88件中 61 - 70件表示
  • 北陸地方

    北陸地方から見た下越地方下越地方

    現在の新潟県には、新潟県(下越地方)、相川県(佐渡島)、柏崎県(中越地方と上越地方)が分立したが、1873年6月10日には新潟県に編入された。現在の北陸3県には、新川県(現富山県)や石川県や足羽県(嶺北)が分立したが、1876年8月21日には全て石川県に編入された。しかし、各地の分県運動の結果、1881年2月7日には石川県から嶺北が福井県として分離され、1883年には石川県から旧新川県が富山県として分離された。嶺南は、1876年8月21日以後は滋賀県に編入されたが、1881年2月7日には滋賀県から分離されて福井県に編入された。北陸地方 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟日報

    新潟日報から見た下越地方下越地方

    地域面は、かつては各地域ごとに差し替えられていたが、2010年3月30日より全地域一括掲載となった。平日は月曜日を除いて6面(「地域(フロントページ)」、「下越・新潟ワイド」、「新潟・佐渡」、「県央・長岡」、「中越・上越」、「地域」)で構成される(月曜日は全県で1面と隣県に関する記事が1面の計2面)。また、スポーツ面はアルビレックス新潟や新潟アルビレックスBBなど、新潟のチームの試合の翌発行日朝刊に、他会場の結果よりスペースが取られて試合結果が掲載されることが多い。新潟日報 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟日報社

    新潟日報社から見た下越地方下越地方

    主要全国紙については、読売新聞については2010年9月30日から(主に上越・中越地域向け約7.3万部)、朝日新聞については2011年5月31日から(上越・下越地域向け約3万部)、毎日新聞については2012年2月29日から(全地域向け約2.5万部)の受託印刷を開始し、朝日・毎日については共同輸送も実施している。また、日本経済新聞の印刷も受託している。新潟日報社 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲原津城

    蒲原津城から見た下越下越地方

    南北朝時代の建武2年(1335年)、小国政光により下越の南朝方諸将の拠点として金宝寺の建つ金鉢山に蒲原津城を築城された。蒲原津城 フレッシュアイペディアより)

  • 信越地方

    信越地方から見た下越地方下越地方

    新潟県の上越、中越、下越、佐渡と、長野県の北信、東信、中信、南信に区分される。都道府県間の人口流動の統計において、両県とも相手県は上位に位置する。信越地方 フレッシュアイペディアより)

  • 磐越自動車道

    磐越自動車道から見た下越地方下越地方

    太平洋側と日本海側を結ぶ横断軸の一つで、福島県浜通り・中通り・会津地方と新潟県下越地方・新潟市を結ぶ。また、高速自動車国道だけでも、常磐自動車道・東北自動車道・北陸自動車道・日本海東北自動車道の4路線と連絡している。路線の大半は国道49号と並行しているほか、阿武隈高地では国道349号や国道288号に並行している。磐越自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 松本秀夫

    松本秀夫から見た下越地方下越地方

    2010年のマツダオールスターゲームでは、第2戦(7月24日、ハードオフ新潟)の実況を担当した。松本は実況中に新潟県の地理について「北から順に上越地方・中越地方・下越地方の順に並んでいます」と説明したが、放送終了後、ベンチリポートを担当していた新潟県上越市出身の金山泉(毎日放送)から「松本さん、新潟県は京都に近い上越の方が南で、京都から遠い下越の方が北なんです」と誤報を指摘され愕然。翌日夕方『ショウアップナイタープレイボール』のオープニングトークで「大変とんでもない間違いを犯してしまいました」と陳謝する羽目になった。松本秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • じゃらん

    じゃらんから見た下越地方下越地方

    テーマ毎に各地域横断的な特集と、各地域ごとの観光・グルメ・宿泊の記事が中心(各地域ごとの記事では新潟県・下越地方、栃木県、東京都が含まれることがある)。その他、記事体広告に近い「仙台特集」、「福島県特集」、「東京・横浜特集」が毎号別枠である。「仙台特集」は仙台市のシティホテルの、「福島県特集」は郡山都市圏・福島都市圏・会津地方・いわき都市圏の各ホテル・観光施設の、「東京・横浜特集」はびゅうプラザ(JR東日本)の商品である「TYO」(あるいは東京ディズニーリゾート)の販売促進であるが、各特集で対象地域のイベント・観光についても記載される。なお、「東北じゃらん」販売地域では「関東じゃらん」(旧「アクティブじゃらん」及び「リラックスじゃらん」)が併売されているため、「東京・横浜特集」以外で他地域の特集がなされることは少ない。じゃらん フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た下越地方下越地方

    新潟日報社(2011年5月より、新潟県上越・下越地域向けの朝日新聞を印刷受託。共同輸送も実施)朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 山形空港

    山形空港から見た下越地方下越地方

    なお、首都圏から山形県への旅客輸送は新潟(下越)・庄内方面を結ぶ上越新幹線とJR羽越線の特急いなほの運行再開が早期であり、庄内空港もほぼ通常通りであったため、山形新幹線の再開までは村山地方・置賜地方ではJR在来線の陸羽西線や米坂線を利用して日本海側へと大迂回を余儀なくされたが、大きな混乱には至らなかった。山形空港 フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示