120件中 41 - 50件表示
  • 泉萬喜子

    泉萬喜子から見た下賀茂神社賀茂御祖神社

    父は下賀茂神社社家の家系で京都府出身の士族泉亭俊益(叙従二位)。姉は同じく久邇宮家の家女房で、邦彦王の異母兄賀陽宮邦憲王の生母である泉亭静枝子。泉萬喜子 フレッシュアイペディアより)

  • 有頂天家族

    有頂天家族から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    下鴨神社・糺の森に暮らす狸の名門。有頂天家族 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂 (能)

    賀茂 (能)から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    賀茂(かも)は、能楽作品のひとつ。別表記加茂、古称は矢立鴨。賀茂神社の縁起を気品高く、また勇壮に表現した能である。作者は金春禅竹ともいわれるが、不詳。戦国末期の素人能役者下間少進の演能記録「能之留帖」に頻出し、また、豊臣秀吉の命をうけて山科言経らが注釈をするなど、その当時からよく好まれた能である。賀茂 (能) フレッシュアイペディアより)

  • 水無月祓 (能)

    水無月祓 (能)から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    水無月祓(みなづきばらい)は能の演目である。作者は世阿弥とされることが多い。お互いに恋慕しながら別離した男女が、下鴨神社の夏越の祓で再会するというハッピーエンドの作品である。水無月祓 (能) フレッシュアイペディアより)

  • 班女

    班女から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    ここで場面は京都(糺の森)に移る。一声(シテの登場を示す笛の吹奏法)があり、後ジテが現われる。恋に泣く身を「いかに狂女なにとてけふは狂はぬぞ面白ろう狂ひ候へ」などと神社(下鴨神社)で見物人にからかわれる始末である。ところが片時も離さなかった扇に眼を留めた男があった。形見の扇に恋人を偲び中国の古籍をふんだんに引用した謡とともに序ノ舞(現在では中ノ舞)を舞う班女。男は(オリジナルではツレを介して)声をかけるが「これは愛しい人の形見だから」と拒否される。さらに声をかけ、扇を見せあえば、それが少将との再会であった。「それぞと知られ白雪の、扇のつまの形見こそ、妹背の中の情なれ、妹背の中の情なれ」(トメ拍子)。班女 フレッシュアイペディアより)

  • アオイ科

    アオイ科から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    家紋に使われる葵(徳川家の「三つ葉葵」、下鴨神社の「双葉葵」など)は別科であるウマノスズクサ科のフタバアオイの葉をデザインしたものである。アオイ科 フレッシュアイペディアより)

  • 葵祭

    葵祭から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    葵祭(あおいまつり、正式には賀茂祭)は、京都市の賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)で、5月15日(陰暦四月の中の酉の日)に行なわれる例祭。石清水八幡宮の南祭に対し北祭ともいう。平安時代、「祭」といえば賀茂祭のことをさした。葵祭 フレッシュアイペディアより)

  • キモノジャック

    キモノジャックから見た下鴨神社賀茂御祖神社

    第9回は2010年12月5日鴨川デルタ、下鴨神社にて着物愛好家らによるキモノでジャックが行われた。キモノジャック フレッシュアイペディアより)

  • 佐竹本三十六歌仙絵巻

    佐竹本三十六歌仙絵巻から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    藤原公任(966 ? 1041)は11世紀初め頃に私撰集「三十六人撰」を撰した。これは、『万葉集』の時代から、平安時代中期までの歌人36名の秀歌を集めて歌合形式としたもので、これら36名を後に「三十六歌仙」と称するようになった。本絵巻はこの三十六歌仙の肖像画にその代表歌と略歴を添え、巻物形式としたものである。上巻・下巻ともに18名の歌人を収録する。下巻巻頭には和歌の神とされる住吉明神(住吉大社)の景観が描かれた図があり、上巻巻頭にも、現在は失われているが、玉津姫明神または下鴨神社の景観図があったものと推定されている。佐竹本三十六歌仙絵巻 フレッシュアイペディアより)

  • 行基図

    行基図から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    現存する「行基図」には“行基菩薩”作と記されているものが多いが、六国史や仏教史書には行基の記事には地図作成の事実にはふれられていない。また、最古の「行基図」とされるものは、延暦24年(805年)に下鴨神社に納められたものであるとされているが、現存しているものは江戸時代の書写にすぎず、内容も明らかに延暦年間当時の状況の反映でない(延暦期にはなかった加賀国が記載されている)。行基図 フレッシュアイペディアより)

120件中 41 - 50件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード