161件中 91 - 100件表示
  • 喫煙の宗教的見解

    喫煙の宗教的見解から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    京都三大祭り(賀茂御祖神社・賀茂別雷神社の葵祭、八坂神社の祇園祭、平安神宮の時代祭)では観覧席は禁煙である。喫煙の宗教的見解 フレッシュアイペディアより)

  • 行幸

    行幸から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    行幸に際し、地名や社名が付く場合がある。特に、目的地を持った行幸には地名が付くことがある。例えば、住吉大社に行幸する場合は「住吉行幸」などと呼ばれる。また、鎌倉時代の書物の中には「鞍馬御幸」などの表記も伺うことが出来る。江戸時代に入ると、慶安4年2月25日(1651年4月15日)の後光明天皇による朝覲行幸以後、文久3年3月11日(1863年4月28日)の孝明天皇による上賀茂神社・下鴨神社行幸まで行幸は行われなかった(ただし、火災等による御所移動時の行幸は除く。また、天保8年(1837年)には江戸幕府との合意によって仁孝天皇による朝覲行幸が計画されていたが、対象となる光格上皇の病気と崩御(死去)によって実現されなかった)。明治の「東京行幸」は行幸と言う言葉を使い、その形態を装っているが、実質的な東京奠都と言う意味で用いられる。行幸 フレッシュアイペディアより)

  • 加茂街道

    加茂街道から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    賀茂社(賀茂別雷神社と賀茂御祖神社)の祭礼である葵祭(5月15日に行われる巡行である路頭の儀)の経路の一部(北大路加茂街道から御薗橋西詰の間)となっている。御薗橋から南の区間は堤防や分離帯に植えられた街路樹の作る緑のトンネルの区間が多く、読売新聞社選定の「新・日本街路樹100景」(1994年)のひとつに選定されている。加茂街道 フレッシュアイペディアより)

  • 神社

    神社から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    上賀茂神社(祭神 賀茂別雷神)と下鴨神社(祭神 玉依姫命・賀茂建角身命)。下鴨社の起源は上賀茂社からの分祀ともいうが定かではない。神社 フレッシュアイペディアより)

  • 加茂神社の稚児舞

    加茂神社の稚児舞から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    下村加茂神社は、京都賀茂御祖神社の荘園であった倉垣荘の荘家跡に勧請された神社。同社の稚児舞は平安時代に賀茂御祖神社から伝承したとされ、9月4日の秋祭りに演じられる。4人の稚児を大人が肩に乗せ集落内約2Kmを回りお披露目する「連行」を行い、その後拝殿前に設けた仮舞台上で「鉾の舞」、「林歌」、「胡蝶の舞」、「天の舞」など9曲(もと11曲)を舞う。加茂神社の稚児舞 フレッシュアイペディアより)

  • 裸祭り

    裸祭りから見た下鴨神社賀茂御祖神社

    8月上旬:矢取り神事(下鴨神社、京都市左京区)裸祭り フレッシュアイペディアより)

  • 八咫烏神社

    八咫烏神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    やがて、江戸時代の文政年間に京都の賀茂御祖神社(下鴨社)の神官の目にとまり、その働きかけと在郷有志の協力により再興が成された。本殿が現在のような春日造に作り替えられたのもこの頃とされる(旧本殿の石造小祠は今も本殿の横に現存する)。八咫烏神社 フレッシュアイペディアより)

  • 加茂神社 (射水市)

    加茂神社 (射水市)から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    加茂神社(かもじんじゃ)は、富山県射水市にある神社である。賀茂御祖神社領倉垣荘の惣社で、旧社格は郷社。一般には下村加茂神社と呼ばれる。祭神は玉依姫命、賀茂建角身命、賀茂別雷命。加茂神社 (射水市) フレッシュアイペディアより)

  • 加茂神社 (長野市西長野)

    加茂神社 (長野市西長野)から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    創始は不詳だが、平安時代のことという。初代の善光寺大本願上人が信濃国に下向する際、信仰していた京都の賀茂御祖神社(下鴨神社)を勧請したと伝えられている。現在も大本願上人は秋の例大祭に当社へ参詣している。加茂神社 (長野市西長野) フレッシュアイペディアより)

  • 高野川 (京都市)

    高野川 (京都市)から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    左京区松ヶ崎山端で高野川から別れ、下鴨住宅街、下鴨神社(賀茂御祖神社)境内を流れた後、再び高野川に合流する。高野川 (京都市) フレッシュアイペディアより)

161件中 91 - 100件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード