呂市金山町の国道41号下妙見交差点より国道256号に入る(案内看板あり)。郡上市・和良方面へ直進し、途中広瀬(和良川合流点)付近で岐阜県道86号金山明宝線に入る。その後は馬瀬川第二ダムに沿って北上すると到着する。(下妙見交差点より車で20分程度)岩屋ダム フレッシュアイペディアより)

  • 古田靖志

    古田靖志から見た下呂温泉下呂温泉

    2004年に下呂温泉に開館した日本初の温泉専門の博物館「下呂発温泉博物館」をつり、名誉館長となっている。古田靖志 フレッシュアイペディアより)

  • 奥座敷

    奥座敷から見た下呂温泉下呂温泉

    中京の奥座敷:下呂温泉奥座敷 フレッシュアイペディアより)

  • 開湯伝説

    開湯伝説から見た下呂温泉下呂温泉

    白鷺    下呂温泉、山中温泉、道後温泉など開湯伝説 フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「下呂温泉」のニューストピックワード