120件中 11 - 20件表示
  • 将軍家光の乱心 激突

    将軍家光の乱心 激突から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    東映京都撮影所のほか、城陽市のオープンセット・富士山の麓 (御殿場) ・弘法池近辺にある手取渓谷・姥ケ滝・宇曽川・京都下鴨神社・京都大覚寺・永観堂など各地でロケーション撮影が行われた。主題歌・挿入歌を担当した高見沢俊彦は、映画『魔界転生』の天草四郎と瓜二つの格好で宣伝したが、設定は1651年であるため繋がりはない。将軍家光の乱心 激突 フレッシュアイペディアより)

  • 下鴨神社

    下鴨神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    下鴨神社 フレッシュアイペディアより)

  • 下鴨社

    下鴨社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    下鴨社 フレッシュアイペディアより)

  • 下賀茂神社

    下賀茂神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    下賀茂神社 フレッシュアイペディアより)

  • 東鞍馬口通

    東鞍馬口通から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    東鞍馬口通(ひがしくらまぐちどおり)は京都市内の東西の通りの一つ。東は白川通との三叉路の上終町から西は高野川の蓼倉橋を渡った下鴨東通まで。鞍馬口通とは下鴨東通から下鴨神社西門まで中断している。東鞍馬口通 フレッシュアイペディアより)

  • 鞍馬口通

    鞍馬口通から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    鞍馬口通(くらまぐちどおり)は京都市内の東西の通りの一つ。東は下鴨本通を超えてすぐの下鴨神社西門から西は金閣寺門前の鏡石通まで。下鴨中通で北に折れるルートがかつての鞍馬街道である。東鞍馬口通とは高野川の蓼倉橋手前の下鴨東通から下鴨神社西門まで中断している。鞍馬口通 フレッシュアイペディアより)

  • 倉垣荘

    倉垣荘から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    倉垣荘(くらがきのしょう)は、平安時代後期から戦国時代まで越中国射水郡に置かれた荘園。現在の射水市東部・富山市西部にあたり、射水市海老江・堀岡地区から白石地区・戸破地区を含み、同市黒河地区から富山市老田地区までの30km?に及ぶ。領主は賀茂御祖神社(下鴨社)。倉垣荘 フレッシュアイペディアより)

  • 命婦

    命婦から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    江戸時代には命婦は4・5名で、女蔵人(にょくろうど)・御差(おさし)とともに構成した御下(おしも)と呼ばれる下級女房層を構成した三職を合わせると定員7名となった。命婦の上首は「伊予」の名称で呼ばれ、命婦のみならず御下全体を統括する役目を担い、江戸時代には壬生官務家出身者が選ばれる例となり、次第に形式的な地位となっていった。次席は「大御乳人(おおおちのひと)」と呼ばれ、本来は当代の天皇の乳母を務めた人に対する待遇であったが、後には熟練の女官として掌侍の上首である勾当内侍を補佐して、宮廷内外と勾当内侍との間の取次や事務処理を行った。このため、次第に大御乳人の出身も局務家である押小路家、上北面である松室家、下鴨社社司である梨木家の3家出身者が占めるようになっていった。大御乳人は当代の天皇との関係で任命されたため、天皇が代替わりをすると伊予は職に留まるが、大御乳人は職を退く例であった。それ以外の命婦は上野・越後・能登といった国名で呼ばれ、伊予や大御乳人を補佐するとともに、当時の命婦の職務であった朝の天皇御座所の清掃、天皇の食事の補助、夕方の天皇皇后の入浴補助を行った。命婦 フレッシュアイペディアより)

  • 加茂街道

    加茂街道から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    賀茂社(賀茂別雷神社と賀茂御祖神社)の祭礼である葵祭(5月15日に行われる巡行である路頭の儀)の経路の一部(北大路加茂街道から御薗橋西詰の間)となっている。御薗橋から南の区間は堤防や分離帯に植えられた街路樹の作る緑のトンネルの区間が多い。加茂街道 フレッシュアイペディアより)

  • 下鴨本通

    下鴨本通から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    深泥池に至る道であることから、古くは「深泥道(みぞろみち)」と呼ばれる1.5間ほどの狭い通りであったが、1919年(大正8年)に京都市から12間に拡張する計画が提示された。この計画は、下鴨神社の社家町を貫くものであったことから、住民から見直しを求める反対運動が起きたが、1922年(大正11年)、当初の計画どおり進められることになった。下鴨本通 フレッシュアイペディアより)

120件中 11 - 20件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード