120件中 51 - 60件表示
  • 孤立林

    孤立林から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    近年、自然再生やビオトープなど、身近な自然環境の保全や再生が注目されており、造園学や生態工学の分野でも、孤立林に関する研究が取り扱われることがある。新たに造成される緑地は孤立林的な特性を持つことが多いため、地域にある保存のよい孤立林が自然再生や自然回復の目標として注目されることが主な理由である。京都市の事例では、下鴨神社が自然再生の目標として設定されており、京都大学を中心とする研究グループの研究では、目標とされた下鴨神社の詳細な研究、市内に点在する小規模孤立林の総合的な研究、造成されたビオトープにおける詳細な研究が平行して進められている。孤立林 フレッシュアイペディアより)

  • 高野川 (京都市)

    高野川 (京都市)から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    左京区松ヶ崎山端で高野川から別れ、下鴨住宅街、下鴨神社(賀茂御祖神社)境内を流れた後、再び高野川に合流する。高野川 (京都市) フレッシュアイペディアより)

  • 宝永の大火

    宝永の大火から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    午の下刻に油小路通三条上ルの銭屋市兵衛宅より出火、南西の風に煽られて被害が拡大し、禁裏御所・仙洞御所・女院御所・東宮御所が悉く炎上、九条家・鷹司家をはじめとする公家の邸宅、寺院・町屋など、西は油小路通・北は今出川通・東は河原町通・南は錦小路通に囲まれた上京を中心とした417ヶ町、10351軒、佛光寺や下鴨神社などの諸寺社などを焼いた。宝永の大火 フレッシュアイペディアより)

  • 貫名菘翁

    貫名菘翁から見た下賀茂神社賀茂御祖神社

    晩年は聖護院付近に移り住み、名産の野菜・菘(スズナ、蕪の古名)に因んで菘翁と号した。最晩年になって下賀茂に隠居した。下賀茂神社に自らの蔵書を奉納したときの目録である「蓼倉文庫蔵書目録」には経学・史学を中心に3,386部(11,252巻)が記され、菘翁が学問を重視していた姿勢が窺われる。貫名菘翁 フレッシュアイペディアより)

  • 御蔭通

    御蔭通から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    山中越えとも称される志賀越道は御蔭通から南西は一方通行の狭い道路になるため、御蔭通が白川通、東大路通からのアクセスを担う。交差点名は北白川仕伏町。白川通との交差点(北白川別当)を経て京都大学北部キャンパス(グラウンド、農学部実験農場)あたりまでは大学教授などの多く住む住宅地。東大路との交差点(田中里ノ前)、さらに叡山電鉄を渡り、高野川を御蔭橋でわたれば賀茂御祖神社(下鴨神社)の糺の森の南を画す。御蔭通 フレッシュアイペディアより)

  • 御蔭通

    御蔭通から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    御蔭通(みかげどおり)は、京都市左京区内の東西の通りの一つ。東は志賀越道から西は下鴨神社南西の下鴨本通、下鴨中通との交差点まで。今出川通と北大路通の間にある中程度の幹線道路で京都市バスも運行される。御蔭通 フレッシュアイペディアより)

  • 時代行列

    時代行列から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    5月15日:葵祭(下鴨神社、上賀茂神社(京都市)、平安)時代行列 フレッシュアイペディアより)

  • 下鴨

    下鴨から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    日本の首都が平安京に移る前から賀茂氏一族が住んでいた地域であり、賀茂氏の氏神であった賀茂別雷神社(上賀茂神社)と賀茂御祖神社(下鴨神社)のうち、下鴨神社の周辺を指して下鴨と呼ばれるようになった。中世には下賀茂とも呼ばれていた。上賀茂・下鴨神社の社領であったため近代に入るまで仏教寺院が建てられたことはなく、のどかな農村地帯であった。下鴨 フレッシュアイペディアより)

  • 行幸

    行幸から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    行幸に際し、地名や社名が付く場合がある。特に、目的地を持った行幸には地名が付くことがある。例えば、住吉大社に行幸する場合は「住吉行幸」などと呼ばれる。また、鎌倉時代の書物の中には「鞍馬御幸」などの表記も伺うことが出来る。江戸時代に入ると、慶安4年2月25日(1651年4月15日)の後光明天皇による朝覲行幸以後、文久3年3月11日(1863年4月28日)の孝明天皇による上賀茂神社・下鴨神社行幸まで行幸は行われなかった(ただし、火災等による御所移動時の行幸は除く。また、天保8年(1837年)には江戸幕府との合意によって仁孝天皇による朝覲行幸が計画されていたが、対象となる光格上皇の病気と崩御(死去)によって実現されなかった)。明治の「東京行幸」は行幸と言う言葉を使い、その形態を装っているが、実質的な東京奠都と言う意味で用いられる。行幸 フレッシュアイペディアより)

  • 佐佳枝廼社

    佐佳枝廼社から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    昭和20年(1945年)の第二次世界大戦による戦災、昭和23年(1948年)の福井地震による震災により、社殿はじめ全ての建造物が焼失した。昭和24年、京都・下鴨神社内の三井家祖霊社旧社殿を譲り受け、移築復元して拝殿とした。昭和35年(1960年)、北陸地方初となる鉄筋コンクリ?ト造りで本殿が再建された。佐佳枝廼社 フレッシュアイペディアより)

120件中 51 - 60件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード