下越のできごと ニュース&Wiki etc.

下越地方(かえつちほう)は、新潟県の北東部に位置し、中心都市は新潟市で県庁所在地である。新潟県は地理的に4つの地域に分けられるがその一つである。他の3つは上越地方・中越地方・佐渡地方。 (出典:Wikipedia)

「下越のできごと」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「下越地方」のつながり調べ

  • コシヒカリ

    コシヒカリから見た下越地方

    日本穀物検定協会による平成20年度の「米の食味ランキング」において最高の「特A」を得たコシヒカリの産地は、山形県の内陸、下越以外の新潟県の全域、福島県の会津、群馬県の北毛、長野県の東信、山梨県の峡北だった。この内、新潟県の魚沼産が一番高値で取引されている。すなわち、食味の良い産地は新潟県周辺の内陸部に集中しているが、これらの地域では夏季にフェーン現象などで昼間に高温になりながらも夜間は熱帯夜になりづらいという気候の特徴が共通している。また近年では、誕生した福井県産も最高ランクを立て続けに獲得している。(コシヒカリ フレッシュアイペディアより)

  • 北陸地方

    北陸地方から見た下越地方

    現在の新潟県には、新潟県(下越地方)、相川県(佐渡島)、柏崎県(中越地方と上越地方)が分立したが、1873年6月10日には新潟県に編入された。現在の北陸3県には、新川県(現富山県)や石川県や足羽県(嶺北)が分立したが、1876年8月21日には全て石川県に編入された。しかし、各地の分県運動の結果、1881年2月7日には石川県から嶺北が福井県として分離され、1883年には石川県から旧新川県が富山県として分離された。嶺南は、1876年8月21日以後は滋賀県に編入されたが、1881年2月7日には滋賀県から分離されて福井県に編入された。(北陸地方 フレッシュアイペディアより)

「下越地方」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「下越のできごと」のニューストピックワード