113件中 41 - 50件表示
  • アニスタ.TV

    アニスタ.TVから見た下川みくに下川 みくに

    下川みくにと野川さくらの今夜もミックリサックリ(野川さくら・下川みくにアニスタ.TV フレッシュアイペディアより)

  • ねずみは米がすき

    ねずみは米がすきから見た下川みくに下川 みくに

    下川みくにのアルバム『Heavenly』(2009年3月18日発売)の12曲目に収録。同じ枯堂夏子の日本語詞によるもので、歌詞もサビの中国語の部分を含めて同じである。編曲はAsian Lovers Band。ねずみは米がすき フレッシュアイペディアより)

  • しんドル

    しんドルから見た下川みくに下川 みくに

    しんドルは、ジャパンエフエムネットワーク(JFN)製作によりJFN系列局のネットで放送されていた深夜放送。TOKYO FM内のJFNスタジオから放送されていた。「しんドル」としての番組自体は1998年4月1日にオフサイド大西(教官役)と中嶋ミチヨ(秘書役)のパーソナリティでスタート。1999年4月1日からは「ラジオ黄金時代」1部内の月〜木曜の帯番組「しんドルマニア」として移動。10月7日からはオフサイド大西メインで「ラジオ黄金時代」木曜日2部の枠に移り「しんドルパーラー」となる。2001年1月4日からは内包番組だった「ミクリックRADIO」の下川みくににメインパーソナリティが交替(この時にステッカーに「ラジオ黄金時代木曜日」と声が入るようになる)。大西はレギュラー出演からは退くものの、後見人のような形でその後も数回、番組には顔を出していた。2003年4月3日からタイトルが再び「しんドル」に戻る。2005年3月31日、通算7年間の放送に幕を下ろした。しんドル フレッシュアイペディアより)

  • MUTUAL LOVE

    MUTUAL LOVEから見た下川みくに下川 みくに

    2008年10月5日から2009年12月27日まで放送。パーソナリティは下川みくにMUTUAL LOVE フレッシュアイペディアより)

  • 下川みくにのLoveMusic!

    下川みくにのLoveMusic!から見た下川みくに下川 みくに

    下川みくにの、東海ラジオにおける初のレギュラー番組。『下川みくにの見えちゃうラジオ』以降は名古屋市内の本社スタジオで生放送、収録が行われているが、この番組は東京都の日比谷公園近くの東京支社スタジオで収録されていた。スタジオを出て、日比谷周辺でロケをしながら収録を行ったこともあった。下川みくにのLoveMusic! フレッシュアイペディアより)

  • Mikuni Shimokawa Singles & Movies

    Mikuni Shimokawa Singles & Moviesから見た下川みくに下川 みくに

    『Mikuni Shimokawa Singles & Movies』(ミクニ・シモカワ シングルス・アンド・ムービーズ)は、下川みくにのベスト・アルバム。2005年8月18日にポニーキャニオンより発売された。品番はPCCA-02170。Mikuni Shimokawa Singles & Movies フレッシュアイペディアより)

  • 水口昌彦

    水口昌彦から見た下川みくに下川 みくに

    1982年に技術職でフジテレビを受験して採用されたが、配属は編成部だった。その後、第二制作部(当時)へ異動、石田弘の下で下積み経験をする。AD時代、「夕やけニャンニャン」でおニャン子クラブの教育係「マイケル水口」として出演。のちに番組プロデューサーとして「DAIBAッテキ!!」を開始、下川みくに、熊切あさ美らを輩出したアイドルグループ・チェキッ娘を生み出す。チェキッ娘については、元メンバーからは今でも「パパ」と慕われ、「DAIBAクシン!!」シリーズ終了後の時にはメンバー全員と1時間ずつ面接を行い「チェキッ娘の名を語ってヌードにはなるな」と言っていたという。近年の元メンバーの結婚式の時にはよく出席し、この度に元メンバーのブログにもその模様が掲載されていることが多い。水口昌彦 フレッシュアイペディアより)

  • 東京国際アニメフェア2008 超!ステーション

    東京国際アニメフェア2008 超!ステーションから見た下川みくに下川 みくに

    3月29日のトップバッターに下川みくにのライブが行われた。『進め!狂乱電波日記』のステージでは当日司会進行だった男性パーソナリティがその日だけでお役御免で同年4月4日スタートの『進め!狂乱電波日記』では藤村歩と佐藤利奈のコンビで番組を進行することがステージ上で発表された。さらに別のブースのイベントステージから急遽戸松遥が駆けつける場面もあった(これがきっかけで『進め!狂乱電波日記』とは異なるインターネットラジオ番組『進ぬ!狂乱家族計画』という番組もランティスネットラジオにて立ち上がることになった。詳細については『進め!狂乱電波日記』を参照のこと)。東京国際アニメフェア2008 超!ステーション フレッシュアイペディアより)

  • ONENESS (Animelo Summer Liveの曲)

    ONENESS (Animelo Summer Liveの曲)から見た下川みくに下川 みくに

    歌:アニサマフレンズ(愛内里菜、石田燿子、近江知永、奥井雅美、影山ヒロノブ、can/goo、栗林みな実、下川みくに、JAM Project、鈴木達央、高橋直純、水樹奈々、unicorn table、米倉千尋)ONENESS (Animelo Summer Liveの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 矢作美樹

    矢作美樹から見た下川みくに下川 みくに

    1998年にフジテレビのオーディション番組『DAIBAッテキ!』の第1回オーディションで、田中里奈、下川みくにらと共に選ばれ女性アイドルグループ「チェキッ娘」の一員としてデビュー。『はじまり』、『最初のキモチ』、『海へ行こう〜Love Beach Love〜』、『ありがとう』のそれぞれのシングルにおいて、フロントメンバー(メインボーカル)を務めた。矢作美樹 フレッシュアイペディアより)

113件中 41 - 50件表示

「下川みくに」のニューストピックワード