106件中 31 - 40件表示
  • 国道290号

    国道290号から見た下越地方下越地方

    村上市から山側を経由して、下越・中越地方の内陸部の市町村を縫うように走破する。国道290号 フレッシュアイペディアより)

  • 東国

    東国から見た下越地方下越地方

    「日本」という国号が定められる前、「ヤマト」がそのまま国全体を指す言葉として使われていた当時――7世紀中葉以前の古代日本においては、現在の東北地方北部はまだその領域に入っておらず、東北地方南部から新潟県の中越・下越地方及び九州南部は未だ完全に掌握できていない辺境であり、ヤマトの支配領域は関東地方・北陸地方から九州北部までであった。つまり、「あづま」とは、「ヤマト」の東側――特にその中心であった奈良盆地周辺より東にある地域を漠然と指した言葉であったと考えられている(ただし、初めから「あづま」を東の意味で用いていたものなのか、それとも元々は別の語源に由来する「あづま」と呼ばれる地名もしくは地域が存在しておりそれがヤマトの東方にあったために、後から東もしくは東方全体を指す意味が付け加えられたものなのか、については明らかではない)。東国 フレッシュアイペディアより)

  • ル レクチエ

    ル レクチエから見た下越地方下越地方

    品種別生産量は第3位。その大半は新潟県下越地方の信濃川下流域で収穫され、特に新潟市南区白根地区の南部と月潟地区、加茂市、三条市北部にかけての地域は前述のとおり栽培発祥の地ということもあり、特産品となっている。近年では生産技術の向上により、収穫量は年々増加している。収穫は毎年10月頃におこなわれ、11月から12月にかけて出荷される。ル レクチエ フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省直轄ダム

    国土交通省直轄ダムから見た下越地方下越地方

    戦後、国土総合開発法に基づく特定地域総合開発計画のうち、北陸地方の河川に関連するものとしては只見川を中心とした阿賀野川、信濃川水系が対象の只見特定地域総合開発計画、神通川、常願寺川、庄川水系を対象とした飛越特定地域総合開発計画があるが、何れも主目的は電力会社が事業主体の水力発電であり治水は常願寺川の砂防事業程度であった。活発な水力発電開発により黒部ダム(黒部川)を筆頭に日本屈指の規模を持つダムが多く建設されたが、他地域で盛んに実施されていた河川総合開発事業に基づく治水が主目的の多目的ダム事業は一級河川では富山県が神通川水系の支流で実施した程度であった。しかし1967年(昭和42年)に新潟県下越地方・山形県置賜地方を襲った羽越豪雨は特に荒川流域に致命的な被害を与え、1969年(昭和44年)8月の前線による集中豪雨は信濃川・黒部川流域に大きな被害をもたらした。これら水害を機に新たな河川整備が計画され、荒川では二級河川だった河川等級を1968年(昭和43年)に一級河川に昇格させ大石(大石川)・横川ダムが、信濃川水系では関屋分水・蒲原大堰(信濃川)などといった下流部治水事業に加え支流魚野川流域に三国川(さぐりがわ)ダム(三国川)と犀川流域に大町ダムが建設され、水力発電専用ダムしか存在しなかった黒部川水系にも宇奈月ダム(黒部川)が建設された。一方石川県最大の河川・手取川では手取川ダムを巡り旧建設省の治水事業、電源開発・北陸電力の水力発電事業、石川県による水道事業が競合していたが一本化され、河川法第17条に基づき四事業者の共同事業による手取川総合開発事業として1979年(昭和54年)完成した。国土交通省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 郡山 - 新潟線

    郡山 - 新潟線から見た下越地方下越地方

    新潟県中越地震では上越新幹線、上越線、関越自動車道などが被災して一部区間が損壊し、新潟県下越地方と首都圏とを直結する陸上交通路が断たれた。しかし磐越自動車道は被害を受けなかったことから当路線を代替の陸上ルートとして活用するに至り、2004年10月26日から臨時便6往復を増発、1日8往復体制で運行した(一時さらに増発し、1日最大9往復を運行した日もある)。上越新幹線は同年12月28日に全線で運行を再開したが、この郡山 - 新潟線の増発措置は2005年1月10日まで実施された。郡山 - 新潟線 フレッシュアイペディアより)

  • 中村大尉事件

    中村大尉事件から見た下越地方下越地方

    中村大尉事件(なかむらたいいじけん)又は中村大尉殺害事件とは1931年(昭和6年)6月27日、新潟県蒲原郡出身の陸軍参謀中村震太郎(1897年-1931年)大尉と他3名が軍用地誌調査の命を受け、大興安嶺の東側一帯(興安嶺地区立入禁止区域に指定)に農業技師と身分を詐称して調査旅行していた際、中国張学良配下のの指揮する屯墾軍に拘束され、銃殺後に証拠隠滅のため遺体を焼き棄てられた事件のこと。中村大尉事件 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴ヶ滝

    鈴ヶ滝から見た下越下越地方

    鈴ヶ滝(すずかたき)は新潟県下越、山形県との県境付近にある滝である。日本の滝百選に数えられている。三面川の支流、高根川上流の鈴谷本流にかかる滝で、朝日連峰の西側に位置するが、磐梯朝日国立公園の指定区域にはぎりぎり含まれていない。鈴ヶ滝 フレッシュアイペディアより)

  • 堺・なんば・京都 - 柏崎・長岡線

    堺・なんば・京都 - 柏崎・長岡線から見た下越地方下越地方

    本路線開設以前、新潟県中越地方から関西へ乗り換え無しで直通する交通手段は夜行急行列車「きたぐに」に限られており、日中は下越地方の新潟市にある新潟空港から航空路線を利用するか、もしくは特急「北越」を利用し、金沢駅で特急「雷鳥」・「サンダーバード」への乗り継ぎを要していた。堺・なんば・京都 - 柏崎・長岡線 フレッシュアイペディアより)

  • 新発田藩

    新発田藩から見た下越地方下越地方

    新発田藩(しばたはん)は、越後国蒲原郡新発田(現在の新潟県新発田市)を中心に現在の下越地方の一部などを治めた藩。藩庁は新発田城。藩主は溝口氏。家格は外様大名で、石高は 6万石(のち 5万石 → 10万石と推移)。新発田藩 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲原津城

    蒲原津城から見た下越下越地方

    南北朝時代の建武2年(1335年)、小国政光により下越の南朝方諸将の拠点として金宝寺の建つ金鉢山に蒲原津城を築城された。蒲原津城 フレッシュアイペディアより)

106件中 31 - 40件表示

「下越のできごと」のニューストピックワード