88件中 21 - 30件表示
  • 2014年問題

    2014年問題から見た下越地方下越地方

    この上越新幹線の地位低下や、それに伴う上越新幹線沿線の中越地方・下越地方の観光や経済への影響、北陸新幹線開通後にJRから切り離される北陸本線や信越本線などの並行在来線問題といった諸問題を懸念し、予め活性化策を講じて問題を回避させることを上越新幹線活性化同盟会は目標としている。2014年問題 フレッシュアイペディアより)

  • 下北弁

    下北弁から見た下越地方下越地方

    「?だから」をあらわすことばとして、「?すけ」というのがある。これは新潟県の中越地方や下越地方でも用いられているが、青森県の津軽地方の方言にはみられない。「?すけ」は上方の「?さかい」系の言葉である。青森県では南部地方で多く用いられる。下北では「?すて」「?して」が多用されている。「?すて」の「す」の音はsiとsuの中間音であり、曖昧に発音される。少数ではあるが、年配者で「?すけ」を用いる人がいたが、現在ではほとんどなくなりつつある。下北弁 フレッシュアイペディアより)

  • マツモトキヨシ甲信越販売

    マツモトキヨシ甲信越販売から見た下越地方下越地方

    南信地方を中心とする長野県全域に39店舗、下越地方・中越地方を中心とする新潟県に21店舗、福島県会津若松市に1店舗の計61店舗を展開している。マツモトキヨシ甲信越販売 フレッシュアイペディアより)

  • BSN新潟放送局

    BSN新潟放送局から見た下越地方下越地方

    当送信所は、新潟市中央区山二ッ5丁目10番地に置かれ、下越地方や佐渡島の広範囲に電波を発射している。BSN新潟放送局 フレッシュアイペディアより)

  • 大石ダム

    大石ダムから見た下越地方下越地方

    荒川は新潟県下越地方を流れる水量の豊富な河川であるが、古来より氾濫を繰り返した。1966年(昭和41年)と1967年(昭和42年)には連続してこの地域を集中豪雨が襲ったが、特に1967年の豪雨は羽越豪雨・羽越水害と別称され、荒川流域は荒川・大石川の堤防決壊で多くの死者・行方不明者と農地への甚大な被害を出し、さらに赤芝ダム・岩船ダムといった水力発電施設にも被害を与え、関川村は村予算の60年分にも及ぶ損害額を出したのを始め流域に未曾有(みぞう)の壊滅的被害をもたらした。大石ダム フレッシュアイペディアより)

  • 七折峠

    七折峠から見た下越下越地方

    本峠を経由する交通路のうち、磐越自動車道と国道49号は福島県会津地方と新潟県下越地方を結んでいるが、かつて江戸時代に同じような性格を持って両地域を結んでいた越後街道は本峠を経由せず、本峠北の鐘撞堂峠を経由していた。当時、本峠付近を経由していたのは会津沼田街道であった。七折峠 フレッシュアイペディアより)

  • 栃窪峠

    栃窪峠から見た下越地方下越地方

    古来、魚沼丘陵を越えて中魚沼郡(妻有)と南魚沼郡(上田)を結ぶ峠は、多数存在していたが、栃窪峠は中世から近世にかけて最も利用された。上杉謙信の時代には、春日山から南魚沼、やがて三国峠を越えて関東地方へ至る最短ルートとして整備され重要視された。このため峠を通過する道は、関東街道と呼ばれたほか、地元の地名から妻有街道、高田街道、柏崎街道と呼ばれた。江戸時代においても人の往来や物資の移動が盛んであり、南魚沼(上田)側には口留番所が設置され、往来の監視と峠道の整備が図られた。明治時代になり、下越地方と関東地方を結ぶ信越本線が開通すると栃窪峠の重要性は低下。さらに20世紀後半になると近隣の八箇峠道路(国道253号)などの整備が優先的に進められ、南魚沼と中魚沼を結ぶ主要ルートからは外されている。栃窪峠 フレッシュアイペディアより)

  • 豊栄 (地名)

    豊栄 (地名)から見た下越地方下越地方

    豊栄市(とよさかし) - 新潟県下越地方に存在した市。2005年3月21日に他11市町村とともに新潟市へ編入された。現在の北区。豊栄 (地名) フレッシュアイペディアより)

  • 置賜地方

    置賜地方から見た下越地方下越地方

    置賜地方は、旧郡の置賜郡一帯に相当する地域名称で、四方を奥羽山脈や吾妻山地、飯豊山地などの山に囲まれている。東は宮城県や福島県福島市と接しており、北に山形県村山地方、南に福島県会津地方、北西に庄内地方、新潟県下越地方と接する。置賜地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東川口 (長岡市)

    東川口 (長岡市)から見た下越下越地方

    江戸時代に入ると、河口村はもっぱら川口村と表記されるようになり、高田藩に属した。1647年(正保4年)、川口村の中林庄之助が中新田を1694年(元禄7年)には中林太左衛門が中林新田を開いた。また1649年(慶安2年)、妙見(長岡) - 川口 - 和南津の渡し - 堀之内に至る佐渡金山からの輸送路として使用された佐州三路のひとつである三国街道の新道が開削され、当地に本陣がおかれた。川口宿のある三国街道は中越・下越各藩の参勤交代路として利用されたほか、佐渡奉行の通行や鉱山水汲人夫の目籠送りなどのさいは関東へ最短距離の往還路として利用された。また、上田郷や妻有郷への物資輸送基点としても発達した。川口宿は本陣の置かれた中林家を中心とする30軒強の一本町であったが、脇本陣は寺院が勤めたほか問屋や馬指がそれぞれ1軒あるのみで旅籠は1軒もなかったが、参勤交代や目籠送りなどの公用には多くの労力が必要であったため、近隣からの助郷が大規模に徴用された。これに伴い、川口村では宿役160石が石高から免除されている。東川口 (長岡市) フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示