161件中 41 - 50件表示
  • 佐佳枝廼社

    佐佳枝廼社から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    昭和20年(1945年)の第二次世界大戦による戦災、昭和23年(1948年)の福井地震による震災により、社殿はじめ全ての建造物が焼失した。昭和24年、京都・下鴨神社内の三井家祖霊社旧社殿を譲り受け、移築復元して拝殿とした。昭和35年(1960年)、北陸地方初となる鉄筋コンクリート造りで本殿が再建された。佐佳枝廼社 フレッシュアイペディアより)

  • 命婦

    命婦から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    江戸時代には命婦は4・5名で、女蔵人(にょくろうど)・御差(おさし)とともに構成した御下(おしも)と呼ばれる下級女房層を構成した三職を合わせると定員7名となった。命婦の上首は「伊予」の名称で呼ばれ、命婦のみならず御下全体を統括する役目を担い、江戸時代には壬生官務家出身者が選ばれる例となり、次第に形式的な地位となっていった。次席は「大御乳人(おおおちのひと)」と呼ばれ、本来は当代の天皇の乳母を務めた人に対する待遇であったが、後には熟練の女官として掌侍の上首である勾当内侍を補佐して、宮廷内外と勾当内侍との間の取次や事務処理を行った。このため、次第に大御乳人の出身も局務家である押小路家、上北面である松室家、下鴨社社司である梨木家の3家出身者が占めるようになっていった。大御乳人は当代の天皇との関係で任命されたため、天皇が代替わりをすると伊予は職に留まるが、大御乳人は職を退く例であった。それ以外の命婦は上野・越後・能登といった国名で呼ばれ、伊予や大御乳人を補佐するとともに、当時の命婦の職務であった朝の天皇御座所の清掃、天皇の食事の補助、夕方の天皇皇后の入浴補助を行った。命婦 フレッシュアイペディアより)

  • 偽りの森

    偽りの森から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    ある日、秋乃が、千鶴と克己の3人でバーに入ったとき、途中で千鶴が席を立つ。その帰りのタクシーの中で、秋乃は克己のキスを受ける。秋乃は酔いを覚まそうと、夜の下鴨神社に入る。数日後、秋乃は風見から、千鶴が売春のあっせんを行っていることや、克己が借金まみれであるらしいことをきかされ、「千鶴とは関わるべきではない」と言われる。秋乃は、母と寝ていたのは風見なのではないか、と考える。偽りの森 フレッシュアイペディアより)

  • 三野町加茂野宮

    三野町加茂野宮から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    地名の由来は、往昔京都の上賀茂神社・下鴨神社両社を三好郡に分祠した際、当地に下鴨神社を歓請したことによる。三野町加茂野宮 フレッシュアイペディアより)

  • 泉萬喜子

    泉萬喜子から見た下賀茂神社賀茂御祖神社

    父は下賀茂神社社家の家系で京都府出身の士族泉亭俊益(叙従二位)。姉は同じく久邇宮家の家女房で、邦彦王の異母兄賀陽宮邦憲王の生母である泉亭静枝子。泉萬喜子 フレッシュアイペディアより)

  • 堅田

    堅田から見た下鴨社賀茂御祖神社

    古代には近江国滋賀郡に属する。11世紀後半には堅田の漁師達が下鴨社の支配下に入り(堅田御厨)、続いて堅田とその周辺地域に比叡山延暦寺の荘園(堅田荘)が成立した。堅田 フレッシュアイペディアより)

  • 唐菓子

    唐菓子から見た下賀茂神社賀茂御祖神社

    小麦粉をこねて成形し、油で揚げたもの。奈良時代から名称が見られる。『和名類聚抄』には藤の蔓(つる)のようであると記載されている。奈良の春日大社・京都の上賀茂神社、下賀茂神社の神饌(しんせん)として存在し、現在は糯米粉(もちごめこ)に蜜を加えて捏(こ)ね、腕輪形にして油で揚げて作られる。唐菓子 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野泰一

    狩野泰一から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    2006年、西村由紀江(P)とサントリーホール、下鴨神社での世界遺産劇場で共演。狩野泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田鴨神社

    岡田鴨神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    山城国風土記(逸文)によれば、建角身命は大和国葛城から山城国岡田賀茂を経て洛北の賀茂御祖神社(下鴨神社)に鎮まったとある。崇神天皇の治世に賀茂氏によって、建角身命に縁のある岡田賀茂の地に下鴨神社より勧請を受けて創建されたものと伝わる。文献の初見は『日本三代実録』貞観元年(859年)正月27日条の当社に従五位上の神階を授けるという記述である。延喜式神名帳では大社に列している。岡田鴨神社 フレッシュアイペディアより)

  • 神さま、お願い

    神さま、お願いから見た下鴨神社賀茂御祖神社

    京都の下鴨神社の近くの住宅街の一角にある小さな神社で、明日菜は手を合わせる。その神社は、社に血を滴らせて祈ると願いが叶うといわれていた。明日菜は、敦也を兄のように慕っていたが、同い年の光美が敦也と結婚することを知ってショックを受ける。明日菜は、小さな社に血を滴らせ、「あの女に子どもができませんように」と祈る。神さま、お願い フレッシュアイペディアより)

161件中 41 - 50件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード