106件中 41 - 50件表示
  • 御神楽岳

    御神楽岳から見た下越地方下越地方

    越後山脈に位置し、浅草岳とともに、新潟県側と福島県側の分水嶺になる主要な山。急峻な尾根や岩壁から「下越の谷川岳」、「会越の谷川岳」とも称される。山頂付近および東側の尾根は緑色凝灰岩が露出する岩壁からなる。なお、山頂には二等三角点「御神楽岳」が設置されている。周辺にはブナの原生林が残り、野生の動物相も豊かで、県境の本名御神楽(ほんなみかぐら:標高1,266m)の稜線付近は、林野庁の「奥会津森林生態系保護地域」の保存地区に設定されている。御神楽岳 フレッシュアイペディアより)

  • 麩

    から見た下越地方下越地方

    饅頭型をした麩。新潟県村上市岩船地区が発祥地とされ、「岩船麩」として知られる。同県の下越地方で作られる。 フレッシュアイペディアより)

  • 会津三方道路

    会津三方道路から見た下越地方下越地方

    現在の国道49号(いわき?新潟市)は多くの改良を含みながら、この道路に沿う経路で福島県会津地方と新潟県下越地方を結んでいる。一部、小出峠を経由せずに車峠を経由するなど、経路の変更がある。工事の際に本尊岩隧道(現在は、高度経済成長期の改良後に改築された)の整備も行われた。会津三方道路 フレッシュアイペディアより)

  • アクシアル リテイリング

    アクシアル リテイリングから見た下越地方下越地方

    前身の原信ナルスホールディングスのスーパー事業2社のうち原信は、スーパー創業当初は長岡市内だけで店舗を展開してきたが、1970年代後半から県内各地への店舗展開を積極的に進め、また1990年代以降からはショッピングセンターを中心としたデベロッパー事業も展開。1997年以降には長野県と富山県にも進出するなど、事業規模を徐々に拡大してきた。一方のナルスも、創業当初は上越市周辺で店舗を展開し、1970年代から下越地方など県内各地へ出店をはじめた。だが輸送コストや収益性などの問題から1980年代以降に撤退をはじめ、以後は再び上越地方を中心に店舗展開を進めてきたほか、家電量販店大手の上新電機が新潟県内に進出する際には、同社との合弁企業「ジョーシンナルス」を1989年に設立して店舗展開を進めた(同社は現在のジョーシン北信越にあたるが、ナルスはのちに全株式を上新電機へ譲渡したため資本関係は消滅している)。アクシアル リテイリング フレッシュアイペディアより)

  • 新潟郵便局

    新潟郵便局から見た下越地方下越地方

    2017年(平成29年)6月19日 - 新潟中央郵便局から新潟県中越地方北東部、下越地方、佐渡地方(郵便番号上2桁が95の地域)の区分業務を移管。新潟郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 東川口 (長岡市)

    東川口 (長岡市)から見た下越下越地方

    江戸時代に入ると、河口村はもっぱら川口村と表記されるようになり、高田藩に属した。1647年(正保4年)、川口村の中林庄之助が中新田を1694年(元禄7年)には中林太左衛門が中林新田を開いた。また1649年(慶安2年)、妙見(長岡) - 川口 - 和南津の渡し - 堀之内に至る佐渡金山からの輸送路として使用された佐州三路のひとつである三国街道の新道が開削され、当地に本陣がおかれた。川口宿のある三国街道は中越・下越各藩の参勤交代路として利用されたほか、佐渡奉行の通行や鉱山水汲人夫の目籠送りなどのさいは関東へ最短距離の往還路として利用された。また、上田郷や妻有郷への物資輸送基点としても発達した。川口宿は本陣の置かれた中林家を中心とする30軒強の一本町であったが、脇本陣は寺院が勤めたほか問屋や馬指がそれぞれ1軒あるのみで旅籠は1軒もなかったが、参勤交代や目籠送りなどの公用には多くの労力が必要であったため、近隣からの助郷が大規模に徴用された。これに伴い、川口村では宿役160石が石高から免除されている。東川口 (長岡市) フレッシュアイペディアより)

  • コシヒカリ

    コシヒカリから見た下越地方下越地方

    日本穀物検定協会による平成20年度の「米の食味ランキング」において最高の「特A」を得たコシヒカリの産地は、山形県の内陸、下越以外の新潟県の全域、福島県の会津、群馬県の北毛、長野県の東信、山梨県の峡北だった。この内、新潟県の魚沼産が一番高値で取引されている。すなわち、食味の良い産地は新潟県周辺の内陸部に集中しているが、これらの地域では夏季にフェーン現象などで昼間に高温になりながらも夜間は熱帯夜になりづらいという気候の特徴が共通している。また近年では、誕生した福井県産も最高ランクを立て続けに獲得している。コシヒカリ フレッシュアイペディアより)

  • イタリアン (新潟)

    イタリアン (新潟)から見た下越地方下越地方

    イタリアンとは、新潟県中越地方・下越地方独自のファーストフード・ジャンクフードの一種である麺料理。カフェテリア型のチェーン店で販売されている。イタリアン (新潟) フレッシュアイペディアより)

  • 清水商事

    清水商事から見た下越地方下越地方

    主に新潟県下越地方を中心に店舗を展開している(直営店は全16店中、15店舗が新潟市内)。清水商事 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸地方

    北陸地方から見た下越地方下越地方

    現在の新潟県には、新潟県(下越地方)、相川県(佐渡島)、柏崎県(中越地方と上越地方)が分立したが、1873年6月10日には新潟県に編入された。現在の北陸3県には、新川県(現富山県)や石川県や足羽県(嶺北)が分立したが、1876年8月21日には全て石川県に編入された。しかし、各地の分県運動の結果、1881年2月7日には石川県から嶺北が福井県として分離され、1883年には石川県から旧新川県が富山県として分離された。嶺南は、1876年8月21日以後は滋賀県に編入されたが、1881年2月7日には滋賀県から分離されて福井県に編入された。北陸地方 フレッシュアイペディアより)

106件中 41 - 50件表示

「下越のできごと」のニューストピックワード