88件中 11 - 20件表示
  • 新発田市

    新発田市から見た下越地方下越地方

    新発田市(しばたし)は、新潟県下越地方にある市である。新発田市 フレッシュアイペディアより)

  • 郡山 - 新潟線

    郡山 - 新潟線から見た下越地方下越地方

    新潟県中越地震では上越新幹線、上越線、関越自動車道などが被災して一部区間が損壊し、新潟県下越地方と首都圏とを直結する陸上交通路が断たれた。しかし磐越自動車道は被害を受けなかったことから当路線を代替の陸上ルートとして活用するに至り、10月26日から臨時便6往復を増発、1日8往復体制で運行した(一時さらに増発し、1日最大9往復を運行した日もある)。上越新幹線は同年12月28日に全線で運行を再開したが、この郡山 - 新潟線の増発措置は2005年1月10日まで実施された。郡山 - 新潟線 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟大停電

    新潟大停電から見た下越地方下越地方

    新潟大停電(にいがただいていでん)は、2005年12月22日から23日にかけて東北電力の管轄の新潟県下越地方を中心に新潟県の広い範囲で発生した大規模な停電である。この停電に対する正式な名称は存在しないが、マスメディアなどによる報道ではこの名称が使用されることが多いので、ウィキペディアでもこの呼称を用い、本項を作成している。また新潟停電とも呼ばれる。新潟大停電 フレッシュアイペディアより)

  • 会津三方道路

    会津三方道路から見た下越地方下越地方

    現在の国道49号(いわき?新潟市)は多くの改良を含みながら、おおむねこの道路に沿う経路で福島県会津地方と新潟県下越地方を結んでいるが、小出峠を経由せずに車峠を経由するなど、経路の違いもある。また、この工事の際に本尊岩隧道(現在は、高度経済成長期の改良後に改築されたものが利用されている)の整備も行われた。会津三方道路 フレッシュアイペディアより)

  • 内の倉ダム

    内の倉ダムから見た下越地方下越地方

    こうして河川改修は継続して行われていたが1966年(昭和41年)7月17日、新潟県下越地方を集中豪雨が襲い、内の倉川上流部で一日の総降水量が267ミリに達した。このため加治川は各所で堤防決壊を起こして11,700ヘクタールが浸水の被害に遭った。この豪雨を機に新潟県は加治川改良工事全体計画を改め、毎秒2,000トンの計画高水流量を毎秒3,000トンへと変更する方針に切り替えた。ところがその一年後の1967年(昭和42年)8月28日、新潟県下越地方を再び集中豪雨が襲った。いわゆる羽越豪雨である。この羽越豪雨は新潟県と山形県に壊滅的な被害をもたらしたが、特に下越地方の被害は凄まじく荒川や胎内川などの沿岸は平野が湖水と化した。加治川流域でも一日の総降水量が内の倉川上流の二王子岳で337ミリ、加治川上流の赤谷で355ミリ、東北電力加治川ダム地点で496ミリの猛烈な豪雨を記録。加治川は新発田市西名柄や向中条で堤防が決壊して新発田市をはじめ新潟市にまで浸水の被害は及び、前年の豪雨をはるかに上回る大災害となった。二年連続で集中豪雨の被害を受けた新発田市を洪水から守るために新潟県は当初の全体計画よりも倍となる毎秒4,000トンの計画高水流量を策定し、うち毎秒3,000トンを堤防改修を始めとした河道整備、残り毎秒1,000トンを加治川上流ダム群計画で補うこととした。これにより加治川本流と内の倉川に治水ダムが計画されることになった。内の倉ダム フレッシュアイペディアより)

  • 羽越豪雨

    羽越豪雨から見た下越地方下越地方

    「羽越」という名称が付けられた通り、主に山形県と新潟県下越地方を中心に被害が発生。死者104名を出す大きな被害をもたらし、激甚災害に指定されたが気象庁では「顕著な災害」として扱っていない。この災害を契機に荒川、胎内川、最上川などの治水計画が見直されるきっかけとなった。羽越豪雨 フレッシュアイペディアより)

  • 平成10年8月新潟豪雨

    平成10年8月新潟豪雨から見た下越地方下越地方

    4日未明から新潟県下越地方や佐渡地方を中心に非常に激しい雨が降り、安田町の宝珠山では4日の24時間降水量270ミリを観測した。また新潟市では24時間降水量265ミリを観測、1886年(明治19年)の観測開始以来第1位の記録となった。このほか新潟市では排水機場のポンプが故障したこともあり、市内各所で浸水被害が相次いだ。この豪雨による浸水被害の約8割は新潟市内で発生している。市内主要道路も広範囲に渡り冠水し、都市機能は完全に麻痺した。また越後線の小針駅 - 寺尾駅間で線路路盤の一部が流出し、災害の後もしばらくの間徐行運転を余儀なくされた。平成10年8月新潟豪雨 フレッシュアイペディアより)

  • NHK赤塚ラジオ放送所

    NHK赤塚ラジオ放送所から見た下越地方下越地方

    当放送所は、新潟市西区中権寺に置かれ、下越地方や佐渡地方の広範囲に電波を発射している。NHK赤塚ラジオ放送所 フレッシュアイペディアより)

  • 越後文書宝翰集

    越後文書宝翰集から見た下越地方下越地方

    計705通の古文書が44巻の巻物に装丁されている。主に中越地方・下越地方の国人領主であった武家の鎌倉時代から戦国時代にかけての文書がほとんどで、特に戦国時代に関する文書が多い。家別にみると色部氏文書が10巻(193通)を占め、他に三浦和田氏(中条氏・黒川氏など)・大見水原氏・毛利安田氏などの文書が多い。越後文書宝翰集 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴ヶ滝

    鈴ヶ滝から見た下越下越地方

    鈴ヶ滝(すずかたき)は新潟県下越、山形県との県境付近にある滝である。日本の滝百選に数えられている。三面川の支流、高根川上流の鈴谷本流にかかる滝で、朝日連峰の西側に位置するが、磐梯朝日国立公園の指定区域にはぎりぎり含まれていない。鈴ヶ滝 フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示