161件中 11 - 20件表示
  • 松尾大社

    松尾大社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    京都市西部、四条通西端に位置し、東端の八坂神社(祇園社)と対峙して鎮座する。元来は松尾山(標高223メートル)に残る磐座での祭祀に始まるとされ、大宝元年(701年)に文武天皇の勅命を賜わった秦忌寸都理(はたのいみきとり)が勧請して社殿を設けたといわれる。その後も秦氏(はたうじ)により氏神として奉斎され、平安京遷都後は東の賀茂神社(賀茂別雷神社・賀茂御祖神社)とともに「東の厳神、西の猛霊」と並び称され、西の王城鎮護社に位置づけられた。中世以降は酒の神としても信仰され、現在においても醸造家からの信仰の篤い神社である。松尾大社 フレッシュアイペディアより)

  • 神階

    神階から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    賀茂御祖神 (山城国 賀茂御祖神社神階 フレッシュアイペディアより)

  • タマヨリビメ

    タマヨリビメから見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    全国にタマヨリビメという名の神を祀る神社が鎮座し、その多くはその地域の神の妻(神霊の依り代)となった巫女を神格化したと考えられる(一般には、神話に登場するウガヤフキアエズの妻のタマヨリビメとされることが多い)。賀茂御祖神社(下鴨神社)に祀られる玉依姫は『山城国風土記』に登場する玉依姫である。タマヨリビメ フレッシュアイペディアより)

  • 下鴨社

    下鴨社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    下鴨社 フレッシュアイペディアより)

  • 東鞍馬口通

    東鞍馬口通から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    東鞍馬口通(ひがしくらまぐちどおり)は京都市内の東西の通りの一つ。東は白川通との三叉路の上終町から西は高野川の蓼倉橋を渡った下鴨東通まで。鞍馬口通とは下鴨東通から下鴨神社西門まで中断している。東鞍馬口通 フレッシュアイペディアより)

  • 鞍馬口通

    鞍馬口通から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    鞍馬口通(くらまぐちどおり)は京都市内の東西の通りの一つ。東は下鴨本通を超えてすぐの下鴨神社西門から西は金閣寺門前の鏡石通まで。下鴨中通で北に折れるルートがかつての鞍馬街道である。東鞍馬口通とは高野川の蓼倉橋手前の下鴨東通から下鴨神社西門まで中断している。鞍馬口通 フレッシュアイペディアより)

  • キモノジャック

    キモノジャックから見た下鴨神社賀茂御祖神社

    第9回は2010年12月5日鴨川デルタ、下鴨神社にて着物愛好家らによるキモノでジャックが行われた。キモノジャック フレッシュアイペディアより)

  • 班女

    班女から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    ここで場面は京都(糺の森)に移る。一声(シテの登場を示す笛の吹奏法)があり、後ジテが現われる。恋に泣く身を「いかに狂女なにとてけふは狂はぬぞ面白ろう狂ひ候へ」などと神社(下鴨神社)で見物人にからかわれる始末である。ところが片時も離さなかった扇に眼を留めた男があった。形見の扇に恋人を偲び中国の古籍をふんだんに引用した謡とともに序ノ舞(現在では中ノ舞)を舞う班女。男は(オリジナルではツレを介して)声をかけるが「これは愛しい人の形見だから」と拒否される。さらに声をかけ、扇を見せあえば、それが少将との再会であった。「それぞと知られ白雪の、扇のつまの形見こそ、妹背の中の情なれ、妹背の中の情なれ」(トメ拍子)。班女 フレッシュアイペディアより)

  • 下鴨東通

    下鴨東通から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    地元では、下鴨神社境内の近くを流れる泉川に因み「泉川通」と呼ぶこともある下鴨東通 フレッシュアイペディアより)

  • 女蔵人

    女蔵人から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    江戸時代の女蔵人は命婦の下、御差の上の地位に置かれ、国名をもって呼称された。定員は原則1名であるが、2・3名存在する場合もあった。職掌は宮中の雑用を担当する点では平安時代と変わりがなかった。なお、天皇の交替があっても最低1名は女蔵人に留まって引き続き職務にあたることとされ、また年労によって命婦に昇進する場合もあった。出身としては、外記・史・六位蔵人を出す地下家や北面・社家(主に上賀茂神社・下鴨神社・松尾神社・日吉神社など)などから選ばれたが、次第に地下家の娘は命婦として採用されることが多くなり、もっぱら北面と社家から選ばれるようになった。女蔵人 フレッシュアイペディアより)

161件中 11 - 20件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード