161件中 31 - 40件表示
  • 角田忠行

    角田忠行から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    維新後は明治政府に出仕し皇学所監察、学制取調御用掛、大学奏任などを務め、賀茂御祖神社少宮司、廣田神社宮司を経て、明治13年(1880年)熱田神宮大宮司となり、大正3年(1914年)までその職を務めた。角田忠行 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨神社

    鴨神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    鴨神社(鴨社) (京都府京都市) - 賀茂神社(賀茂別雷神社と賀茂御祖神社)の総称の別称鴨神社 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬御厨

    相馬御厨から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    相馬御厨(そうまみくりや)は現在の茨城県取手市、守谷市、千葉県柏市、流山市、我孫子市のあたりにあった中世の寄進型荘園の一つ。「御厨(みくりや)」は皇室や伊勢神宮、下鴨神社の領地を意味する。相馬御厨は伊勢神宮の荘園。相馬御厨 フレッシュアイペディアより)

  • 田中周友

    田中周友から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    1900年9月4日、京都市に生まれる。実家は700年続く下鴨神社の社家で、自宅は糺の森の一角・京都市左京区下鴨森本町24番地(旧・愛宕郡下鴨村24番地)にあった。夏目漱石は、当時この家を借りていた親友・狩野亨吉(京都帝国大学文科大学初代学長)を訪ね、1907年3月28日から15日間滞在し、短編「京に着ける夜」(『大阪朝日新聞』1907年4月9日?4月11日)を執筆し、『虞美人草』の構想を練った。田中周友 フレッシュアイペディアより)

  • 神舟 (小説)

    神舟 (小説)から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    神舟を目覚めさせるための封印がある場所。上賀茂神社、下鴨神社、貴船神社、八坂神社の4つは判明しているが、最後の一カ所が史料が紛失してわからなくなっているらしい。関の地下には巨大なドーム上の空間と黒曜石が置かれている。神舟 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 上下

    上下から見た下賀茂神社賀茂御祖神社

    賀茂川の山側にある上賀茂神社と平地側にある下賀茂神社(京都御所に近い方が下賀茂神社)上下 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂 (能)

    賀茂 (能)から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    『賀茂』(かも)は、能楽作品のひとつ。別表記加茂、古称は矢立鴨。賀茂神社の縁起を気品高く、また勇壮に表現した能である。作者は金春禅竹ともいわれるが、不詳。戦国末期の素人能役者下間少進の演能記録「能之留帖」に頻出し、また、豊臣秀吉の命をうけて山科言経らが注釈をするなど、その当時からよく好まれた能である。賀茂 (能) フレッシュアイペディアより)

  • 葵太夫

    葵太夫から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    2013年11月、アイドル活動を休止。正式に太夫としての活動に専念するため、あらためて修業を始める。2014年11月26日、下鴨神社にて島原の太夫「葵太夫」としてお披露目。昔ながらに禿、振袖太夫より修業を積み、正式に太夫としてお目見えした太夫は半世紀ぶりのこととなる。葵太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍馬 (テレビドラマ)

    坂本龍馬 (テレビドラマ)から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    ロケ協力:長崎オランダ村、マリンパーク境ガ浜、大覚寺、下鴨神社坂本龍馬 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • アオイ科

    アオイ科から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    家紋に使われる葵(徳川家の「三つ葉葵」、下鴨神社の「双葉葵」など)は別科であるウマノスズクサ科のフタバアオイの葉をデザインしたものである。アオイ科 フレッシュアイペディアより)

161件中 31 - 40件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード