88件中 41 - 50件表示
  • 2005年の日本

    2005年の日本から見た下越地方下越地方

    12月に入ってから続いていた記録的降雪と強風の影響で、近畿地方や新潟県下越地方を中心に大規模な停電が発生。特に新潟県では停電が長時間に及び、新潟市の都市機能が麻痺する事態となる。→詳しくは新潟大停電を参照。2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 中村大尉事件

    中村大尉事件から見た下越地方下越地方

    中村大尉事件(なかむらたいいじけん)又は中村大尉殺害事件とは1931年(昭和6年)6月27日、新潟県蒲原郡出身の陸軍参謀中村震太郎(1897年-1931年)大尉と他3名が軍用地誌調査の命を受け、大興安嶺の東側一帯(興安嶺地区立入禁止区域に指定)に農業技師と身分を詐称して調査旅行していた際、中国張学良配下の関玉衛の指揮する屯墾軍に拘束され、銃殺後に証拠隠滅のため遺体を焼き棄てられた事件のこと。結局、関玉衛は死刑に処せられた。中村大尉事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中通り

    中通りから見た下越地方下越地方

    白河城下からは、会津道が猪苗代湖より南の経路で若松城下へ、そして、現在の下越地方の新発田城下を経て日本海沿岸の港町・新潟へと繋がり、福島城の北の桑折宿からは、羽州街道が上山城下を経て内陸部を横手盆地まで下り、それから日本海沿岸の久保田城下へと繋がっていた。中通り フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤食品工業 (新潟県)

    佐藤食品工業 (新潟県)から見た下越地方下越地方

    一方、1975年(昭和50年)から清水商事(清水フードセンター)と提携しスーパーマーケット事業に進出、新潟市藤見町(現東区)に1号店「フジミショッピングセンター」を開店した。1998年(平成10年)には事業拡大のため子会社「株式会社パワーズフジミ」を設立し、店舗ブランドも改称。新潟市周辺など下越地方を中心に店舗を展開してきた。一般型店舗「パワーズフジミ」と、新潟交通から事業を引き継いだ高級食材主体の店舗「パワーズフジミorigin・セサミ」の2業態で計15店舗を出店し、ピークの2004年(平成16年)4月期には195億7300万円を売り上げたが、その後は県内の同業各社に加え、イオン、ユニーなど県内へ進出した大手各社との販売競争激化が進むなどした影響もあり、2007年(平成19年)4月期の売上高は172億1300万円に減少。県内のスーパー・食品小売業の中では7位という数字でこそあったものの、8億円の債務超過に陥っていた。こうしたことから佐藤食品本社は競争激化により、今後の業績回復は難しいとして小売事業から撤退し、本業の食品加工に注力することを決定。事業譲渡先を模索した結果、仙台市のスーパー「モリヤ」が既存店舗の存続と従業員約230人の継続雇用を示したことから、佐藤食品は2007年(平成19年)12月22日付で全株式をモリヤに無償譲渡した。佐藤食品工業 (新潟県) フレッシュアイペディアより)

  • 新潟交通観光バス

    新潟交通観光バスから見た下越地方下越地方

    新潟交通観光バス(にいがたこうつうかんこうバス)は、新潟県新潟市東区に本社を置き、同市中心部を除く同県下越地方ほぼ全域の路線バスと、同社グループの貸切バスなどバスの運行を行う企業。新潟交通の地域子会社にあたり、同社の連結子会社である。新潟交通観光バス フレッシュアイペディアより)

  • キューピット (スーパーマーケット)

    キューピット (スーパーマーケット)から見た下越地方下越地方

    株式会社キューピットは、新潟県新潟市東区に本社を置き、同県下越地方を中心にスーパーマーケットチェーン「キューピット」を運営する企業。キューピット (スーパーマーケット) フレッシュアイペディアより)

  • 魚栄商店

    魚栄商店から見た下越地方下越地方

    株式会社魚栄商店(うおえいしょうてん、UOEI Corporation)は、新潟県新潟市南区に本社を置き、同市を中心とした同県下越地方でスーパーマーケットチェーン「ウオエイ」を展開する企業。魚栄商店 フレッシュアイペディアより)

  • 国道49号

    国道49号から見た下越地方下越地方

    福島県浜通りから新潟県下越地方に至り、太平洋側と日本海側を結ぶ連絡線の一つである。旧道はいわき市平市街地、バイパスは平郊外から発して、浜通りから中通りの郡山市、会津地方の会津若松市などへと福島県内の主要都市を連絡し、県境を鳥井峠で越えて新潟県下越地方に入ると、阿賀町津川地区からは阿賀野川に沿って東蒲原郡を通る。阿賀野市の安田、水原地区を経由し、京ヶ瀬地区北西部からは一部連続立体交差方式のバイパス区間(横雲・亀田バイパス)。新潟市横越、亀田地区を経由して、新潟市の市街地に至る。阿武隈高地以外の全線で磐越自動車道と並走する。国道49号 フレッシュアイペディアより)

  • 会津

    会津から見た下越地方下越地方

    1914年に磐越西線が開通する前は、阿賀野川の舟運が、下越地方(新潟県北部)への交通手段として利用されていた。当時から磐越西線・磐越自動車道沿線では下越地方に、只見線沿線では中越地方(新潟県中部)へ行く会津地方民は多いが、現在では西の新潟(下越地方)よりは東の郡山(中通り中部)との交流が最も深い。また、国道115号の整備に従って福島市(中通り北部)とも親しい関係が築かれて来ている。会津 フレッシュアイペディアより)

  • 清水商事

    清水商事から見た下越地方下越地方

    主に新潟県下越地方を中心に店舗を展開している。清水商事 フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示