106件中 61 - 70件表示
  • 広域関東圏

    広域関東圏から見た下越地方下越地方

    甲信越静地方4県に属するその他の主要都市は、長岡市(中越地方)、上越市(上越地方)、新発田市(下越地方)、長野市(北信地方)、松本市(中信地方)、上田市(東信地方)、飯田市(南信地方)、甲府市(甲斐国中地域)、富士吉田市(郡内地域)、沼津市(駿東地区)、三島市(伊豆地区)、富士市(富士地区)、島田市(志太榛原地区)、掛川市(東遠地区)、磐田市(中遠地区)などが挙げられる。広域関東圏 フレッシュアイペディアより)

  • 北奥羽方言

    北奥羽方言から見た下越地方下越地方

    北越方言(新潟県下越地方北部。東蒲原方言は南奥羽方言に含まれることもある)北奥羽方言 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年問題 (新幹線)

    2014年問題 (新幹線)から見た下越地方下越地方

    この上越新幹線の地位低下や、それに伴う上越新幹線沿線の中越地方・下越地方の観光や経済への影響、北陸新幹線開通後にJRから切り離される北陸本線や信越本線などの並行在来線問題、直江津・金沢方面への直通特急の廃止・減便が予想される北越急行の経営問題、といった諸問題を懸念し、予め活性化策を講じて問題を回避させることを上越新幹線活性化同盟会は目標としている。2014年問題 (新幹線) フレッシュアイペディアより)

  • 加茂市

    加茂市から見た下越地方下越地方

    三条市や燕市、南蒲原郡田上町などと共に、上越新幹線燕三条駅と北陸自動車道三条燕インターチェンジを中心とした地域は経済的な繋がりが深い点から、これらを総称して「県央地域」と呼ぶ場合がある。県央地域が中越地方と下越地方のどちらに含まれるかは、明確ではない。加茂市 フレッシュアイペディアより)

  • 瞽女

    瞽女から見た下越下越地方

    主に中越と下越の瞽女の研究。瞽女 フレッシュアイペディアより)

  • いなほ (列車)

    いなほ (列車)から見た下越地方下越地方

    1982年11月、上越新幹線の開業により、この新幹線の接続列車としてエル特急に指定されて新潟駅発着に変更され、運転区間は新潟駅 - 秋田駅・青森駅間となった。これにより、新潟駅で上越新幹線列車に接続する役割のほかに、新潟県下越地方北部・山形県庄内地方・秋田県沿岸地域相互間とを結ぶ特急列車としての役割を担うようになった。いなほ (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 越後長岡藩

    越後長岡藩から見た下越地方下越地方

    長岡藩(ながおかはん)は、越後国の古志郡全域及び三島郡北東部、蒲原郡西部(現在の新潟県中越地方の北部から下越地方の西部)を治めた藩。現在の新潟県長岡市・新潟市を支配領域に含む藩であった。山城長岡藩と区別するため、越後長岡藩(えちごながおかはん)と国名を冠して呼ばれることもある。越後長岡藩 フレッシュアイペディアより)

  • 新津丘陵

    新津丘陵から見た下越地方下越地方

    新津丘陵(にいつきゅうりょう)は、新潟県下越地方と中越地方にかけてある丘陵。新津丘陵 フレッシュアイペディアより)

  • 浦佐駅

    浦佐駅から見た下越地方下越地方

    東口側から約500m東側の地区には文教施設が集積している。このうち新潟県立国際情報高等学校は、1992年(平成4年)の開校当初から全県一区制による生徒募集を行っており、群馬県および中越地方北部や下越地方に在住しながら長岡駅・燕三条駅・新潟駅から新幹線を利用して通学する生徒が見られる。浦佐駅 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟大停電

    新潟大停電から見た下越地方下越地方

    新潟大停電(にいがただいていでん)は、2005年12月22日から23日にかけて東北電力の管轄の新潟県下越地方を中心に新潟県の広い範囲で発生した大規模な停電である。この停電に対する正式な名称は存在しないが、マスメディアなどによる報道ではこの名称が使用されることが多いので、ウィキペディアでもこの呼称を用い、本項を作成している。また新潟停電とも呼ばれる。新潟大停電 フレッシュアイペディアより)

106件中 61 - 70件表示

「下越のできごと」のニューストピックワード