106件中 21 - 30件表示
  • オール飯豊

    オール飯豊から見た下越地方下越地方

    、新潟県の下越地区の高校野球経験者の受け皿となるべく、新潟県岩船郡神林村を本拠地に『渡辺クラブ』として創設。オール飯豊 フレッシュアイペディアより)

  • BSN新潟放送局

    BSN新潟放送局から見た下越地方下越地方

    当送信所は、新潟市中央区山二ッ5丁目10番地に置かれ、下越地方や佐渡島の広範囲に電波を発射している。BSN新潟放送局 フレッシュアイペディアより)

  • 城資盛

    城資盛から見た下越地方下越地方

    十数年を経た建仁元年(1201年)に至り、越後において叔母の坂額御前とともに挙兵し、周辺地域の御家人を圧倒する(建仁の乱)。これに対し鎌倉幕府は佐々木盛綱を大将とする追討軍を派遣させた。反乱軍は要害の下越地方の鳥坂城(現・新潟県胎内市)に拠って善戦するが、最終的には坂額が負傷し捕虜となったことから総崩れとなり、資盛は脱出して行方不明となった。その後は北上して出羽に潜伏したと伝わるが、消息は定かではない。城資盛 フレッシュアイペディアより)

  • 大石ダム

    大石ダムから見た下越地方下越地方

    荒川は新潟県下越地方を流れる水量の豊富な河川であるが、古来より氾濫を繰り返した。1966年(昭和41年)と1967年(昭和42年)には連続してこの地域を集中豪雨が襲ったが、特に1967年の豪雨は羽越豪雨・羽越水害と別称され、荒川流域は荒川・大石川の堤防決壊で多くの死者・行方不明者と農地への甚大な被害を出し、さらに赤芝ダム・岩船ダムといった水力発電施設にも被害を与え、関川村は村予算の60年分にも及ぶ損害額を出したのを始め流域に未曾有(みぞう)の壊滅的被害をもたらした。大石ダム フレッシュアイペディアより)

  • 水原県

    水原県から見た下越地方下越地方

    水原県(すいばらけん)は、1869年(明治2年)に越後国全域を管轄するために明治政府によって設置された県。管轄地域は、当初は現在の佐渡市を除く新潟県全域に分布、のちに新潟県下越地方水原県 フレッシュアイペディアより)

  • ウオロク

    ウオロクから見た下越地方下越地方

    株式会社ウオロクは、新潟県新潟市中央区に本社を置き、同県下越地方・中越地方を中心にスーパーマーケットを展開する企業である。ウオロク フレッシュアイペディアより)

  • 魚栄商店

    魚栄商店から見た下越地方下越地方

    株式会社魚栄商店(うおえいしょうてん、UOEI Corporation)は、新潟県新潟市南区に本社を置き、同市を中心とした同県下越地方でスーパーマーケットチェーン「ウオエイ」を展開する企業。魚栄商店 フレッシュアイペディアより)

  • 信越地方

    信越地方から見た下越地方下越地方

    新潟県の上越、中越、下越、佐渡と、長野県の北信、東信、中信、南信に区分される。都道府県間の人口流動の統計において、両県とも相手県は上位に位置する。信越地方 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県県央地域

    新潟県県央地域から見た下越地方下越地方

    新潟県県央地域(にいがたけん けんおうちいき)は、新潟県にある広域地名。同県の大河津分水より北で、新潟市より南に位置する一帯である。同県の中越東部から下越西部にわたる。略称は県央。新潟県県央地域 フレッシュアイペディアより)

  • 越後文書宝翰集

    越後文書宝翰集から見た下越地方下越地方

    計705通の古文書が44巻の巻物に装丁されている。主に中越地方・下越地方の国人領主であった武家の鎌倉時代から戦国時代にかけての文書がほとんどで、特に戦国時代に関する文書が多い。家別にみると色部氏文書が10巻(193通)を占め、他に三浦和田氏(中条氏・黒川氏など)・大見水原氏・毛利安田氏などの文書が多い。越後文書宝翰集 フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「下越のできごと」のニューストピックワード