161件中 21 - 30件表示
  • 今日の風土記

    今日の風土記から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    下鴨神社?水の神さまが裁判の神さまを兼任した今日の風土記 フレッシュアイペディアより)

  • 下鴨本通

    下鴨本通から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    深泥池に至る道であることから、古くは「深泥道(みぞろみち)」と呼ばれる1.5間ほどの狭い通りであったが、1919年(大正8年)に京都市から12間に拡張する計画が提示された。この計画は、下鴨神社の社家町を貫くものであったことから、住民から見直しを求める反対運動が起きたが、1922年(大正11年)、当初の計画どおり進められることになった。下鴨本通 フレッシュアイペディアより)

  • 高瀧神社 (市原市)

    高瀧神社 (市原市)から見た下鴨社賀茂御祖神社

    この神社の創建年代については不詳であるが、「日本三代実録」に記されている。平安時代末ごろ、上賀茂社、下鴨社から分霊を勧請したという。そのことから、「賀茂明神」と称されていたが、1880年(明治11年)現社名に改められた。高瀧神社 (市原市) フレッシュアイペディアより)

  • 夏見御厨

    夏見御厨から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    夏見御厨(なつみのみくりや)は現在の船橋市南部から中央部の地域(海老川流域)にかけてあった中世の寄進型荘園の一つ。「御厨(みくりや)」は皇室や伊勢神宮、下鴨神社の領地を意味する。夏見御厨は伊勢神宮の神領である。船橋御厨(ふなばしみくりや)ともいう。夏見御厨 フレッシュアイペディアより)

  • 宮原三神宮

    宮原三神宮から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    1159年(平治元年)、二条天皇の勅命により、平重盛が越中前司平盛俊に命じて社殿の造営がはじまる。1161年(応保元年)、社殿が竣工。平盛俊の弟である平盛房を社司に任じ、勅使平重盛らと共に神輿を報じて神霊を勧請し創建された。伊勢神宮内宮(天照大神)、日吉大社(国常立命)、下鴨神社(神武天皇)の3神を祀ったので三宮社と称した。宮原三神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 嵯峨井建

    嵯峨井建から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    嵯峨井 建(さがい たつる、1948年(昭和23年) - )は、日本の神職、神道学者。賀茂御祖神社禰宜。京都國學院講師。嵯峨井建 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂川 (広島県)

    賀茂川 (広島県)から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    寛治4年(1090年)、中央政府が賀茂社(賀茂御祖神社いわゆる下鴨神社)に寄贈した荘園の中に「安芸国竹原荘40町」があった。これが竹原の名の初見である。これ以降、この地は下鴨神社の荘園として発達、「賀茂」の名はこの頃から定着した。河口には港町「馬橋古市」が栄え廻船業が発達したものの、賀茂川からの流出土砂により次第に港湾機能は失われ、天文9年(1540年)頃にはそれより河口側の「下市村」へその機能が移された。以降、下市村が竹原の中心地となり、昭和初期まで続き、現在の「竹原町並み保存地区」となっていく。賀茂川 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • 時代行列

    時代行列から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    5月15日:葵祭(下鴨神社、上賀茂神社(京都市)、平安)時代行列 フレッシュアイペディアより)

  • 鏑矢

    鏑矢から見た下賀茂神社賀茂御祖神社

    蟇目を取り付けた矢のこと。鏃を付けず、蟇目の出す音で邪を払い場を清める事を目的とし、祭礼神事で使われる。古くは誕生蟇目・産屋の引目・射越の引目などと称し、胎児の健康、成長祈願や家屋の屋根を越えるように蟇目矢を放ち邪を払い、魔を退散させるなどした。現在では小笠原流に『蟇目の儀』が伝わっており、下賀茂神社や住吉大社、一部弓道大会の開会などで行われている。蟇目の儀は、最近では国際弓道連盟設立記念大会にて執り行われた。鏑矢 フレッシュアイペディアより)

  • 金烏

    金烏から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    日本では出雲に関連する神社に多く伝承が遺っている。下鴨神社の祭神賀茂建角身命は八咫烏の化身であり、神武東征に際し太陽神天照大神と高木神の令をうけ、金鵄(金色のトビ。八咫烏とも)に化身して神武天皇を先導したという。神代よりあるという有馬温泉は、日本書紀に大巳貴命と少彦名命が傷ついた3鳥が水に浸かり傷が治る姿をみて温泉を発見したとあり、3羽とあるがこれは足の数と類似し、本来は八咫烏であった可能性がある。金烏 フレッシュアイペディアより)

161件中 21 - 30件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード