62件中 21 - 30件表示
  • 萩原町 (岐阜県)

    萩原町 (岐阜県)から見た下呂温泉下呂温泉

    南に天下の三名泉の一つ下呂温泉がある下呂町、北に御嶽山をはじめとする山々の自然や秘湯濁河温泉がある小坂町という観光立町にはさまれているが、萩原町は昔から益田郡の政治・文化の中心地として栄えていた。萩原町 (岐阜県) フレッシュアイペディアより)

  • 恵那錆石

    恵那錆石から見た下呂温泉下呂温泉

    墓石に使用される他、下呂温泉では、いくつかの旅館の浴槽にも使用されている。恵那錆石 フレッシュアイペディアより)

  • 飛騨川流域一貫開発計画

    飛騨川流域一貫開発計画から見た下呂温泉下呂温泉

    飛騨川は木曽川水系における最大級の支流である。乗鞍岳と御嶽山の中間、小説・映画『あゝ野麦峠』で知られる岐阜・長野県境の野麦峠(標高1,672メートル)を水源とし、高山市を西、後に宮峠付近より南へと流れ下呂温泉で名高い下呂市を貫流。流域最大の支流・馬瀬(まぜ)川を下呂市金山町の金山橋付近で合わせた後は概ね南西に流路を取り、美濃加茂市において木曽川に合流、太平洋に注ぐ。流路延長約148.0キロメートル、流域面積約2,177平方キロメートルの河川であり、規模としては木曽三川に包括される揖斐川(長さ約121.0キロメートル、流域面積約1,840平方キロメートル)、長良川(長さ約165.7キロメートル、流域面積約1,985平方キロメートル)に匹敵し、特に流域面積については木曽川水系では最大の面積を有する。なお、かつては源流の野麦峠から馬瀬川合流点までを「益田(ました)川」、馬瀬川合流点より木曽川合流点までを「飛騨川」と呼称していたが、1964年(昭和39年)に河川法が改訂され、水系一貫管理の観点から源流より木曽川合流点までの全域が1965年(昭和40年)に「飛騨川」と改称された。飛騨川流域一貫開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄旅〜列車でぐるりと温泉に行こう!〜

    鉄旅〜列車でぐるりと温泉に行こう!〜から見た下呂温泉下呂温泉

    中川家の中川剛と中川礼二らが鉄道で旅をし、その魅力や名所を紹介。名古屋から日本海を経由し、岐阜の下呂温泉を目指した。鉄旅〜列車でぐるりと温泉に行こう!〜 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県の観光地

    岐阜県の観光地から見た下呂温泉下呂温泉

    ファイル:Gero Spa Kawararoten.JPG|下呂温泉岐阜県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 濁河温泉

    濁河温泉から見た下呂温泉下呂温泉

    下呂市と言っても下呂温泉からは遠く離れており、元益田郡小坂町の山あいにある秘湯。濁河温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 安蒜豊三

    安蒜豊三から見た下呂温泉下呂温泉

    下呂温泉観光ホテル湯元館安蒜豊三 フレッシュアイペディアより)

  • リゾート

    リゾートから見た下呂温泉下呂温泉

    定山渓温泉、花巻温泉郷、いわき湯本温泉(代表的な施設:スパリゾートハワイアンズ)、鬼怒川・川治温泉、草津温泉、箱根温泉(代表的な施設:箱根小涌園)、越後湯沢温泉、和倉温泉、加賀温泉郷、下呂温泉、熱海温泉、伊東温泉、有馬温泉、城崎温泉、南紀白浜温泉、皆生温泉、道後温泉、別府温泉、由布院温泉、霧島温泉郷、指宿温泉などリゾート フレッシュアイペディアより)

  • 下原ダム

    下原ダムから見た下呂温泉下呂温泉

    下原ダムは名古屋市・岐阜市方面からでは国道41号を下呂市金山町中心部から高山市方面に北進すると、右手に見えてくる。ダムは常に放流を行っているが、これは付近が飛水峡と並ぶ飛騨川の代表的な峡谷である中山七里の中央部にあたり、飛騨川の景観保護を目的に1997年(平成9年)に改正された河川法の趣旨に基づいて放流を行っているものである。中山七里は切り立った岩の間を荒々しく飛騨川が流れる渓谷で奇岩も多く、飛騨木曽川国定公園の観光地の一つにもなっている。さらに北上すれば岐阜県の代表的な観光地である下呂温泉にも到達し、名湯を求めて多くの観光客が訪れる。下原ダム フレッシュアイペディアより)

  • 尾張温泉

    尾張温泉から見た下呂温泉下呂温泉

    下呂温泉 - 尾張温泉と同じく、東放企業が運営する「湯本館」というホテルがある。尾張温泉 フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示

「下呂温泉」のニューストピックワード