161件中 51 - 60件表示
  • 御蔭通

    御蔭通から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    山中越えとも称される志賀越道の起点は京の七口の一つである荒神口であったが、御蔭通と交差する北白川仕伏町から南西は一方通行の狭い道路になるため、現在の京都府道30号下鴨大津線では御蔭通が白川通、東大路通からのアクセスを担う。白川通との交差点(北白川別当)を経て京都大学北部キャンパス(グラウンド、農学部実験農場)あたりまでは大学教授などの多く住む住宅地。東大路との交差点(田中里ノ前)、さらに叡山電鉄を渡り、高野川を御蔭橋でわたれば賀茂御祖神社(下鴨神社)の糺の森の南を画す。御蔭通 フレッシュアイペディアより)

  • 御蔭通

    御蔭通から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    御蔭通(みかげどおり)は、京都市左京区内の東西の通りの一つ。東は志賀越道から西は下鴨神社南西の下鴨本通、下鴨中通との交差点まで。今出川通と北大路通の間にある中程度の幹線道路で京都市バスも運行される。御蔭通 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大好きラジオ

    京都大好きラジオから見た下賀茂神社賀茂御祖神社

    また、北村がリスナーをKBS京都4階の「ふれあいスタジオ(第2スタジオ)」に招いての公開放送(1995年10月10日)をしたり、大津祭の山車の前から生放送(1997年10月10日)。バーグランドが自らラジオカーに乗って出町商店街へ行ってのレポート(1995年9月)大文字山の送り火の火床から(1996年11月3日)・高台寺内(1997年4月29日)・堀川通り(一条戻り橋周辺・1998年3月31日)を歩きながら。茂山も下賀茂神社の糺の森・大原・定期運行中の琵琶湖汽船の遊覧船「ビアンカ」の船上などからの生放送をするなど、スタジオを飛び出して放送することが多かった。京都大好きラジオ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎弘士の満員御礼!

    山崎弘士の満員御礼!から見た下賀茂神社賀茂御祖神社

    1990年頃?1996年秋ごろまで、大型トラックに放送設備を搭載したイベントカー(移動放送車)愛称「とんべい」を使って毎週木曜日は、出町柳の河川敷・梅小路公園・下賀茂神社の糺の森など野外から放送していた(冬は「寒い中リスナーに集まってもらうのは気の毒だから」と中止され、山崎は放送で「とんべいは冬眠しました」などと説明)。なおとんべいは「イベント」を逆読みしたネーミングだが、同局の不祥事で使用を放棄されることになった。山崎弘士の満員御礼! フレッシュアイペディアより)

  • 球形の荒野

    球形の荒野から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    撮影協力:南禅寺、新薬師寺、下鴨神社、国立京都国際会館、但馬空港、交通科学博物館、京都大学人文科学研究所、神戸女学院大学、武庫川女子大学、ウェスティン都ホテル京都、川奈ホテル、上毛電気鉄道、桐生市、加須市、京丹後市 (琴引浜)ほか球形の荒野 フレッシュアイペディアより)

  • 関本徹生

    関本徹生から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    下鴨神社 式年遷宮 巨大八咫烏(行灯型)制作関本徹生 フレッシュアイペディアより)

  • 下鴨神社

    下鴨神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    下鴨神社 フレッシュアイペディアより)

  • 下賀茂神社

    下賀茂神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    下賀茂神社 フレッシュアイペディアより)

  • 遷宮

    遷宮から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    かつては香取神宮・鹿島神宮・宇佐神宮・春日大社・諏訪大社(⇒御柱祭)などでも行われた。賀茂御祖神社は21年ごとに行われてきたが、東・西本殿とも国宝に指定されたため、現在は一部を修復するのみである。春日大社ではほぼ20年に一度、本殿の位置を変えずに建て替えもしくは修復を行ってきたため「式年遷宮」ではなく「式年造替」と呼称している。遷宮 フレッシュアイペディアより)

  • 倉垣荘

    倉垣荘から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    倉垣荘(くらがきのしょう)は、平安時代後期から戦国時代まで越中国射水郡に置かれた荘園。現在の射水市東部・富山市西部にあたり、射水市海老江・堀岡地区から白石地区・戸破地区を含み、同市黒河地区から富山市老田地区までの30km?に及ぶ。領主は賀茂御祖神社(下鴨社)。倉垣荘 フレッシュアイペディアより)

161件中 51 - 60件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード