54件中 41 - 50件表示
  • 下呂温泉

    下呂温泉から見たヤマモモ

    奥田家下呂膏 - 黄蘗(オウバク/キハダ)、楊梅皮(ヨウバイヒ)などが配合された地元特産の膏薬。奥田又右衛門膏本舗製造。下呂温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 下呂温泉

    下呂温泉から見た猪谷駅

    東海旅客鉄道(JR東海)高山本線:名古屋駅 - 岐阜駅 - 美濃太田駅 - 下呂駅 - 高山駅 - 飛騨古川駅 - 猪谷駅 - 越中八尾駅 - 富山駅(最速の特急ひだ号の場合)下呂温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 下呂温泉

    下呂温泉から見た人形

    さるぼぼ - 意味は「猿の赤ちゃん」。赤い服を着たのっぺらぼうの人形下呂温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 下呂温泉

    下呂温泉から見た美濃太田駅

    東海旅客鉄道(JR東海)高山本線:名古屋駅 - 岐阜駅 - 美濃太田駅 - 下呂駅 - 高山駅 - 飛騨古川駅 - 猪谷駅 - 越中八尾駅 - 富山駅(最速の特急ひだ号の場合)下呂温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 下呂温泉

    下呂温泉から見た美濃国

    「下呂」の名の起源は律令制の時代にさかのぼる。「続日本紀」によれば、776年(宝亀2年)下呂温泉の付近には美濃国の菅田駅と飛騨国大野郡の伴有駅(上留駅)があった。しかし、この2つの駅間は遠い上に道も険しかったため、間に駅を新たに置くこととなり、下留駅(しものとまりえき)を置いた。やがて、時代が進むに従い下留(げる)と音読みするようになり、転じて現在の音と表記になった。下呂温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 下呂温泉

    下呂温泉から見た薬師如来

    1265年(文永2年)に山頂からの湧出は止まったが、現在の温泉地である飛騨川の河原に湧出しているところを発見された。このことは開湯伝説における白鷺伝説(薬師如来が一羽の白鷺に化身し、湧出地を知らせたという伝説)として伝わる。湯口の移動により、湯ヶ峰に安置してあった薬師如来像を村里に移動し、温泉寺とした。室町時代に、五山僧・万里集九が草津・有馬とともに天下三名泉として全国に紹介した。1621年には林羅山が著書の中で草津・有馬とともに名湯として挙げている。中根山の山麓に建つ温泉寺は江戸時代の創建と言われる(1671年)。当時の泉名は「湯島」と言い、その後、湯之島温泉が下呂温泉の別名としても使われた。温泉地は飛騨川の氾濫の度に壊滅的な被害を受けてきたが、その度に復興してきたものの、安政の大洪水で湯脈が破壊されて湧出口を失い、明治時代にわずかに出たものの寂れてしまった。下呂温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 下呂温泉

    下呂温泉から見た続日本紀

    「下呂」の名の起源は律令制の時代にさかのぼる。「続日本紀」によれば、776年(宝亀2年)下呂温泉の付近には美濃国の菅田駅と飛騨国大野郡の伴有駅(上留駅)があった。しかし、この2つの駅間は遠い上に道も険しかったため、間に駅を新たに置くこととなり、下留駅(しものとまりえき)を置いた。やがて、時代が進むに従い下留(げる)と音読みするようになり、転じて現在の音と表記になった。下呂温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 下呂温泉

    下呂温泉から見た京都駅

    特急ワイドビューひだ号が大阪・京都・米原、名古屋、一宮、岐阜、高山、富山方面から毎日運行下呂温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 下呂温泉

    下呂温泉から見たさるぼぼ

    さるぼぼ - 意味は「猿の赤ちゃん」。赤い服を着たのっぺらぼうの人形。下呂温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 下呂温泉

    下呂温泉から見た栃の実

    栃の実せんべい - 栃の実を練りこんだ煎餅。甘みがあり軟らかいものが多い。下呂温泉 フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示

「下呂温泉」のニューストピックワード